195件中 41 - 50件表示
  • 東日暮里

    東日暮里から見た小沢昭一小沢昭一

    1931年 - 俳優小沢昭一の父が木村伊兵衛の写真館を借り写真館開業(1933年に蒲田に移転)。東日暮里 フレッシュアイペディアより)

  • 猿まわし

    猿まわしから見た小沢昭一小沢昭一

    しかし、1970年に小沢昭一が消えゆく日本の放浪芸の調査中に光市の猿まわしと出合ったことをきっかけに、1978年(昭和53年)に周防猿まわしの会が猿まわしを復活させ、現在は再び人気芸能となっている。猿まわし フレッシュアイペディアより)

  • 一条さゆり

    一条さゆりから見た小沢昭一小沢昭一

    ドキュメントまいど・・・「日本の放浪芸」 一条さゆり・桐かおるの世界 〜小沢昭一が訪ねたオールA級特出特別大興行〜 (監修・小沢昭一)P470〜472 - 本人のステージの模様が記載されている。一条さゆり フレッシュアイペディアより)

  • 入船亭扇橋

    入船亭扇橋から見た小沢昭一小沢昭一

    入船亭扇橋、柳家小三治、江國滋、大西信行、三田純市、桂米朝、永井啓夫、矢野誠一、永六輔、神吉拓郎、小沢昭一、加藤武ほかによる共著。入船亭扇橋 フレッシュアイペディアより)

  • 劇団朋友

    劇団朋友から見た小沢昭一小沢昭一

    1960年に小沢昭一ら劇団俳優小劇場に分裂。再建するが、1969年6月下旬に看板女優団員の渡辺美佐子をはじめ中堅・若手団員10人が突如一斉に退団した為、翌7月上旬に「劇団新人会」は解散。劇団朋友 フレッシュアイペディアより)

  • 木谷恭介

    木谷恭介から見た小沢昭一小沢昭一

    『心機一転小沢昭一的こころ』芸術生活社、1981木谷恭介 フレッシュアイペディアより)

  • 暉峻康隆

    暉峻康隆から見た小沢昭一小沢昭一

    井原西鶴研究の権威の一人。「女子学生亡国論」や、1980年からのNHK「お達者文芸」の選者として広く知られた。好色文芸や落語に関する一般向け書物も多く、時に「てるおか やすたか」と平仮名で表記した。ちなみに小沢昭一らにより早稲田大学で結成された、日本で初めての(学生サークルとしての)落語研究会の初代顧問でもある。池田弥三郎と親しかった。暉峻康隆 フレッシュアイペディアより)

  • 道楽

    道楽から見た小沢昭一小沢昭一

    小沢昭一『道楽三昧:遊びつづけて八十年』岩波書店、2009 ISBN 4004311993道楽 フレッシュアイペディアより)

  • 十返舎亀造・菊次

    十返舎亀造・菊次から見た小沢昭一小沢昭一

    芸術協会の大看板であり談志曰く亀造・菊次に対抗できるのは紙切りの正楽ぐらいであったと回想している。著名人にもファンが多く談志を始め矢野誠一や小沢昭一などもファンであった。当たりギャグは「なんせあっしは旅慣れてやすからねぇ」である。漫才の内容は軽口に近く亀造の豊富な知識を粋で隠した江戸前の漫才が大人気を博した。十返舎亀造・菊次 フレッシュアイペディアより)

  • 説教師

    説教師から見た小沢昭一小沢昭一

    小沢昭一『また又日本の放浪芸 節談説教 小沢昭一が訪ねた旅僧たちの説法』 ビクター、1999、VICG-60243〜48説教師 フレッシュアイペディアより)

195件中 41 - 50件表示

「小沢昭一」のニューストピックワード