128件中 61 - 70件表示
  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たクイズダービー

    クイズダービー - 5枠ゲスト解答者として何度も登場しているが、正解率は2割台とあまり高くなかった。又同番組最終回には、出場者側の黄色チームとして、共に2枠レギュラー解答者だったうつみ宮土理と長山藍子と一緒に座り、賞金額50,000円を獲得した。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た毎日映画コンクール

    川島の『愛のお荷物』、『洲崎パラダイス赤信号』、そして『幕末太陽傳』で、脇役ながらその存在感を示した。その後、今村の『エロ事師たちより・人類学入門』で主役を務め、1966年(昭和41年)の「キネマ旬報」主演俳優賞、「毎日映画コンクール」男優主演賞など多数の賞を獲得した。小沢は川島に傾倒しており、日本経済新聞に掲載された『焼け跡派のこころ』(2004年(平成16年)連載)では「川島監督に演技を開眼してもらった」と述べている。なお、プログラム・ピクチャーにも多数出演しているが、怪しい訛り言葉を話す中国人役などが多かった。個性派のバイプレイヤーとして、200本以上の映画に出演している。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たNHK総合

    わたしが子どもだったころ (テレビ番組) - 2008年(平成20年)12月にNHK BShiで放送され、2009年(平成21年)12月にNHK総合で再放送された。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た日本放送協会

    以降、舞台、ラジオ番組、映画、テレビ番組などで芸能活動を行う。1966年(昭和41年)のNHKのラジオドラマ『ゆびぶえ』など優れた作品を残している。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た日活

    映画俳優としては、早稲田の同窓である今村昌平の紹介で、1954年(昭和29年)に映画デビュー。今村が、日活に移籍したのをきっかけに自身も日活と専属契約をした。ここで、小沢の心酔することになる川島雄三と出会う。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た小沢昭一の小沢昭一的こころ

    1973年(昭和48年)には、TBSラジオの『小沢昭一の小沢昭一的こころ』が放送開始される。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た放送大学

    小沢 昭一(おざわ しょういち、本名:小澤 昭一(読み同じ)、1929年(昭和4年)4月6日 - 2012年(平成24年)12月10日)は日本の俳優、タレント、俳人、エッセイスト、芸能研究者、元放送大学客員教授。日本新劇俳優協会会長。俳号は小沢 変哲。劇団「しゃぼん玉座」主宰。見世物学会顧問。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た幕末太陽傳

    川島の『愛のお荷物』、『洲崎パラダイス赤信号』、そして『幕末太陽傳』で、脇役ながらその存在感を示した。その後、今村の『エロ事師たちより・人類学入門』で主役を務め、1966年(昭和41年)の「キネマ旬報」主演俳優賞、「毎日映画コンクール」男優主演賞など多数の賞を獲得した。小沢は川島に傾倒しており、日本経済新聞に掲載された『焼け跡派のこころ』(2004年(平成16年)連載)では「川島監督に演技を開眼してもらった」と述べている。なお、プログラム・ピクチャーにも多数出演しているが、怪しい訛り言葉を話す中国人役などが多かった。個性派のバイプレイヤーとして、200本以上の映画に出演している。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た同性愛

    門付 - 萬歳 - 的屋 - 大道芸 - 見世物小屋 - 浪曲 - 節談説教 - ストリップ - 赤線・ソープランド - 同性愛 - いずれも小沢の研究対象であった。その多くは「日本の放浪芸」で結実する。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た上越市

    東京府豊多摩郡和田堀町大字和泉(現在の京王線代田橋付近)生まれ。「下谷根岸生まれ」という記述は誤り。父は現在の長野県長野市の出身で、新潟県高田市(現・上越市)で写真屋修行時代に結婚し東京に出てきた。昭一2歳の頃、父親が写真館を始めたため日暮里へ引っ越し、4歳のときに蒲田に移り住む。当時の蒲田は、松竹映画の撮影所があるモダンな街で、また寄席もあり、その独特の雰囲気が小沢の後の活動に影響を与えた。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

128件中 61 - 70件表示