146件中 21 - 30件表示
  • 花輪ばやし

    花輪ばやしから見た小沢昭一小沢昭一

    『大系日本 歴史と芸能 第十巻/都市の祝祭?かぶく民衆』編集委員:網野善彦、小沢昭一、宮田登、大隅和雄、服部幸雄、山路興造 平凡社 1991年7月 - ビデオブック。「花輪ばやし」の映像と、編集部による解説つき。花輪ばやし フレッシュアイペディアより)

  • 十返舎亀造・菊次

    十返舎亀造・菊次から見た小沢昭一小沢昭一

    芸術協会の大看板であり談志曰く亀造菊次に対抗できるのは紙切りの正楽ぐらいであったと回想している。著名人にもファンが多く談志を始め矢野誠一や小沢昭一などもファンであった。当たりギャグは「なんせあっしは旅慣れてやすからねぇ」である。漫才の内容は軽口に近く亀造の豊富な知識を粋で隠した江戸前の漫才が大人気を博した。十返舎亀造・菊次 フレッシュアイペディアより)

  • 劇団朋友

    劇団朋友から見た小沢昭一小沢昭一

    1960年に小沢昭一ら劇団俳優小劇場に分裂。再建するが、1969年6月下旬に看板女優団員の渡辺美佐子をはじめ中堅・若手団員10人が突如一斉に退団した為、翌7月上旬に「劇団新人会」は解散。劇団朋友 フレッシュアイペディアより)

  • 広沢虎吉

    広沢虎吉から見た小沢昭一小沢昭一

    元初代広沢虎造。2代目と同門であり、2代目が寄席経営に成功し隠居する際に譲られた。浪曲界の生き字引であった。しかし2代目と比べると地味であり、あまり名を馳せることは出来なかったが、長命を授かり95で死ぬまで昔のことをしゃべっていた。そのしゃべりは小沢昭一のCD日本の放浪芸 小沢昭一が訪ねた道の芸・街の芸に入っており偲ぶことができる。晩年は目が不自由になった。CDの中では1877年12月の生まれになっている。そのCDの吹き込み一ヶ月後に死去。享年95。広沢虎造や2代目より長生きをしたのである。広沢虎吉 フレッシュアイペディアより)

  • 添田知道

    添田知道から見た小沢昭一小沢昭一

    1980年(昭和55年)3月18日、信州・上田市の安藤病院で食道がんで死去。77歳没。「添田知道を偲ぶ会」が、同年5月2日、浅草の伝法院で行われ、竹中労、田谷力三、小沢昭一らが参集した。添田知道 フレッシュアイペディアより)

  • 道楽

    道楽から見た小沢昭一小沢昭一

    小沢昭一『道楽三昧:遊びつづけて八十年』岩波書店、2009 ISBN 4004311993道楽 フレッシュアイペディアより)

  • ドドンパ

    ドドンパから見た小沢昭一小沢昭一

    これらにより国産軽音楽の衰退に危機感を覚えた小沢昭一、永六輔、中村八大らは、何とか対抗しうる新しい国産リズム音楽を確立しようと模索していた。ドドンパ フレッシュアイペディアより)

  • 村崎修二

    村崎修二から見た小沢昭一小沢昭一

    1970年、俳優の小沢昭一がレコード『日本の放浪芸』シリーズの「猿まわし」調査のために光市を訪れた際に、兄・義正とともに小沢に面会する。当時は途絶えていた、自分たちの祖先が行っていた芸能である「猿まわし」をみつめ直すことを考え、身近にいた猿まわし巡業の経験者に、聞き取り調査を始める。村崎修二 フレッシュアイペディアより)

  • 川、いつか海へ 6つの愛の物語

    川、いつか海へ 6つの愛の物語から見た小沢昭一小沢昭一

    水木社長(6):小沢昭一川、いつか海へ 6つの愛の物語 フレッシュアイペディアより)

  • ボクサー (1977年の映画)

    ボクサー (1977年の映画)から見た小沢昭一小沢昭一

    アパートの管理人:小沢昭一ボクサー (1977年の映画) フレッシュアイペディアより)

146件中 21 - 30件表示