120件中 11 - 20件表示
  • 小沢健二

    小沢健二から見た東日本旅客鉄道

    JR東日本・房総バケーション(房総ビューエクスプレス)(1993年) - 小泉今日子、NARGOと共演。CMで歌っていた曲は未発売。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た森永製菓

    森永・ダース(1995年)小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たテレビ朝日

    『笑っていいとも!』出演から3年後の2017年2月22日には「春にして君を思う」以来19年ぶり、21世紀になってからは初めてとなる新曲「流動体について」を発売した。そして2月24日には『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に20年ぶりに出演し「ぼくらが旅に出る理由」と「流動体について」小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たマーヴィン・ゲイ

    2002年、ニューヨークの今の音として全てNY録音によるアルバム『Eclectic』をリリース。この前にモータウンと契約し、1999年にマーヴィン・ゲイの生誕60周年を記念したトリビュート・アルバム『Marvin is 60』の日本盤に「Got To Give It Up」の日本語詞カヴァーで参加する。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たSEKAI NO OWARI

    その後、SEKAI NO OWARIとのコラボレーション楽曲である「フクロウの声が聞こえる」を発売した。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た小沢牧子

    1968年、神奈川県相模原市にてドイツ文学者の父・小澤俊夫と、心理学者の母・小沢牧子の次男として生まれ、父親の仕事の都合ですぐにドイツへと引っ越す。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た小澤俊夫

    1968年、神奈川県相模原市にてドイツ文学者の父・小澤俊夫と、心理学者の母・小沢牧子の次男として生まれ、父親の仕事の都合ですぐにドイツへと引っ越す。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た川端民生

    1996年、ジャズテイストのアルバム『球体の奏でる音楽』をリリース。渋谷毅がピアノ、川端民生がウッドベースを担当している。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た渋谷毅

    1996年、ジャズテイストのアルバム『球体の奏でる音楽』をリリース。渋谷毅がピアノ、川端民生がウッドベースを担当している。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たジャズ

    1996年、ジャズテイストのアルバム『球体の奏でる音楽』をリリース。渋谷毅がピアノ、川端民生がウッドベースを担当している。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

120件中 11 - 20件表示