128件中 21 - 30件表示
  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    麻布中学の門をたたく前は、府立一中受験で失敗しているが、口頭試問の控え室で水晶の標本を面白半分で頭にのせて割ってしまったためだと自嘲気味に述べている。同中学時代から、演芸評論家・作家である正岡容の知遇を得て弟子になる。桂米朝、大西信行、加藤武らとは正岡門下の兄弟弟子の関係。さらに、大西信行、加藤武らと演劇部を立ち上げた。また、フランキー堺、仲谷昇とも同級だった。早大在学中にはやはり、大西信行、加藤武らと共に、日本で初めての学校での落語研究会を創設する(名称は「寄席文化研究会」としたかったが、大学に認めてもらえず「庶民文化研究会」とした)。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た日本コロムビア

    『小沢昭一全集?唸る、語る、歌う、小沢昭一的こころ』『唄う老謡? へッへのへ 小沢だァ(小沢昭一的こころBOX)』『小沢昭一的こころの歌(オリジナル編)』 - いずれもコロムビアミュージックエンタテインメント - に収録小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た松竹

    東京府豊多摩郡和田堀町大字和泉(現在の京王線代田橋付近)生まれ。「下谷根岸生まれ」という記述は誤り。父は現在の長野県長野市の出身で、新潟県高田市(現・上越市)で写真屋修行時代に結婚し東京に出てきた。昭一2歳の頃、父親が写真館を始めたため日暮里へ引っ越し、4歳のときに蒲田に移り住む。当時の蒲田は、松竹映画の撮影所があるモダンな街で、また寄席もあり、その独特の雰囲気が小沢の後の活動に影響を与えた。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た江國滋

    小沢はまた、俳人でもあり、「小沢変哲」という俳号を持っている。1969年(昭和44年)に入船亭扇橋を宗匠にして、永六輔、江國滋酔郎らと共に「やなぎ句会」を発足。句集など俳句関連の出版物もある。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た桂米團治 (5代目)桂 米團治

    2012年(平成24年)12月10日、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去。。12月14日に千日谷会堂で行われた本葬では生島ヒロシ、永六輔、乙武洋匡、加藤武、桂米團治、神津善行、黒柳徹子、篠田正浩、春風亭小朝、露木茂、長峰由紀、中村メイコ、野坂昭如、林家正蔵、林家三平、吉行和子ら850人が参列した。戒名は洽昭院澹然一哲居士。世の中に豊富な見識をユーモアと優しさを持って伝えた活眼の士という意味が込められている。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た林家正蔵 (9代目)

    2012年(平成24年)12月10日、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去。。12月14日に千日谷会堂で行われた本葬では生島ヒロシ、永六輔、乙武洋匡、加藤武、桂米團治、神津善行、黒柳徹子、篠田正浩、春風亭小朝、露木茂、長峰由紀、中村メイコ、野坂昭如、林家正蔵、林家三平、吉行和子ら850人が参列した。戒名は洽昭院澹然一哲居士。世の中に豊富な見識をユーモアと優しさを持って伝えた活眼の士という意味が込められている。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たフランキー堺

    麻布中学の門をたたく前は、府立一中受験で失敗しているが、口頭試問の控え室で水晶の標本を面白半分で頭にのせて割ってしまったためだと自嘲気味に述べている。同中学時代から、演芸評論家・作家である正岡容の知遇を得て弟子になる。桂米朝、大西信行、加藤武らとは正岡門下の兄弟弟子の関係。さらに、大西信行、加藤武らと演劇部を立ち上げた。また、フランキー堺、仲谷昇とも同級だった。早大在学中にはやはり、大西信行、加藤武らと共に、日本で初めての学校での落語研究会を創設する(名称は「寄席文化研究会」としたかったが、大学に認めてもらえず「庶民文化研究会」とした)。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たうつみ宮土理うつみ 宮土理

    クイズダービー - 5枠ゲスト解答者として何度も登場しているが、正解率は2割台とあまり高くなかった。又同番組最終回には、出場者側の黄色チームとして、共に2枠レギュラー解答者だったうつみ宮土理と長山藍子と一緒に座り、賞金額50,000円を獲得した。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た中村メイコ中村 メイコ

    2012年(平成24年)12月10日、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去。。12月14日に千日谷会堂で行われた本葬では生島ヒロシ、永六輔、乙武洋匡、加藤武、桂米團治、神津善行、黒柳徹子、篠田正浩、春風亭小朝、露木茂、長峰由紀、中村メイコ、野坂昭如、林家正蔵、林家三平、吉行和子ら850人が参列した。戒名は洽昭院澹然一哲居士。世の中に豊富な見識をユーモアと優しさを持って伝えた活眼の士という意味が込められている。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たTBSラジオ&コミュニケーションズ

    1973年(昭和48年)には、TBSラジオの『小沢昭一の小沢昭一的こころ』が放送開始される。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

128件中 21 - 30件表示