195件中 31 - 40件表示
  • 忍者武芸帳

    忍者武芸帳から見た小沢昭一小沢昭一

    ナレーション:小沢昭一忍者武芸帳 フレッシュアイペディアより)

  • 宵々山コンサート

    宵々山コンサートから見た小沢昭一小沢昭一

    渥美清、小坂一也、小沢昭一、倍賞千恵子、桂米朝、石川鷹彦、木ノ実ナナ、山谷初男、黒柳徹子、高橋竹山、ミヤコ蝶々、赤塚不二夫、宮城まり子、淀川長治、谷啓、安田伸、坂本九、竹腰美代子、ザ・キングトーンズ、君原健二、おすぎとピーコ、松山千春、タモリ、岩崎宏美、岸田今日子、中村八大、金井克子、南こうせつ、笑福亭鶴瓶、由紀さおり、林英哲、嘉門達夫、桂三枝(現・六代目桂文枝)ら。宵々山コンサート フレッシュアイペディアより)

  • どんまい!

    どんまい!から見た小沢昭一小沢昭一

    今井幸太: 小沢昭一(第2、3週)どんまい! フレッシュアイペディアより)

  • 社長えんま帖

    社長えんま帖から見た小沢昭一小沢昭一

    『社長シリーズ』の第30作。それを記念して、社長秘書役を関口宏、秘書の恋人役を内藤洋子、バイヤー役を藤岡琢也にそれぞれ変更、前作までバイヤー役だった小沢昭一は、新たに営業部長役になる。社長えんま帖 フレッシュアイペディアより)

  • スクラップ集団

    スクラップ集団から見た小沢昭一小沢昭一

    九州炭鉱地帯で汲み取り車に乗るホース(渥美清)は、組合のストライキ中、ある主婦(石井富子)の依頼を断りきれず、無報酬で応じ、組合から追われる。廃坑に汚物を投棄して警察に追われ、大阪釜ヶ崎に落ち着く。大阪でケースワーカーをしていたケース(露口茂)は、老人(笠智衆)に依頼され、その娘(宮本信子)を抱くが、その一家が心中した事を知り、辞職して釜ヶ崎の労働者に落ち着く。紙くず拾いのドリーム(小沢昭一)は、ごみの匂いに魅かれ、転職を繰り返して釜ヶ崎に落ち着く。ある飲み屋で3人が話していると、ドクター(三木のり平)が声をかける。ドクターは元医師で、安楽死の問題を追及しすぎ、医療現場を追われ、釜ヶ崎で生活していた。ドクターは、現代社会で無数に産み出されるスクラップを回収し処理する「スクラップ会社」を作ろうと呼びかけ、くず屋を設立する。死んだゾウの処理などで実績を積み重ねた会社は徐々に発展する。しかし、事業の拡大発展に野心を抱き、人間性や自然をないがしろにしがちなドクターの方針に他の3人は疑問を感じ始める。スクラップ集団 フレッシュアイペディアより)

  • ボクサー (1977年の映画)

    ボクサー (1977年の映画)から見た小沢昭一小沢昭一

    アパートの管理人:小沢昭一ボクサー (1977年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 棒になった男

    棒になった男から見た小沢昭一小沢昭一

    出演:市原悦子(女)、奈良岡朋子(客)、小沢昭一(私)棒になった男 フレッシュアイペディアより)

  • 赤い陣羽織

    赤い陣羽織から見た小沢昭一小沢昭一

    記録を確認できるもっとも早い上演は、1948年の劇団文化座。1955年1月に歌舞伎座で上演され、今日まで歌舞伎の定番レパートリーとなっている。アマチュア劇団ながら、横浜市の劇団葡萄座が1959年に上演している。木下と繋がりのある劇団による上演としては、1963年のぶどうの会があげられる。小沢昭一らの俳優小劇場も、1967年以後上演した。赤い陣羽織 フレッシュアイペディアより)

  • 判決 (テレビドラマ)

    判決 (テレビドラマ)から見た小沢昭一小沢昭一

    1966年8月10日放送の第200回「憲法第二十五条」で最終回となった。しかし、番組継続を要望する声は高く、芸能界・文化界にまで多く及んでいた。最終回放送前の8月3日には「ドラマ『判決』の放送継続を望む会」が初会合を行った。阿木翁助、南原繁、千田是也などを世話人とし、手塚治虫、白土三平、阿部知二、広津和郎、今井正、山本薩夫、棟方志功、小沢昭一、杉村春子、森光子など200人あまりが賛同者として名を連ねた。判決 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 梵天太郎

    梵天太郎から見た小沢昭一小沢昭一

    小沢昭一『珍奇絶倫小沢大写真館』(話の特集)(筑摩書房)/『小沢昭一座談?人類学入門 お遊びと芸と』(晶文社) - 「人肌に彫る―彫清(凡天太郎)さんに聞く」小沢昭一との対談掲載。梵天太郎 フレッシュアイペディアより)

195件中 31 - 40件表示

「小沢昭一」のニューストピックワード