128件中 81 - 90件表示
  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た萬歳

    門付 - 萬歳 - 的屋 - 大道芸 - 見世物小屋 - 浪曲 - 節談説教 - ストリップ - 赤線・ソープランド - 同性愛 - いずれも小沢の研究対象であった。その多くは「日本の放浪芸」で結実する。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た俳優座

    1949年(昭和24年)、大学在学中に俳優座付属俳優養成所の二期生となり、千田是也に師事する。卒業後、俳優座公演で初舞台を踏む。1960年(昭和35年)には演出家の早野寿郎と「劇団俳優小劇場」を結成。1966年(昭和41年)に新劇寄席『とら』で芸術祭奨励賞を受賞した(俳優小劇場はのち、1971年(昭和46年)に解散)。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た旭日小綬章

    1994年(平成6年)に紫綬褒章、1999年(平成11年)に坪内逍遥大賞、2001年(平成13年)に勲四等旭日小綬章及び徳川夢声市民賞、2003年(平成15年)に東京都功労者。2004年(平成16年)に早稲田大学芸術功労者。2005年(平成17年)に朝日賞。元放送大学客員教授。2008年(平成20年)したまちコメディ映画祭in台東において、『第1回コメディ栄誉賞』を受賞。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た紫綬褒章

    1994年(平成6年)に紫綬褒章、1999年(平成11年)に坪内逍遥大賞、2001年(平成13年)に勲四等旭日小綬章及び徳川夢声市民賞、2003年(平成15年)に東京都功労者。2004年(平成16年)に早稲田大学芸術功労者。2005年(平成17年)に朝日賞。元放送大学客員教授。2008年(平成20年)したまちコメディ映画祭in台東において、『第1回コメディ栄誉賞』を受賞。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た博物館明治村

    父が修業した新潟の写真館の建物が収蔵されていることから、博物館明治村の村長も務め、また日本新劇俳優協会会長を務めた。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た海軍兵学校 (日本)

    旧制麻布中学を経て、海軍兵学校第78期生として1945年(昭和20年)4月に入校(第703分隊)するが、終戦のために退校。早稲田大学文学部仏文科卒。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た都々逸

    『小沢昭一の小沢昭一的こころ』20周年記念放送の3週間・15回分をそのままCD化したもの。「シロクロ歌合戦」「新春かくさず芸大会」「正月気分は反戦気分」の3部からなり、小沢が往年の流行歌、都々逸、軍歌などをアカペラで歌いまくる。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た九条の会

    九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人、「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めていた。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た日本武道館

    他に野坂昭如、永六輔と「中年御三家」を結成し、1974年(昭和49年)の武道館でのコンサートはビートルズ以来と言われるほど盛況であった(2003年(平成15年)に「帰ってきた中年御三家」コンサートをNHKホールで行ったが、野坂は病気のため不参加)。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た京王線

    東京府豊多摩郡和田堀町大字和泉(現在の京王線代田橋付近)生まれ。「下谷根岸生まれ」という記述は誤り。父は現在の長野県長野市の出身で、新潟県高田市(現・上越市)で写真屋修行時代に結婚し東京に出てきた。昭一2歳の頃、父親が写真館を始めたため日暮里へ引っ越し、4歳のときに蒲田に移り住む。当時の蒲田は、松竹映画の撮影所があるモダンな街で、また寄席もあり、その独特の雰囲気が小沢の後の活動に影響を与えた。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

128件中 81 - 90件表示