前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
973件中 1 - 10件表示
  • 平成

    平成から見た小泉純一郎小泉純一郎

    平成期に在任していた内閣総理大臣は、竹下登・宇野宗佑・海部俊樹・宮澤喜一・細川護熙・羽田孜・村山富市・橋本龍太郎・小渕恵三・森喜朗・小泉純一郎・安倍晋三・福田康夫・麻生太郎・鳩山由紀夫・菅直人・野田佳彦の17人である。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た小泉純一郎小泉純一郎

    衆議院議員、文部大臣(第105代)、通商産業大臣(第56代)、建設大臣(第62代)、自由民主党総裁(第19代)、内閣総理大臣(第85代・第86代)などを歴任した。退任後は政府特使などとして議員外交の先頭に立って活動した。自民党内では一貫して岸信介の流れを汲む福田派の後継であり、自身が会長職に在った際は同じ派閥の小泉純一郎、安倍晋三などを支え、退任後も福田康夫、麻生太郎(福田派ではないが当時協力体制にあった)などを支援した。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た小泉純一郎小泉純一郎

    父は第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎、兄は俳優・タレントの小泉孝太郎。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊イラク派遣

    自衛隊イラク派遣から見た小泉純一郎小泉純一郎

    10月7日 米政府調査団の「大量破壊兵器は発見できなかった」という前日の報告書提出を受け、小泉首相は「国連決議にのっとり日本は(米国を)支持した。イラクが決議に従えば戦争は起こらなかった」と記者会見で発言。自衛隊イラク派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 中川秀直

    中川秀直から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2002年10月 - 小泉純一郎総裁の下、自民党国会対策委員長に就任。小泉首相の信任も厚く側近中の側近として知られる。その政治手腕を買われて異例の長期留任となり、2005年7月に国対委員長連続在職期間最長記録を更新。在任1127日(通算2位。通算1位は大島理森)中川秀直 フレッシュアイペディアより)

  • 総理大臣公邸

    総理大臣公邸から見た小泉純一郎小泉純一郎

    改修工事は2005年(平成17年)4月に終了、小泉純一郎政権発足4周年の4月26日を記念して新公邸への引っ越しが行われた。総理大臣公邸 フレッシュアイペディアより)

  • 武部勤

    武部勤から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2000年、第2次森内閣不信任決議案に加藤紘一、山崎拓らが賛成票を投じる動き(所謂加藤の乱)が表面化した際、加藤や山崎の動向を率先して党内に触れ回り、造反の動きを出鼻からくじいた森派会長の小泉純一郎を、加藤派・山崎派の造反議員の中でも取り分け痛烈に非難し、この頃は反小泉の急先鋒であった。結局、野中広務や古賀誠らが党内の引き締めを図り、加藤らの造反劇は失敗に終わる。2001年自由民主党総裁選挙においても、山崎派の中では派閥を挙げての小泉純一郎支持の動きに最後まで反対したものの、結局派閥会長であり、小泉の盟友でもあった山崎の意向を汲み、小泉に投票した。第1次小泉内閣で農林水産大臣に就任し、初当選から15年目で初入閣を果たす。武部勤 フレッシュアイペディアより)

  • 第14循環

    第14循環から見た小泉純一郎小泉純一郎

    小泉純一郎政権が、従来の「低効率企業の淘汰」という構造改革路線(骨太の方針)を転換したことも主因である。当初掲げた国債発行30兆円枠にこだわらず、また、大手銀行への公的資金注入は、企業への貸し出しを増やし、景気を上向かせた。結果、バブル崩壊後、日本経済を悩ませていた不良債権問題が解消していくこととなった。併せて、景気好転によりバブル崩壊後積まれていた多額の貸倒引当金を取り崩すことができたため、銀行は過去最高益を計上するに至った。第14循環 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政民営化

    郵政民営化から見た小泉純一郎小泉純一郎

    1999年5月、与野党ともに「郵政民営化」がタブー視されていた当時、超党派の国会議員で構成される「郵政民営化研究会」が立ち上げられた。会長を小泉純一郎が、事務局長を松沢成文がそれぞれ務め、メンバーには中田宏、前原誠司、堂本暁子、上田清司らの名前があった。この研究会では、郵政民営化の実施計画として、郵政持株会社の傘下に郵便会社、地域別の郵貯銀行、地域別の簡保会社をそれぞれ設ける案を提示していた。郵政民営化 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見た小泉純一郎小泉純一郎

    1998年(平成10年)の地下核実験から2005年(平成17年)4月まで援助を停止していた。しかし、自衛隊イラク派遣などで、安全保障の観点から中東への影響力が強いパキスタンの協力が必要と感じた日本政府は、当時の小泉純一郎首相が訪問したのを機に有償資金援助を再開した。日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
973件中 1 - 10件表示

「小泉純一郎」のニューストピックワード