195件中 11 - 20件表示
  • 米朝よもやま噺

    米朝よもやま噺から見た小沢昭一小沢昭一

    米朝が肉声で上方芸能史を語ることや、一芸を極めて世間から「大物」と呼ばれたゲストの一部(小沢昭一、茂山千之丞、喜味こいしなど)が放送後に逝去したことなどから、「芸能・文学関連の音声アーカイブとしての価値が非常に高い番組」とされている。米朝よもやま噺 フレッシュアイペディアより)

  • 北村和夫

    北村和夫から見た小沢昭一小沢昭一

    医師の二男として生まれる。東京都立第十一中学(現在の東京都立江北高等学校)卒業。研数専門学校、東京工業専門学校に進み、終戦を迎える。日本大学三島校舎理工学部予科卒業。早稲田大学第二文学部芸術科(現・演劇科)卒業。早稲田大で小沢昭一、加藤武、今村昌平らとグループを結成して演劇活動に熱中した。北村和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た小沢昭一小沢昭一

    永は1974年に野坂昭如・小沢昭一と中年御三家を結成して日本武道館でコンサートを行い、ビートルズ以来と言われるほど盛況であった(2003年に「帰ってきた中年御三家」コンサートをNHKホールで行ったが、野坂は病気のため不参加)。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 連想ゲーム

    連想ゲームから見た小沢昭一小沢昭一

    スタート当初は紅白ともにキャプテン席+4枠ずつの設定で、レギュラー出演者も両軍のキャプテンのみであったが、1970年以降、紅組は小山明子・中村メイコ・ロミ山田・うつみ宮土理ほか、白組は牟田悌三・小沢昭一・長門勇・桂米丸・山田吾一・杉良太郎らが準レギュラー格として出演するようになり、徐々に各枠の出演者が固定されるようになり、1972年4月に1枠増員されたのを機に、キャプテン席+レギュラー4枠+ゲスト1枠(1973年4月からはキャプテン席+レギュラー3枠+ゲスト2枠)の形式が定着した。連想ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 坪内祐三

    坪内祐三から見た小沢昭一小沢昭一

    小沢昭一『ぼくの浅草案内』(ちくま文庫、2001・10)坪内祐三 フレッシュアイペディアより)

  • 正岡容

    正岡容から見た小沢昭一小沢昭一

    作家としては、永井荷風、岡本綺堂、吉井勇らの影響を受けている。また弟子には小沢昭一、大西信行、永井啓夫、三代目桂米朝、鶯春亭梅橋、初代金原亭馬の助、都筑道夫、加藤武、小島貞二などがいる。五代目古今亭今輔の『お婆さん落語』の台本を書いた「鈴木みちを」は京華中学校時代の同級生。正岡容 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベストテン

    ザ・ベストテンから見た小沢昭一小沢昭一

    翌週から松下賢次・タモリ・寺尾聰・小沢昭一・生島ヒロシら黒柳と以前より交流のある人物が代理司会を務めた(その後、タモリと生島の音楽番組司会はテレビ朝日系列『ミュージックステーション』でも生かされている)。ザ・ベストテン フレッシュアイペディアより)

  • 大塚周夫

    大塚周夫から見た小沢昭一小沢昭一

    1971年に俳優小劇場が解散し小沢昭一が立ち上げた芸能座に移籍した後も、俳優として舞台やテレビドラマに出演していたが、63歳のときに体力が低下していると感じて舞台を引退する。さらに当時の個人マネージャーに多額のギャラをだまし取られていたことが判明し、それをきっかけに長年演技ができないタレントと共演することなど気持ちよくできなかったテレビ出演も一切やめ、声優業に専念することを決意し青二プロダクションに移籍。以後、数々の洋画吹き替え、アニメで活躍した。大塚周夫 フレッシュアイペディアより)

  • 喜劇 駅前学園

    喜劇 駅前学園から見た小沢昭一小沢昭一

    本作では三木のり平は出演しておらず、代わりに小沢昭一が出演、やがて小沢は『社長シリーズ』にも出演することになる。喜劇 駅前学園 フレッシュアイペディアより)

  • 周防猿まわしの会

    周防猿まわしの会から見た小沢昭一小沢昭一

    1970年9月に俳優の小沢昭一がレコード『日本の放浪芸』シリーズのために日本全国の放浪芸を調査。その一環で、山口県光市に猿まわし芸の調査にまわったことから、猿まわし師の孫で光市議会議員の村崎義正と知り合ったのがきっかけになった。周防猿まわしの会 フレッシュアイペディアより)

195件中 11 - 20件表示

「小沢昭一」のニューストピックワード