209件中 11 - 20件表示
  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た生島ヒロシ生島 ヒロシ

    2012年(平成24年)12月10日、前立腺がんのため、東京都内の自宅で死去した。。12月14日に千日谷会堂で行われた本葬では生島ヒロシ、永六輔、乙武洋匡、加藤武、桂米團治、神津善行、黒柳徹子、篠田正浩、春風亭小朝、露木茂、長峰由紀、中村メイコ、野坂昭如、林家正蔵、林家三平、吉行和子ら850人が参列した。戒名は洽昭院澹然一哲居士。世の中に豊富な見識をユーモアと優しさを持って伝えた活眼の士という意味が込められている。尚、式場となった千日谷会堂は生前、死を覚悟した小沢がたまたま車で通りかかった際に「ここだな…」とつぶやき、心に決めた場所だったという。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た谷川俊太郎

    ハーモニカブルース(谷川俊太郎作詞、小沢昭一補作詞/小沢昭一作曲、山本直純補作曲)小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た野坂昭如

    他に野坂昭如、永六輔と「中年御三家」を結成し、1974年(昭和49年)の武道館でのコンサートはビートルズ以来と言われるほど盛況であった(2003年(平成15年)に「帰ってきた中年御三家」コンサートをNHKホールで行ったが、野坂は病気のため不参加)。また晩年期(いわゆる「二代目小沢昭一」の時代)には「老謡」と称し、幼・少・青年期に親しんだ歌を多数歌うようになる。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た山川静夫

    美空ひばり - 熱狂的なファンであった。1970年末の第21回NHK紅白歌合戦では、ひばり応援団長として出演、予定外の長時間ひばり礼賛を続けた。他に、ひるのプレゼントでも同様の事態があった事を司会の山川静夫が書いている。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た長峰由紀

    2012年(平成24年)12月10日、前立腺がんのため、東京都内の自宅で死去した。。12月14日に千日谷会堂で行われた本葬では生島ヒロシ、永六輔、乙武洋匡、加藤武、桂米團治、神津善行、黒柳徹子、篠田正浩、春風亭小朝、露木茂、長峰由紀、中村メイコ、野坂昭如、林家正蔵、林家三平、吉行和子ら850人が参列した。戒名は洽昭院澹然一哲居士。世の中に豊富な見識をユーモアと優しさを持って伝えた活眼の士という意味が込められている。尚、式場となった千日谷会堂は生前、死を覚悟した小沢がたまたま車で通りかかった際に「ここだな…」とつぶやき、心に決めた場所だったという。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た美空ひばり

    美空ひばり - 熱狂的なファンであった。1970年末の第21回NHK紅白歌合戦では、ひばり応援団長として出演、予定外の長時間ひばり礼賛を続けた。他に、ひるのプレゼントでも同様の事態があった事を司会の山川静夫が書いている。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た篠田正浩

    2012年(平成24年)12月10日、前立腺がんのため、東京都内の自宅で死去した。。12月14日に千日谷会堂で行われた本葬では生島ヒロシ、永六輔、乙武洋匡、加藤武、桂米團治、神津善行、黒柳徹子、篠田正浩、春風亭小朝、露木茂、長峰由紀、中村メイコ、野坂昭如、林家正蔵、林家三平、吉行和子ら850人が参列した。戒名は洽昭院澹然一哲居士。世の中に豊富な見識をユーモアと優しさを持って伝えた活眼の士という意味が込められている。尚、式場となった千日谷会堂は生前、死を覚悟した小沢がたまたま車で通りかかった際に「ここだな…」とつぶやき、心に決めた場所だったという。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たソウル・フラワー・ユニオン

    ソウル・フラワー・ユニオン - ヴォーカルの中川敬と「ミュージック・マガジン」誌上で対談している。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た加藤登紀子加藤 登紀子

    土耳古行進曲(トルコ行進曲) 加藤登紀子作詞・作曲小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た入船亭扇橋

    小沢はまた、俳人でもあり「小沢変哲」という俳号を持っている。1969年(昭和44年)に入船亭扇橋を宗匠にして、永六輔、江國滋酔郎らと共に「やなぎ句会」を発足。句集など俳句関連の出版物もある。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

209件中 11 - 20件表示

「小沢昭一」のニューストピックワード