120件中 41 - 50件表示
  • 小沢健二

    小沢健二から見たUstream

    2011年11月29日にはUstreamの番組に登場しコンサート活動を発表、2012年3月から4月にかけて東京オペラシティを会場に『「東京の街が奏でる」』を全12回行った。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たナイトクラブ

    2006年3月8日、『Eclectic』以来約4年ぶりとなるオリジナル・アルバムとして、全曲ボーカルレスの『毎日の環境学: Ecology Of Everyday Life』をリリース。エレクトロニカ、クラブ・ジャズ、ラウンジ・ミュージック、インストゥルメンタルR&B、アンビエントといったジャンルに分類される作風。参加ミュージシャンは、Vincent Chancey、Marty Ehrich、Erik Friedlander、Arron Heick、Steve Kahn、Steve Nelson、Adam Rogers、Benjamin Love、Kenny Seymourなどのジャズミュージシャンのほか、Mike Hampton(ファンカデリック)等のメンバーが名を連ねる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た相模原市

    1968年、神奈川県相模原市にてドイツ文学者の父・小澤俊夫と、心理学者の母・小沢牧子の次男として生まれ、父親の仕事の都合ですぐにドイツへと引っ越す。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た金沢21世紀美術館

    「魔法的」ツアーの最中、金沢21世紀美術館と大分県立美術館でのみ行われた小沢による弾き語りのみのライブ。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た大関 (酒造メーカー)

    大関・ワンカップ大関(寒い冬編、さんま、正月)(1996年) - 田村正和と共演。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たZepp

    6年ぶりの全国ツアー。少人数バンド構成。主にスタンディング会場(Zepp)を使用。東京6公演(2公演x3回)、愛知2公演、大阪3公演、広島1公演、札幌1公演、福岡1公演(福岡のみホール)の合計14公演。7曲の新曲が披露され、「流動体について」「フクロウの声が聞こえる」「シナモン (都市と家庭)」が翌年シングルとして発売された。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た東京国際フォーラム

    36人編成のファンク交響楽方式でのコンサート。東京3公演(東京国際フォーラム1公演、日本武道館2公演)、大阪1公演(大阪城ホール)の計4公演。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た日本放送協会

    1993年放送開始の同番組(NHK)のテーマ曲。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たEMIミュージック・ジャパン

    2007年には『「おばさんたちが案内する未来の世界」を見る集い』を日本各地で開催しているが、小沢の意向によりネット上ではほとんど情報が明らかにされていない。また、2008年の時点でEMIミュージック・ジャパンとの契約は解消されていると報道されたが、正式な発表はなく、同社を買収したユニバーサル ミュージック合同会社のサイトでは現在も所属アーティストとして扱われている。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た下河辺牧場

    母は心理学者の小沢牧子(旧姓・下河辺)。母方の親族は、曽祖父に日本鉱業(現・JXTGエネルギー)元社長の下河辺建二、祖父に下河辺牧場の創業者である下河辺孫一、叔父に下河辺牧場代表の下河辺俊行、大叔父に下河辺三史、下河辺三史の三男に音楽プロデューサーの下河辺晴三がいる。なお、下河辺三史の妻は芦田均の長女なので、小澤家は下河辺家を通じて芦田家と姻戚関係にあたる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

120件中 41 - 50件表示