146件中 61 - 70件表示
  • 歩兵第8連隊

    歩兵第8連隊から見た小沢昭一小沢昭一

    日本軍解散後も元号が平成になってからもこの里謡を唱える団体や人物が後を絶たず、新聞社、出版社、知識人にも散見される。『大阪と八連隊-大阪師団抄史』を記した編集した中野公策は、今東光『こつまなんきん』、祖父江孝男・浅井得一 - 中央公論社『県民性』、司馬遼太郎、講談社昭和59年10月号『現代』における小沢昭一・谷沢永一・イーデス・ハンソンとの鼎談が取り上げている。歩兵第8連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 矢崎泰久

    矢崎泰久から見た小沢昭一小沢昭一

    この日、集合。(井上ひさし、永六輔、小沢昭一との共著) 金曜日、2006.8矢崎泰久 フレッシュアイペディアより)

  • 第13回日本レコード大賞

    第13回日本レコード大賞から見た小沢昭一小沢昭一

    日本ビクター(株)及び小沢昭一 ドキュメント「日本の放浪芸」第13回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ガリバーの宇宙旅行

    ガリバーの宇宙旅行から見た小沢昭一小沢昭一

    製作スタッフの中には、若き日の宮崎駿や大塚康生も存在している。また声優には、主人公テッド役に人気歌手・坂本九を起用、他には俳優・小沢昭一や宮口精二などを起用した。ガリバーの宇宙旅行 フレッシュアイペディアより)

  • トルコ行進曲

    トルコ行進曲から見た小沢昭一小沢昭一

    土耳古行進曲(トルコ行進曲)(作詞・作曲:加藤登紀子、歌:小沢昭一。『小沢昭一全集?唸る、語る、歌う、小沢昭一的こころ』『唄う老謡? へッへのへ 小沢だァ(小沢昭一的こころBOX)』『小沢昭一的こころの歌(オリジナル編)』 - いずれもコロムビアミュージックエンタテインメント - に収録)トルコ行進曲 フレッシュアイペディアより)

  • 木谷恭介

    木谷恭介から見た小沢昭一小沢昭一

    心機一転小沢昭一的こころ 芸術生活社, 1981木谷恭介 フレッシュアイペディアより)

  • この人○○ショー

    この人○○ショーから見た小沢昭一小沢昭一

    7月22日「この人小沢昭一ショー」この人○○ショー フレッシュアイペディアより)

  • 朝日賞

    朝日賞から見た小沢昭一小沢昭一

    谷崎潤一郎 (1948年) - 日本交響楽団 (1951年) - 吉川英治 (1955年) - 梅原龍三郎 (1956年) - 大佛次郎 (1964年) - 棟方志功 (1964年) - 丹下健三 (1964年) - 黒澤明 (1965年) - 杉村春子 (1968年) - 水谷八重子 (1972年) - 市川房枝 (1972年) - 荒畑寒村 (1974年) - 大岡昇平 (1975年) - 新藤兼人 (1975年) - 朝比奈隆 (1978年) - 土門拳 (1978年) - 野上弥生子 (1980年) - 財団法人大原美術館 (1980年) - 石川淳 (1981年) - 司馬遼太郎 (1982年) - 井上靖 (1984年) - 武満徹 (1984年) - 木下順二 (1985年) - 小澤征爾 (1985年) - 磯崎新 (1987年) - 手塚治虫 (1987年) - 森英恵 (1987年) - 朝倉摂 (1988年) - 野間宏 (1988年) - 山口誓子 (1988年) - 松本清張 (1989年) - 森下洋子 (1989年) - 吉田秀和 (1990年) - 三岸節子(1990年) - 三宅一生 (1991年) - 安岡章太郎 (1991年) - 加藤楸邨 (1991年) - 陳舜臣 (1992年) - 加藤周一(1993年) - 藤沢周平 (1993年) - 山田五十鈴 (1993年) - 堀田善衛 (1994年) - 大江健三郎 (1994年) - 安藤忠雄 (1994年) - 谷川俊太郎 (1995年) - 丸木位里、丸木俊 (1995年) - 桂米朝 (1995年) - 大岡信 (1996年) - 山田洋次 (1996年) - 吉田玉男 (1997年) - まどみちお (1997年) - 田中一光 (1998年) - 蜷川幸雄 (1999年) - 井上ひさし (2000年) - 草間彌生 (2000年) - 茂山千作 (2000年) - 宮崎駿 (2001年) - 石牟礼道子 (2001年) - 川久保玲 (2002年) - 城山三郎 (2002年) - 平山郁夫 (2003年) - 丸谷才一 (2003年) - 岩城宏之 (2005年) - 小沢昭一 (2005年) - 林京子 (2005年) - 田辺聖子 (2006年) - 野村万作 (2006年) - 村上春樹 (2006年) - 石井桃子 (2007年) - 竹本住大夫 (2007年) - 澤地久枝 (2008年) - 別役実 (2008年) - 伊東豊雄 (2009年) - 野田秀樹 (2009年) - 池澤夏樹 (2010年) - 横尾忠則 (2011年) - 冨田勲 (2011年) - 唐十郎 (2012年)朝日賞 フレッシュアイペディアより)

  • 毒舌

    毒舌から見た小沢昭一小沢昭一

    小沢昭一は「えぐったあとに笑いがくるのが毒舌。えぐるだけじゃあ駄目」と発言している。毒舌 フレッシュアイペディアより)

  • 洲崎パラダイス赤信号

    洲崎パラダイス赤信号から見た小沢昭一小沢昭一

    『洲崎パラダイス赤信号』(すさきパラダイスあかしんごう)は、1956年の日本映画である。芝木好子原作の『洲崎パラダイス』を映画化したもので、戦後の赤線地帯「洲崎」の末期を描いた作品。川島雄三自身はこの作品をかなり気に入っているようで、キネマ旬報の監督が自作を語る記事で高い評価をつけている。若き日の小沢昭一がそば屋の出前持ちを、芦川いづみがそば屋で働く娘役を演じた。ロケによる当時の様子とともに、飲み屋やそば屋の値段表の金額も値打ちである。主人公蔦江は,以前遊郭で働いていたらしい。ふがいない男と一緒にいて,親戚からお金を頼まれ,その工面のため一度は妾になる。遊郭の入口にある橋のこちら側にある飲み屋を境に,向こう側(プロ)に落ちるかこちら側(かたぎの世界)に踏みとどまるか,そこが観客の関心でもある。洲崎パラダイス赤信号 フレッシュアイペディアより)

146件中 61 - 70件表示