146件中 81 - 90件表示
  • 山本益博

    山本益博から見た小沢昭一小沢昭一

    大学卒業後は、落語界に知己の多い小沢昭一が主宰し、芸能研究雑誌の季刊『藝能東西』を刊行していた「新しい芸能研究室」に入社し、主に落語の評論を行った。朝日新聞夕刊と週刊朝日の演芸評を担当。山本益博 フレッシュアイペディアより)

  • 12月10日

    12月10日から見た小沢昭一小沢昭一

    2012年 - 小沢昭一、俳優(* 1929年)12月10日 フレッシュアイペディアより)

  • 田原 総一朗

    田原総一朗から見た小沢昭一小沢昭一

    出演者には青地晨、赤塚不二夫、阿佐田哲也、飛鳥田一雄、生島治郎、石垣純二、一柳慧、伊丹十三、井上ひさし、宇井純、上田哲、内田裕也、宇都宮徳馬、榎美沙子、小沢昭一、小沢遼子、太田薫、太田竜、大西信行、岡本愛彦、岡本太郎、加藤武、木の実ナナ、紀平てい子、木村武雄、久野収、栗原玲児、黒澤明、黒田征太郎、児玉誉士夫、小中陽太郎、佐々木更三、佐藤允彦、佐藤信、新谷のり子、菅原文太、鈴木志郎康、鈴木武樹、鈴木均、袖井林二郎、田中真理、高橋晄生、竹中労、立花隆、龍村仁、田英夫、中村とうよう、中村敦夫、野坂昭如、ばばこういち、花柳幻舟、原田奈翁雄、深作欣二、藤本義一、真継伸彦、前田武彦、松岡洋子、松田政男、三上寛、美輪明宏、八木正生、矢崎泰久、山藤章二、若松孝二、愛川欽也、渥美清、青島幸男、五木寛之、伊藤一葉、井上清、植草甚一、加藤登紀子、加納典明、梶芽衣子、篠山紀信、土本典昭、内藤国夫、羽仁五郎、不破哲三、深沢七郎、丸山真男、美濃部亮吉らがいた。田原総一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 社長えんま帖

    社長えんま帖から見た小沢昭一小沢昭一

    『社長シリーズ』の第30作。それを記念して、社長秘書役を関口宏、秘書の恋人役を内藤洋子、バイヤー役を藤岡琢也にそれぞれ変更、前作までバイヤー役だった小沢昭一は、新たに営業部長役になる。社長えんま帖 フレッシュアイペディアより)

  • 喜劇 駅前学園

    喜劇 駅前学園から見た小沢昭一小沢昭一

    本作では三木のり平は出演しておらず、代わりに小沢昭一が出演、やがて小沢は『社長シリーズ』にも出演することになる。喜劇 駅前学園 フレッシュアイペディアより)

  • 網野善彦

    網野善彦から見た小沢昭一小沢昭一

    ビデオブック『大系日本歴史と芸能 全14巻』(網野善彦+小沢昭一+服部幸雄+宮田登+大隅和雄+山路興造=編集委員、平凡社+日本ビクター)網野善彦 フレッシュアイペディアより)

  • 旧金毘羅大芝居

    旧金毘羅大芝居から見た小沢昭一小沢昭一

    『大系日本 歴史と芸能 第十巻/都市の祝祭?かぶく民衆』編集委員:網野善彦,小沢昭一,宮田登,大隅和雄,服部幸雄,山路興造 平凡社 1991.7 - ビデオブック。芝居上映中の「旧金毘羅大芝居」の様子を写した映像(NHK特集「再現!こんぴら大芝居」1985年7月19日放送)と、服部幸雄の解説つき。旧金毘羅大芝居 フレッシュアイペディアより)

  • なだいなだ

    なだいなだから見た小沢昭一小沢昭一

    敗戦に伴い、麻布中学に復学。同期にフランキー堺.小沢昭一.加藤武.仲谷昇らがいた。慶應義塾大学医学部卒。同時期の北杜夫とは医局時代からの親交を結ぶ。大学時代にアテネフランセで学びフランス語が堪能で、フランス政府給費留学生制度により留学した。フランス人女性と結婚、日本に帰国し四女をもうける。(夫人は、1970年代にNHKラジオのフランス語入門でゲストを務めたルネ・ラガーシュ。)なだいなだ フレッシュアイペディアより)

  • あいつと私

    あいつと私から見た小沢昭一小沢昭一

    金沢正太(三郎の親友):小沢昭一あいつと私 フレッシュアイペディアより)

  • 印南高一

    印南高一から見た小沢昭一小沢昭一

    1968年(昭和43年)7月、早稲田大学の大隈庭園を舞台として、大隈講堂のベランダや時計塔を使い、「光と音」のページェントによる「光と音の交響詩」と銘打った『ハムレット』を一夜上演・演出。役者は登場せず、声と音を録音しておき、四方に設置した隠しマイクで流し、夏の夜の庭園が光に照らされ、声と効果音が時計塔などから響いた。この試みは斬新であるとして、新聞・雑誌に取り上げられ話題となった。声の出演は北大路欣也(ハムレット役)、坪内ミキ子(オフィーリア役)、小沢昭一(ポローニアス役)、根本嘉也(王役)、加藤道子(王妃役)他。日比谷野外音楽堂にて再演。1963年(昭和38年)のヨーロッパ遊学で訪れたフランスのロワール川で、印南は光と音のページェントを観てきた。ロワール川沿いに点在する古城がライトアップされて城の物語と音楽が展開し、それは光と音の交響詩であった。印南は、それを日本で是非やろうと決めていた。印南高一 フレッシュアイペディアより)

146件中 81 - 90件表示