120件中 81 - 90件表示
  • 小沢健二

    小沢健二から見たトリビュート・アルバム

    2002年、ニューヨークの今の音として全てNY録音によるアルバム『Eclectic』をリリース。この前にモータウンと契約し、1999年にマーヴィン・ゲイの生誕60周年を記念したトリビュート・アルバム『Marvin is 60』の日本盤に「Got To Give It Up」の日本語詞カヴァーで参加する。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た今夜はブギー・バック (nice vocal)

    今夜はブギー・バック \(nice vocal\) (小沢健二 featuring スチャダラパー、1994年3月9日)小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たドイツ

    1968年、神奈川県相模原市にてドイツ文学者の父・小澤俊夫と、心理学者の母・小沢牧子の次男として生まれ、父親の仕事の都合ですぐにドイツへと引っ越す。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たカローラIIにのって

    カローラIIにのって※ (1995年1月1日)小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たソウルミュージック

    1994年、ソウルミュージックのアレンジ・多くの引用からなるアルバム『LIFE』が大ヒットとなる。これと前後し、メディアでの軽快かつ知的で余裕のある振る舞いやファッションが支持され、「渋谷系の王子様」と称されるまでの人気を博すようになる。1995年と1996年には連続して『NHK紅白歌合戦』にも出場。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た福岡サンパレス

    13年ぶりの全国ツアー。公式サイト内のインタビューにて発表の通り、THE LIFE SHOWのツアーメンバー中心で当時の曲や新曲「いちごが染まる」「シッカショ節」「時間軸を曲げて」の三曲を含めた演奏となった。6/20のNHKホールと、6/25の福岡サンパレス公演には、スチャダラパーがゲスト出演した。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た大人になれば (小沢健二の曲)

    大人になれば (1996年9月30日)小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たヒップホップ

    フリッパーズ・ギター解散後、ソロで音楽活動を開始する。1993年、シングル「天気読み」でデビュー、アルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』をリリース。1994年、ヒップホップ・グループのスチャダラパーと共演したシングル「今夜はブギー・バック」をリリースし、50万枚を超えるヒットとなる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たザ・ベストテン

    小さい頃から音楽や文学に熱中し、特に当時放送されていた歌番組『ザ・ベストテン』は下位20位までチェックする熱の入れようだった。兄が通っていたという理由により、私立和光中学校へ進学し、小山田圭吾と出会う。系列の和光高等学校には行かず、神奈川県立多摩高等学校を受験して進学。部活動ではバンドを組んでいた。当時家庭でのしつけが厳しく小遣いをもらえなかったが、通っていた予備校では好成績を収めると小遣いのようなものが出たこともあって、勉強は頑張った。現役合格した早稲田大学には入学せず、一浪して東京大学文科III類に入学。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た痛快ウキウキ通り

    痛快ウキウキ通り (1995年12月20日)小沢健二 フレッシュアイペディアより)

120件中 81 - 90件表示