112件中 41 - 50件表示
  • 小沢健二

    小沢健二から見た大関 (酒造メーカー)

    大関・ワンカップ大関(寒い冬編、さんま、正月)(1996年) - 田村正和と共演。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たEMIミュージック・ジャパン

    2007年には『「おばさんたちが案内する未来の世界」を見る集い』を日本各地で開催しているが、小沢の意向によりネット上ではほとんど情報が明らかにされていない。また、2008年の時点でEMIミュージック・ジャパンとの契約は解消されていると報道されたが、正式な発表はなく、同社のサイトでは現在も所属アーティストとして扱われている。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た下河辺牧場

    母は心理学者の小沢牧子(旧姓・下河辺)。母方の親族は、曽祖父に日本鉱業(現・ジャパンエナジー)元社長の下河辺建二、祖父に下河辺牧場の創業者である下河辺孫一、叔父に下河辺牧場代表の下河辺俊行、大叔父に下河辺三史、下河辺三史の三男に音楽プロデューサーの下河辺晴三がいる。なお、下河辺三史の妻は芦田均の長女なので、小澤家は下河辺家を通じて芦田家と姻戚関係にあたる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たニッポン放送

    小沢健二とスチャダラパーのオールナイトニッポン(1994年、ニッポン放送小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た犬は吠えるがキャラバンは進む

    フリッパーズ・ギター解散後、ソロで音楽活動を開始する。1993年、シングル「天気読み」でデビュー、1stアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』をリリース。1994年、ヒップホップ・グループのスチャダラパーと共演したシングル「今夜はブギー・バック」をリリースし、50万枚を超えるヒットとなる。これによって小沢の名が一層広く知れ渡ったほか、日本でのラップ・ミュージックやヒップホップのポピュラー化を促すこととなった。日本のヒップホップも参照。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た春にして君を想う (小沢健二の曲)

    1998年、シングル「春にして君を想う」をリリース後しばらく活動を休止。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たLIFE (小沢健二のアルバム)

    1994年、ソウルミュージックのアレンジ・多くの引用からなる2ndアルバム『LIFE』が大ヒットとなる。これと前後し、メディアでの軽快かつ知的で余裕のある振る舞いやファッションが支持され、「渋谷系の王子様」と称されるまでの人気を博すようになる。1995年と1996年には連続して『NHK紅白歌合戦』にも出場。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た戦場のボーイズ・ライフ

    シングル集『刹那』は本来2003年の夏頃にリリース予定だったが、延期を重ねた末に同年の終わり間近、12月27日にリリースされた。しかし、当初収録予定だった1997年から1998年のシングルは収録されなかった(1995年リリースの「戦場のボーイズ・ライフ」も未収録)。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た球体の奏でる音楽

    1996年、ジャズテイストの3rdアルバム『球体の奏でる音楽』をリリース。渋谷毅がピアノ、川端民生がウッドベースを担当している。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た和光学園

    小さい頃から音楽や文学に熱中し、特に当時放送されていた歌番組『ザ・ベストテン』は下位20位までチェックする熱の入れようだった。兄が通っていたという理由により、私立和光中学校へ進学し、小山田圭吾と出会う。系列の和光高等学校には行かず、神奈川県立多摩高等学校を受験して進学。部活動ではバンドを組んでいた。当時家庭でのしつけが厳しく小遣いをもらえなかったが、通っていた予備校では好成績を収めると小遣いのようなものが出たこともあって、勉強は頑張った。現役合格した早稲田大学には入学せず、一浪して東京大学文科III類に入学。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

112件中 41 - 50件表示

「小沢健二」のニューストピックワード