195件中 21 - 30件表示
  • 死ぬにはまだ早い

    死ぬにはまだ早いから見た小沢昭一小沢昭一

    原作:リチャード・スティガー/脚本・監督:須川栄三/主演:小沢昭一死ぬにはまだ早い フレッシュアイペディアより)

  • 宮坂さん

    宮坂さんから見た小沢昭一小沢昭一

    小沢昭一の知人という設定で、小沢も「私の知人の宮坂さんが…」と口にする場合があるが、「今週のお題」(テーマ)が下ネタの時など、実際には小沢の分身扱いされている。宮坂さん フレッシュアイペディアより)

  • 鳩の街

    鳩の街から見た小沢昭一小沢昭一

    玉の井と同様に、この街も訪れる作家や芸能人が多く、吉行や荷風の他、安岡章太郎、三浦朱門、近藤啓太郎、小沢昭一などが、出入りしたことが知られている鳩の街 フレッシュアイペディアより)

  • 喜劇 だましの仁義

    喜劇 だましの仁義から見た小沢昭一小沢昭一

    石山権太郎/山田代議士:小沢昭一喜劇 だましの仁義 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝座談

    桂米朝座談から見た小沢昭一小沢昭一

    第1巻 米朝の師匠と仰ぐ正岡容や4代目桂米團治、小沢昭一、桂文枝らとの対談・座談、「戦中・戦後東京講談見聞記」、桂米團治の遺稿「凡想録」などをまとめた。桂米朝座談 フレッシュアイペディアより)

  • 宮腰太郎

    宮腰太郎から見た小沢昭一小沢昭一

    武蔵高等学校 (旧制)卒業、東京教育大学文学部中退。その後、雑誌編集者、映画脚本家(または映画監督)、コピーライターを経て、フリーライターとなる。1979年から2009年1月まで、TBSラジオの番組『小沢昭一の小沢昭一的こころ』の構成作家(筋書き作家)を務めた。担当番組については、パーソナリティ(口演)・小沢昭一との共著という形で書籍化された。宮腰太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 歩兵第8連隊

    歩兵第8連隊から見た小沢昭一小沢昭一

    日本軍解散後の平成になってからも上記の里謡を唱える団体や人物が後を絶たず、新聞社、出版社、知識人にも散見される。『大阪と八連隊-大阪師団抄史』を記した編集した中野公策は、今東光『こつまなんきん』、祖父江孝男・浅井得一 - 中央公論社『県民性』、司馬遼太郎、講談社昭和59年10月号『現代』における小沢昭一・谷沢永一・イーデス・ハンソンとの鼎談が取り上げている。歩兵第8連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 根岸吉之助

    根岸吉之助から見た小沢昭一小沢昭一

    戦後も吉之助は木馬館の安来節を守りつづけ、1956年(昭和31年)12月には、建物としての木馬館が現在の鉄筋コンクリート2階建てになった。木馬設置はここまでで、1階部分は映画館に変わる。1970年には「木馬館」1階にあった映画館から変わった木馬ミュージックホールを用途変更し、浪曲定席「木馬亭」を開いた。1977年(昭和52年)6月1日?28日「安来節さよなら公演」。(小沢昭一、永六輔、田谷力三も出演し、その上がりを専属座員の退職金に充てる)。28日、「木馬館民謡一座」の安来節興行の歴史を閉じた。そのほぼ半年後である同年11月、吉之助は死去した。85歳没。同年の「週刊新潮」誌通算1128号の「墓碑銘」の欄に『浅草木馬館主のオペラと安来節・根岸吉之助85歳』が掲載され、その死が悼まれた。吉之助の築いた木馬館(十条・篠原演芸場が運営)と木馬亭は現在も営業をつづけている。なお、映画監督の根岸吉太郎は吉之助の孫である。根岸吉之助 フレッシュアイペディアより)

  • 高砂家ちび助

    高砂家ちび助から見た小沢昭一小沢昭一

    山本益博を聴き手とした芸談が、南博・永井啓夫・小沢昭一編集『芸双書 1 いろどる?色物の世界』(1981年、白水社、)に収録されている。高砂家ちび助 フレッシュアイペディアより)

  • 仇討 (1964年の映画)

    仇討 (1964年の映画)から見た小沢昭一小沢昭一

    小山左門(こやま さもん) - 小沢昭一: 新八の友人。仇討 (1964年の映画) フレッシュアイペディアより)

195件中 21 - 30件表示

「小沢昭一」のニューストピックワード