128件中 41 - 50件表示
  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た網野善彦

    大系 日本歴史と芸能―音と映像と文字による(1990年 - 1991年) - ビデオブック全12巻、網野善彦、小沢昭一、宮田登、大隅和雄、服部幸雄、山路興造監修、平凡社小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た露木茂露木 茂

    2012年(平成24年)12月10日、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去。。12月14日に千日谷会堂で行われた本葬では生島ヒロシ、永六輔、乙武洋匡、加藤武、桂米團治、神津善行、黒柳徹子、篠田正浩、春風亭小朝、露木茂、長峰由紀、中村メイコ、野坂昭如、林家正蔵、林家三平、吉行和子ら850人が参列した。戒名は洽昭院澹然一哲居士。世の中に豊富な見識をユーモアと優しさを持って伝えた活眼の士という意味が込められている。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た郡司正勝

    また、1969年(昭和44年)、不惑の年に、それまでの新劇を基点とした活動に限界を感じ、またもともと落語好きだったこともあり、「芸能の原点」を求めて日本の伝統的な芸能に憧れを抱き、著書『私は河原乞食・考』を刊行。また、この年から、早稲田大学演劇科の大学院に特別入学して、郡司正勝教授のもとに5年間通い、芸能史の研究を行った。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た山本直純

    ハーモニカブルース(谷川俊太郎作詞、小沢昭一補作詞/小沢昭一作曲、山本直純補作曲)小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た南博

    芸双書(1981年 - 1982年) - 南博ほかと共著小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た大隅和雄

    大系 日本歴史と芸能―音と映像と文字による(1990年 - 1991年) - ビデオブック全12巻、網野善彦、小沢昭一、宮田登、大隅和雄、服部幸雄、山路興造監修、平凡社小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た矢野誠一

    入船亭扇橋、柳家小三治、江國滋、大西信行、三田純市、桂米朝、永井啓夫、矢野誠一、永六輔、神吉拓郎、小沢昭一、加藤武他小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た乙武洋匡

    2012年(平成24年)12月10日、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去。。12月14日に千日谷会堂で行われた本葬では生島ヒロシ、永六輔、乙武洋匡、加藤武、桂米團治、神津善行、黒柳徹子、篠田正浩、春風亭小朝、露木茂、長峰由紀、中村メイコ、野坂昭如、林家正蔵、林家三平、吉行和子ら850人が参列した。戒名は洽昭院澹然一哲居士。世の中に豊富な見識をユーモアと優しさを持って伝えた活眼の士という意味が込められている。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た神吉拓郎

    入船亭扇橋、柳家小三治、江國滋、大西信行、三田純市、桂米朝、永井啓夫、矢野誠一、永六輔、神吉拓郎、小沢昭一、加藤武他小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た神津善行

    2012年(平成24年)12月10日、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去。。12月14日に千日谷会堂で行われた本葬では生島ヒロシ、永六輔、乙武洋匡、加藤武、桂米團治、神津善行、黒柳徹子、篠田正浩、春風亭小朝、露木茂、長峰由紀、中村メイコ、野坂昭如、林家正蔵、林家三平、吉行和子ら850人が参列した。戒名は洽昭院澹然一哲居士。世の中に豊富な見識をユーモアと優しさを持って伝えた活眼の士という意味が込められている。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示