120件中 51 - 60件表示
  • 小沢健二

    小沢健二から見たJXTGエネルギー

    母は心理学者の小沢牧子(旧姓・下河辺)。母方の親族は、曽祖父に日本鉱業(現・JXTGエネルギー)元社長の下河辺建二、祖父に下河辺牧場の創業者である下河辺孫一、叔父に下河辺牧場代表の下河辺俊行、大叔父に下河辺三史、下河辺三史の三男に音楽プロデューサーの下河辺晴三がいる。なお、下河辺三史の妻は芦田均の長女なので、小澤家は下河辺家を通じて芦田家と姻戚関係にあたる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たニッポン放送

    小沢健二とスチャダラパーのオールナイトニッポン(1994年、ニッポン放送小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た犬は吠えるがキャラバンは進む

    フリッパーズ・ギター解散後、ソロで音楽活動を開始する。1993年、シングル「天気読み」でデビュー、アルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』をリリース。1994年、ヒップホップ・グループのスチャダラパーと共演したシングル「今夜はブギー・バック」をリリースし、50万枚を超えるヒットとなる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たぼくらが旅に出る理由

    2014年3月20日には『森田一義アワー 笑っていいとも!』に「テレフォンショッキング」ゲストとして16年ぶりにテレビ出演し、「ぼくらが旅に出る理由」「さよならなんて云えないよ」「それはちょっと」「ドアをノックするのは誰だ?」の4曲をギターで弾き語り演奏した。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たシッカショ節

    2010年5月から13年ぶりのコンサートツアー『ひふみよ』を行うことが決まった。また、自身のツアー直前に行われたスチャダラパー20周年記念ライブにゲスト出演しファンを驚かせた。7月6日にはオフィシャルサイトにて「シッカショ節」のライブ音源のダウンロード販売がスタートした。この曲は楽曲をダウンロード後、リスナーが自由に購入金額を設定し、指定の銀行口座に振り込むという“投げ銭式”が採用されている。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たLIFE (小沢健二のアルバム)

    1994年、ソウルミュージックのアレンジ・多くの引用からなるアルバム『LIFE』が大ヒットとなる。これと前後し、メディアでの軽快かつ知的で余裕のある振る舞いやファッションが支持され、「渋谷系の王子様」と称されるまでの人気を博すようになる。1995年と1996年には連続して『NHK紅白歌合戦』にも出場。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た大阪城ホール

    初の武道館、大阪城ホール公演が行われた全国ツアー。なお、通常のホールで行われた公演バンド形式の公演は「VILLAGE 〜the live〜」、ストリングス楽団も交えた形式で行われた武道館・大阪城ホール公演は「VILLAGE 〜the show〜」と、2通りのツアータイトルが付けられた。のちにビデオ『VILLAGE』として発売された。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た球体の奏でる音楽

    1996年、ジャズテイストのアルバム『球体の奏でる音楽』をリリース。渋谷毅がピアノ、川端民生がウッドベースを担当している。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たさよならなんて云えないよ

    2014年3月20日には『森田一義アワー 笑っていいとも!』に「テレフォンショッキング」ゲストとして16年ぶりにテレビ出演し、「ぼくらが旅に出る理由」「さよならなんて云えないよ」「それはちょっと」「ドアをノックするのは誰だ?」の4曲をギターで弾き語り演奏した。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たフクロウの声が聞こえる

    その後、SEKAI NO OWARIとのコラボレーション楽曲である「フクロウの声が聞こえる」を発売した。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

120件中 51 - 60件表示