973件中 91 - 100件表示
  • 嫌韓

    嫌韓から見た小泉純一郎小泉純一郎

    金泳三・金大中・盧武鉉大統領の靖国神社参拝の中止を小泉純一郎首相が無視したことにより日韓関係が悪化していたことに対しては触れていない。また親日の台湾人でさえも靖国神社には参拝は少ない。日本統治時代の親日派の子孫の財産を没収する親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法や日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法の制定したのは小泉の退任後である。実際に特攻隊のような旧日本軍の非情さを目撃した影響で、保守派とされる渡邉恒雄は靖国神社参拝に反対しており、同じく保守派の石原慎太郎もA級戦犯の靖国合祀に関しては異議を唱えている。そこで祭られている東条英機は「生きて虜囚の辱めを受けず」という「戦陣訓」を唱えた。もし終戦が遅れていたら、訓練期間中に終戦して命拾いした朝鮮人兵士も特攻隊にされていた可能性もある。欧米諸国にも「日本がアジアで孤立化する」との批評があり、靖国神社を参拝した台湾の李登輝総統は台湾独立派である。一方故・小渕首相は韓国の木浦共生園に梅20本贈るなど、韓国に対する配慮を重視している。嫌韓 フレッシュアイペディアより)

  • 滑川市

    滑川市から見た小泉純一郎小泉純一郎

    小泉又次郎(政治家) - 又次郎の妾だった石川ハツ(滑川出身)が又次郎の一人娘芳江(小泉純一郎元首相の母)を産んだ。滑川市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の軍事

    日本の軍事から見た小泉純一郎小泉純一郎

    小泉政権は米国から強化要請があったMD(ミサイル防衛)導入予算や、『思いやり予算』維持拡大、米軍基地移転費捻出を防衛予算増額ではなく、正面装備の削減で賄ったという説が流布されているが、それは事実ではない。日本の軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 青木幹雄

    青木幹雄から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2003年、党総裁選挙では現職の小泉純一郎を支持。自ら小泉の推薦人に名を連ねて、参院橋本派をまとめて同派幹部で反小泉の野中と激しく対立した。青木幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 野口英世アフリカ賞

    野口英世アフリカ賞から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2006年5月2日にガーナ共和国の首都、アクラで行われた小泉純一郎総理大臣とクフォー大統領との会談において小泉総理が賞の創設を提案、2006年7月25日のコナレ・アフリカ連合(AU)委員長の来日時に小泉総理が賞の創設を正式発表。野口英世アフリカ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年

    2006年から見た小泉純一郎小泉純一郎

    6月25日 - 日本の小泉純一郎内閣総理大臣がカナダ、アメリカ合衆国歴訪に出発。日加、日米首脳会談が行われる。2006年 フレッシュアイペディアより)

  • 野中広務

    野中広務から見た小泉純一郎小泉純一郎

    1997年、小泉純一郎厚生大臣が厚生省幹部と参議院厚生委員会理事と食事をした際に、村上正邦参議院自民党幹事長が、事前通告もなく参議院理事を動かし参議院スケジュール管理に支障を来たしたとして、参議院厚生委員長に対して議事権発動を促し、同委員会への厚生省幹部の出席差し止めにすることで小泉厚相に反発した。このことについて、野中は党執行部として加藤紘一幹事長を補佐する形でこの事態を打開するために村上を参議院幹事長から更迭しようとするが、村上は参議院の独自性を盾に抵抗。最終的に党執行部が折れて小泉を村上に謝罪させる提案を行ったが、野中は村上について「あなたは実質的に参議院を支配しようとしている。天下をとるつもりか」と述べたとされる。野中広務 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦 亜弥

    松浦亜弥から見た小泉純一郎小泉純一郎

    9月25日、愛・地球博の閉会式に出席。皇太子徳仁親王、小泉純一郎首相、中川昭一経産相、豊田章一郎万博協会会長をはじめ内外の要人が列席する中、閉会式イメージソング「Friend Love Believing〜EXPO2005」を歌う。10月19日、安倍なつみ、後藤真希、石川梨華とともに「DEF.DIVA」(デフ.ディヴァ)を結成。11月、日本郵政公社のゆうパックCMキャラクターに抜擢。全国の郵便局に等身大の縦看板を設置。郵便貯金のCMキャラクターを務めていた牧瀬里穂以来約13年ぶり。ステージ衣装(楽曲を歌うときのもの)をイメージしたコスチューム。松浦亜弥 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本龍太郎

    橋本龍太郎から見た小泉純一郎小泉純一郎

    初当選以来自由民主党に所属し、衆議院議員を14期にわたって務める。また第1次大平内閣で厚生大臣に就任し、昭和2ケタ生まれで初めて入閣を果たしたのを皮切りに運輸大臣、大蔵大臣等を歴任し、所謂ニューリーダーの後をになう総裁候補に目されるようになった。1994年に発足した、自社さ連立政権の村山内閣では通商産業大臣を務め、自由民主党総裁就任に伴って副総理を兼務、1996年の村山富市首相退陣に伴い、内閣総理大臣に就任する。在任中は住専問題や行財政改革に取り組み、外交面ではビル・クリントンアメリカ合衆国大統領やボリス・エリツィンロシア連邦大統領と親交を深める。第18回参議院議員通常選挙での自民党惨敗を受け引責辞任した後も、同期当選の小渕恵三首相の下で外交特別顧問に就任し、その後も森内閣で沖縄開発庁長官や規制改革担当大臣、沖縄及び北方対策担当大臣を歴任。2001年自由民主党総裁選挙に再起を期して出馬するが、小泉純一郎に敗れる。2005年に政界を引退し、翌2006年に死去。橋本龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田克也

    岡田克也から見た小泉純一郎小泉純一郎

    靖国参拝問題について2005年(平成17年)6月2日の衆議院予算委員会で小泉純一郎首相に対して、A級戦犯を昭和の受難者だと位置づけて合祀している靖国神社には参拝すべきでないと述べた。また参拝に関する小泉の姿勢が、日本の国連常任理事国入りや北朝鮮をめぐる六カ国協議などに大きな影響力を持つ中国との関係をぎくしゃくさせている原因の一つであると指摘。小泉にはアジア各国に対して信念を説明して理解を得る責任があり、それができないのなら辞任すべきだと述べた。岡田克也 フレッシュアイペディアより)

973件中 91 - 100件表示

「小泉純一郎」のニューストピックワード

  • ISKAインターコンチネンタルライトミドル級王者

  • テーマパーク運営会社アーデント・レジャー・グループ

  • フィリピンフィリピン自動車工業会