前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示
  • 本橋成一

    本橋成一から見た小沢昭一小沢昭一

    1972年 小沢昭一『諸國藝能旅鞄』(写真/本橋成一)6回連載。本橋成一 フレッシュアイペディアより)

  • したまちコメディ映画祭in台東

    したまちコメディ映画祭in台東から見た小沢昭一小沢昭一

    コメディ栄誉賞受賞の小沢昭一の受賞記念イベントを始め、ボビー・ファレリー監督のトークセッション(ファレリー兄弟として出演予定だったが、ピーター・ファレリー監督はインフルエンザのため来日せず)や、コメディ映画に造詣の深い人々が登場するライブ・イベント、親子向け作品の上映などが行われた。したまちコメディ映画祭in台東 フレッシュアイペディアより)

  • 正岡容

    正岡容から見た小沢昭一小沢昭一

    作家としては、永井荷風、岡本綺堂、吉井勇らの影響を受けている。また弟子には小沢昭一、大西信行、永井啓夫、三代目桂米朝、都筑道夫、加藤武、小島貞二などがいる。鈴木通夫は京華中学校時代の同級生。正岡容 フレッシュアイペディアより)

  • 坪内祐三

    坪内祐三から見た小沢昭一小沢昭一

    小沢昭一『ぼくの浅草案内』(ちくま文庫、2001・10)坪内祐三 フレッシュアイペディアより)

  • 社長繁盛記

    社長繁盛記から見た小沢昭一小沢昭一

    三木のり平から谷啓に、フランキー堺から小沢昭一へと、メンバーが一新した『社長シリーズ』第28作。音楽も宮川泰が担当している。そして内容もメンバー一新を流用して、「社内の若返り」がテーマの1つとなっている。社長繁盛記 フレッシュアイペディアより)

  • 社長学ABC

    社長学ABCから見た小沢昭一小沢昭一

    本作では藤岡琢也が営業課長(後に総務部長)になり、小沢昭一は再びバイヤー役に戻る。また助演者の中には、前のプログラム『ブラボー!若大将』(監督:岩内克己)で若大将(加山雄三)の親友役で登場し、翌1971年の『若大将対青大将』(監督は同じ)で2代目若大将となる大矢茂が、新入社員の役で出演する。社長学ABC フレッシュアイペディアより)

  • 徹子の部屋

    徹子の部屋から見た小沢昭一小沢昭一

    トークは基本的にゲストの活躍している内容について行われるが、常連のゲストのさらに一部の相手とは、"お約束"と言えるような展開で行われる。例えば、小沢昭一が単独ゲストの場合は必ず黒柳と小沢が何らかのテーマに沿った扮装をしてトークを行う「扮装シリーズ」が定番となり2010年の小沢の最後の出演までに15回行われた。1996年の、黒柳がセーラームーン、小沢がクレヨンしんちゃんのコスプレをして視聴者の度肝を抜いた時は(いずれもテレビ朝日系列のアニメ)、東スポの一面トップに黒柳の姿がカラー写真で出た。2010年2月10日には、1976年当時の映像が残っていないことから、再び学生服(小沢の母校である早稲田大学の学帽付き)とセーラー服に扮し、過去の名場面を振り返った。ただし、小沢の出演回のすべてが「扮装シリーズ」というわけではなく、2008年8月14日放送でのゲスト時には戦争体験を語るためスーツ姿で出演している。小沢は2012年12月10日に死去し、同年12月17日の放送回ではこれらの出演回をふりかえった。徹子の部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た小沢昭一小沢昭一

    6月 - 下席夜の部 - 東京やなぎ句会同人の小沢昭一を定席(新宿末廣亭)の芝居でヒザ前に顔付けした(主任は小三治)。連日長蛇の列ができ、立見で入れないほどの大入り。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベストテン

    ザ・ベストテンから見た小沢昭一小沢昭一

    1985年4月25日、久米宏が番組を卒業。翌週から松下賢次アナウンサー・タモリ・寺尾聰・小沢昭一・生島ヒロシら黒柳と以前より交流のある芸能人が司会の代わりを務めた(その後、タモリと生島の音楽番組司会はテレビ朝日のミュージックステーションでも生かされている)。ザ・ベストテン フレッシュアイペディアより)

  • 大塚周夫

    大塚周夫から見た小沢昭一小沢昭一

    声の仕事と平行して、舞台では小沢昭一らとの『しみじみ日本・乃木大将』『国語事件殺人辞典』(どちらも井上ひさし著)などに多数出演。またテレビでは、NHK大河ドラマやフジテレビ系ドラマの常連として知られている。大塚周夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示