146件中 41 - 50件表示
  • 宵々山コンサート

    宵々山コンサートから見た小沢昭一小沢昭一

    渥美清、小坂一也、小沢昭一、倍賞千恵子、桂米朝、石川鷹彦、木ノ実ナナ、山谷初男、黒柳徹子、高橋竹山、ミヤコ蝶々、赤塚不二夫、宮城まり子、淀川長治、谷啓、安田伸、坂本九、竹腰美代子、ザ・キングトーンズ、君原健二、おすぎとピーコ、松山千春、タモリ、岩崎宏美、岸田今日子、中村八大、金井克子、南こうせつ、笑福亭鶴瓶、由紀さおり、林英哲、嘉門達夫、桂三枝(現・六代目桂文枝)ら。宵々山コンサート フレッシュアイペディアより)

  • 入船亭扇橋

    入船亭扇橋から見た小沢昭一小沢昭一

    入船亭扇橋、柳家小三治、江國滋、大西信行、三田純市、桂米朝、永井啓夫、矢野誠一、永六輔、神吉拓郎、小沢昭一、加藤武ほかによる共著。入船亭扇橋 フレッシュアイペディアより)

  • 花へんろ

    花へんろから見た小沢昭一小沢昭一

    語り:渥美清(1・2・3)→小沢昭一(新)花へんろ フレッシュアイペディアより)

  • 渥美清の泣いてたまるか

    渥美清の泣いてたまるかから見た小沢昭一小沢昭一

    放映日:1967年1月8日 タイトル:ある結婚 脚本:光畑碩郎 監督:今井正 出演者:久我美子、原知佐子、山東昭子、長山藍子、浦辺粂子、小沢昭一渥美清の泣いてたまるか フレッシュアイペディアより)

  • 見世物学会

    見世物学会から見た小沢昭一小沢昭一

    顧問:小沢昭一・坂田春夫見世物学会 フレッシュアイペディアより)

  • 村崎義正

    村崎義正から見た小沢昭一小沢昭一

    光市議に初当選と同じ年の1970年、俳優の小沢昭一がレコード『日本の放浪芸』シリーズのために光市を訪れたことをきっかけに、1963年に途絶えていた猿まわし芸を復活させることを決意。民俗学者の宮本常一や民俗文化映像研究所の姫田忠義、過去の猿まわし師の実態を調査・研究していた詩人で社会教育家の丸岡忠雄や末弟の村崎修二の協力を得て、1977年12月2日に周防猿まわしの会を結成して初代の会長に就任。村崎義正 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩の街

    鳩の街から見た小沢昭一小沢昭一

    玉の井と同様に、この街も訪れる作家や芸能人が多く、吉行や荷風の他、安岡章太郎、三浦朱門、近藤啓太郎、小沢昭一などが、出入りしたことが知られている鳩の街 フレッシュアイペディアより)

  • 第43回日本レコード大賞

    第43回日本レコード大賞から見た小沢昭一小沢昭一

    夢は今もめぐりて?小沢昭一がうたう童謡/小沢昭一/ビクターエンタテインメント株式会社第43回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日曜喫茶室

    日曜喫茶室から見た小沢昭一小沢昭一

    芸能人・俳優・声優として、黒柳徹子、美輪明宏、宍戸錠、小川宏、永六輔、小沢昭一、大山のぶ代、島田洋七、宮城まり子、萩本欽一、久米明、デーモン小暮閣下、岸田今日子、牧伸二、なぎら健壱、柳生博、滝田栄、日曜喫茶室 フレッシュアイペディアより)

  • スクラップ集団

    スクラップ集団から見た小沢昭一小沢昭一

    九州炭鉱地帯で汲み取り車に乗るホース(渥美清)は、組合のストライキ中、ある主婦(石井富子)の依頼を断りきれず、無報酬で応じ、組合から追われる。廃坑に汚物を投棄して警察に追われ、大阪釜ヶ崎に落ち着く。大阪でケースワーカーをしていたケース(露口茂)は、老人(笠智衆)に依頼され、その娘(宮本信子)を抱くが、その一家が心中した事を知り、辞職して釜ヶ崎の労働者に落ち着く。紙くず拾いのドリーム(小沢昭一)は、ごみの匂いに魅かれ、転職を繰り返して釜ヶ崎に落ち着く。ある飲み屋で3人が話していると、ドクター(三木のり平)が声をかける。ドクターは元医師で、安楽死の問題を追及しすぎ、医療現場を追われ、釜ヶ崎で生活していた。ドクターは、現代社会で無数に産み出されるスクラップを回収し処理する「スクラップ会社」を作ろうと呼びかけ、くず屋を設立する。死んだゾウの処理などで実績を積み重ねた会社は徐々に発展する。しかし、事業の拡大発展に野心を抱き、人間性や自然をないがしろにしがちなドクターの方針に他の3人は疑問を感じ始め、とうとう・・・。スクラップ集団 フレッシュアイペディアより)

146件中 41 - 50件表示