128件中 71 - 80件表示
  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た代田橋駅

    東京府豊多摩郡和田堀町大字和泉(現在の京王線代田橋付近)生まれ。「下谷根岸生まれ」という記述は誤り。父は現在の長野県長野市の出身で、新潟県高田市(現・上越市)で写真屋修行時代に結婚し東京に出てきた。昭一2歳の頃、父親が写真館を始めたため日暮里へ引っ越し、4歳のときに蒲田に移り住む。当時の蒲田は、松竹映画の撮影所があるモダンな街で、また寄席もあり、その独特の雰囲気が小沢の後の活動に影響を与えた。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た芸術選奨新人賞

    その流れで、放浪芸の収集、発掘に深い関心を寄せ、記録、保存、著述を行うようになる。1971年(昭和46年)には全国を廻って収集した音源を元に制作したレコード『日本の放浪芸』LP7枚組を発売し、1971年度の第13回日本レコード大賞企画賞を受賞。続編の『又・日本の放浪芸』は、1974年度の芸術選奨新人賞を受賞。以降も、次々と続編を制作する。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た豊多摩郡

    東京府豊多摩郡和田堀町大字和泉(現在の京王線代田橋付近)生まれ。「下谷根岸生まれ」という記述は誤り。父は現在の長野県長野市の出身で、新潟県高田市(現・上越市)で写真屋修行時代に結婚し東京に出てきた。昭一2歳の頃、父親が写真館を始めたため日暮里へ引っ越し、4歳のときに蒲田に移り住む。当時の蒲田は、松竹映画の撮影所があるモダンな街で、また寄席もあり、その独特の雰囲気が小沢の後の活動に影響を与えた。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た東京府

    東京府豊多摩郡和田堀町大字和泉(現在の京王線代田橋付近)生まれ。「下谷根岸生まれ」という記述は誤り。父は現在の長野県長野市の出身で、新潟県高田市(現・上越市)で写真屋修行時代に結婚し東京に出てきた。昭一2歳の頃、父親が写真館を始めたため日暮里へ引っ越し、4歳のときに蒲田に移り住む。当時の蒲田は、松竹映画の撮影所があるモダンな街で、また寄席もあり、その独特の雰囲気が小沢の後の活動に影響を与えた。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たザ・ベストテン

    ザ・ベストテン』にゲスト出演したときに熱唱。もともと戦後40年の節目で、という出演だったが、折りしも日航ジャンボ機墜落事故直後で、放送時点ではまだ安否が定かではなかった坂本九について触れながらの歌唱だったこともあり、出演者の多くが感極まって涙目になっていた。殊に坂本とは公私ともに仲の良かった司会の黒柳徹子は、号泣しそうになるのを堪えつつその後の番組を進行した。なお、この曲は小沢の葬儀・告別式の出棺の際にも流された。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たパパ行ってらっしゃい

    パパ行ってらっしゃい(ラジオ東京=TBSラジオ)小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たテレビ番組

    以降、舞台、ラジオ番組、映画、テレビ番組などで芸能活動を行う。1966年(昭和41年)のNHKのラジオドラマ『ゆびぶえ』など優れた作品を残している。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たラジオ番組

    以降、舞台、ラジオ番組、映画、テレビ番組などで芸能活動を行う。1966年(昭和41年)のNHKのラジオドラマ『ゆびぶえ』など優れた作品を残している。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見たラジオドラマ

    以降、舞台、ラジオ番組、映画、テレビ番組などで芸能活動を行う。1966年(昭和41年)のNHKのラジオドラマ『ゆびぶえ』など優れた作品を残している。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た麻布中学校・高等学校

    旧制麻布中学を経て、海軍兵学校第78期生として1945年(昭和20年)4月に入校(第703分隊)するが、終戦のために退校。早稲田大学文学部仏文科卒。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

128件中 71 - 80件表示