1041件中 31 - 40件表示
  • 泰道照山

    泰道照山から見た小泉純一郎小泉純一郎

    孫宮本佳代子は元政治家小泉純一郎(元総理大臣)の元妻。俳優の小泉孝太郎や政治家小泉進次郎は泰道の曾孫にあたる。泰道照山 フレッシュアイペディアより)

  • ANoRA

    ANoRAから見た小泉純一郎小泉純一郎

    ウズベキスタンでは上位チャートにいる歌手で、2006年自ら日本語で作詞した「そばにいて」で日本先行デビュー。日本語の曲を歌う事から日本大使の前や元小泉首相の前で歌ったこともある。ANoRA フレッシュアイペディアより)

  • 選挙 (映画)

    選挙 (映画)から見た小泉純一郎小泉純一郎

    コイン・切手収集の趣味から、切手・コイン商を始める。知人の勧めと、小泉純一郎首相(当時)の大ファンだったこともあり、自民党川崎市議候補の公募に応募し、当選した(ただし、公募という形式を取っているが、補欠選挙の候補者が立候補をドタキャンしたため、山際の知り合いで定職を持たず学歴もそこそこのちょうど良い人物として白羽の矢が立ったことがきっかけ。つまり都合が良かった)。選挙 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 大藤 (菓子)

    大藤 (菓子)から見た小泉純一郎小泉純一郎

    大藤が政治家を扱った最初の菓子は、2001年に発売された「ガンバレ純ちゃんの好景気まんじゅう」である。2007年に発売された「晋ちゃんまんじゅう」は同社史上最高の55万個を売り上げた。大藤 (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2001年に小泉純一郎首相が就任して以降、小泉首相の靖国神社参拝で中国との関係は悪化し、日中両国の首脳会談は中国により一方的に拒否されていた。これにより中国国内では反日感情が高まり、小泉首相への抗議がおこなわれた。「参拝中止という中国側のたび重なる要請を聞き入れず、過去を反省しない日本」という印象が中国内で広がっていた。2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • 山中貞則

    山中貞則から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2001年に小泉純一郎が「聖域なき構造改革」を掲げて総理大臣に就任すると、道路特定財源など税制のあり方も改革の俎上に上がった。小泉は税制について山中の事務所をたびたび訪れ協力を要請、総理も無視できない税制分野における山中の権勢に注目が集まった。山中は報道陣に対し、「税のことは50年しかやっていないのでよくわかりません」と煙に巻いた。山中貞則 フレッシュアイペディアより)

  • 野口英世アフリカ賞

    野口英世アフリカ賞から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2006年5月2日にガーナ共和国の首都、アクラで行われた小泉純一郎総理大臣とクフォー大統領との会談において小泉総理が賞の創設を提案、2006年7月25日のコナレ・アフリカ連合(AU)委員長の来日時に小泉総理が賞の創設を正式発表。野口英世アフリカ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 上海総領事館員自殺事件

    上海総領事館員自殺事件から見た小泉純一郎小泉純一郎

    遺書により自殺の経緯を知った外務省は、これが領事関係に関するウィーン条約(外交官の権利等について定めた国際条約)に違反すると考え、中華人民共和国に対して、2度に渡り口頭で抗議および真相の究明を要求した。しかし事件の公表は行わず、内閣総理大臣小泉純一郎にも報告はされなかった。後に外務省は遺族への配慮および、情報に関わる問題については表に出さないことが原則である為に公表を差し控えた、とコメントしている。上海総領事館員自殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年自由民主党総裁選挙

    2008年自由民主党総裁選挙から見た小泉純一郎小泉純一郎

    特に最大派閥の町村派は、自派出身の首相が4代続いている上に、2代連続の「政権投げ出し」との批判を受けたこともあり、森喜朗を中心に自派閥の総裁候補の支援の自粛を呼びかける動きもあった。他方で、中川秀直らはこれに反発し、自派閥の候補である小池を支援する動きを見せた。元首相の小泉純一郎も小池を支持する旨表明したのに対し、派閥領袖の町村信孝や元首相の安倍晋三は、麻生支持に回った。2008年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 森田実

    森田実から見た小泉純一郎小泉純一郎

    政治評論家として独立以来、ほぼ一貫して保守本流である自由民主党宏池会(旧宮沢派)を支持し、その「経済重視、平和外交」路線を支持してきたが、2003年前後の自由民主党や宏池会の分裂後は、自民党内でもそれまで親しくなかった亀井系を支持するなど方針転換するに至った。かつて、宮澤政権誕生前夜には、金丸信の暗躍を正面から批判する数少ない評論家として活躍し、当時、三塚派成立の際に中堅として尽力した小泉純一郎についても、「正直で信頼できる人間」「竹下派支配に立ち向かう信念ある政治家」「21世紀初頭の総理候補」と激賞している。宮澤支持や小泉への好意と、金丸・小沢一郎による「闇支配」批判の明確な姿勢は、当時の森田の著作(徳間書店『政変』など)でも明白である。森田実 フレッシュアイペディアより)

1041件中 31 - 40件表示

「小泉純一郎」のニューストピックワード