146件中 11 - 20件表示
  • 神田紫

    神田紫から見た小沢昭一小沢昭一

    元々は舞台女優を志して、文学座と劇団芸能座(小沢昭一主宰)で活動していたが、講談師に転向し、二代目神田山陽に弟子入り。女流講談師の第一人者として各地で「パープルエクスタシー」シリーズと題した講談と一人芝居をミックスした新感覚の公演を行う傍ら、引き続き舞台女優としても活動中。現在、日本講談協会会長。落語芸術協会にも所属。神田紫 フレッシュアイペディアより)

  • 判決 (テレビドラマ)

    判決 (テレビドラマ)から見た小沢昭一小沢昭一

    1966年8月10日放送の第200回「憲法第二十五条」で最終回となった。しかし、番組継続を要望する声は高く、芸能界・文化界にまで多く及んでいた。最終回放送前の8月3日には「ドラマ『判決』の放送継続を望む会」が初会合を行った。阿木翁助、南原繁、千田是也などを世話人とし、手塚治虫、白土三平、阿部知二、広津和郎、今井正、山本薩夫、棟方志功、小沢昭一、杉村春子、森光子など200人あまりが賛同者として名を連ねた。判決 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 市川福治・かな江

    市川福治・かな江から見た小沢昭一小沢昭一

    「日本の放浪芸」(1974年、小沢昭一監修、ビクターレコード)市川福治・かな江 フレッシュアイペディアより)

  • 山路興造

    山路興造から見た小沢昭一小沢昭一

    ビデオブック『大系日本歴史と芸能 全14巻』(網野善彦+小沢昭一+服部幸雄+宮田登+大隅和雄+山路興造=編集委員、平凡社+日本ビクター)山路興造 フレッシュアイペディアより)

  • 周防猿まわしの会

    周防猿まわしの会から見た小沢昭一小沢昭一

    1970年9月に俳優の小沢昭一がレコード『日本の放浪芸』シリーズのために日本全国の放浪芸を調査。その一環で、山口県光市に猿まわし芸の調査にまわったことから、猿まわし師の孫で光市議会議員の村崎義正と知り合ったのがきっかけになった。周防猿まわしの会 フレッシュアイペディアより)

  • 荒川キヨシ・小唄志津子

    荒川キヨシ・小唄志津子から見た小沢昭一小沢昭一

    小沢 昭一の「新日本の放浪芸」 ?訪ねて韓国・インドまで?荒川キヨシ・小唄志津子 フレッシュアイペディアより)

  • 高砂家ちび助

    高砂家ちび助から見た小沢昭一小沢昭一

    山本益博を聴き手とした芸談が、南博・永井啓夫・小沢昭一編集『芸双書 1 いろどる?色物の世界』(1981年、白水社、ISBN 1376-50810-6911)に収録されている。高砂家ちび助 フレッシュアイペディアより)

  • 添田唖蝉坊

    添田唖蝉坊から見た小沢昭一小沢昭一

    竹中労の文とかわぐちかいじの挿絵による『黒旗水滸伝 大正地獄編』(皓星社 2000年)の中では、唖蝉坊は香具師―テキヤの世界の飯島源次郎、その実子分(跡目候補)山田春雄、あるいは倉持忠助の大立物と親交をもち、客分として尊敬を受ける演歌師として登場している。近代露天商組合のリーダーで、国会議員にもなった倉持は、自身演歌師の出身でもあり、唖蝉坊を師と仰いでいたという。またタレント議員第一号・石田一松が歌い大ヒットした『のんき節』は、唖蝉坊の作品に手を加えて作ったものである。他に演歌の収集、保存でも功績のあった小沢昭一は、その駆け出しの頃、添田父子と親交があったという。添田唖蝉坊 フレッシュアイペディアより)

  • 土方鐵

    土方鐵から見た小沢昭一小沢昭一

    『芸能入門・考―芸に生きる』小沢昭一との共著 明石書店 (1981年10月)土方鐵 フレッシュアイペディアより)

  • どんまい!

    どんまい!から見た小沢昭一小沢昭一

    今井幸太: 小沢昭一(第2、3週)どんまい! フレッシュアイペディアより)

146件中 11 - 20件表示