973件中 41 - 50件表示
  • 聖域なき構造改革

    聖域なき構造改革から見た小泉純一郎小泉純一郎

    特殊法人と特別会計をさして、今まで改革を行うことの出来なかった分野として聖域と言われることが多い。政府、自民党が用いた例としては以下の2例を記す。主として、小泉純一郎元首相が所属していた清和政策研究会と対立関係にある旧経世会の権益に属する分野のことをさす。聖域なき構造改革 フレッシュアイペディアより)

  • 山藤章二

    山藤章二から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2002年の日米首脳会談で山藤の描いた「流鏑馬」のイラストが、小泉総理によって米ブッシュ大統領に手渡されている。山藤章二 フレッシュアイペディアより)

  • クール・ビズ

    クール・ビズから見た小泉純一郎小泉純一郎

    このキャンペーンは2005年に始まったものであり、第1次小泉内閣第2次改造内閣にて環境大臣に就任した小池百合子が内閣総理大臣の小泉純一郎から、「夏場の軽装による冷房の節約」をキャッチフレーズにしたらどうかとアドバイスされた。それ以降、環境省が音頭をとり、ネクタイや上着をなるべく着用せず(いわゆる「ノーネクタイ・ノージャケット」キャンペーン)、夏季に摂氏28度以上の室温に対応できる軽装の服装を着用するように呼びかけた。「クール・ビズ」(COOL BIZ)という表現は、「涼しい」や「格好いい」という意味のクール(英語:cool)と、仕事や職業の意味を表すビジネス(英語:business)の短縮形ビズ(BIZ)を併せた、グンゼが提案した造語である。2005年4月に行われた環境省の公募によって選ばれた。クール・ビズ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2001年に小泉純一郎首相が就任して以降、小泉の靖国神社参拝で中国との関係は悪化し、日中両国の首脳会談は中国により一方的に拒否されていた。これにより中国国内では反日感情が高まり、小泉への抗議がおこなわれた。「参拝中止という中国側のたび重なる要請を聞き入れず、過去を反省しない日本」という印象が中国内で広がっていた。2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本

    2005年の日本から見た小泉純一郎小泉純一郎

    9月21日 - 第163回特別国会召集。衆参両院で首相指名選挙が行われ、小泉純一郎自民党総裁が第89代内閣総理大臣に指名される。同日第3次小泉内閣が発足。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ショウショウ

    ショウショウから見た小泉純一郎小泉純一郎

    小泉純一郎のモノマネは松村邦洋が得意とする芸だが、ショウショウは小泉純一郎が単なる代議士の時代からモノマネの芸にしていた。ショウショウ フレッシュアイペディアより)

  • 森田実

    森田実から見た小泉純一郎小泉純一郎

    政治評論家として独立以来、ほぼ一貫して保守本流である宏池会(旧宮沢派)を支持し、その「経済重視、平和外交」路線を支持して来たが、2003年前後の自由民主党や宏池会の分裂を経て、その後は自民党内でもそれまで親しくなかった亀井系を支持するなど方針転換するに至った。かつては宮澤政権誕生前夜には、金丸信の暗躍を正面から批判する数少ない評論家として活躍し、当時、三塚派成立の際に中堅として尽力した小泉純一郎についても、「正直で信頼できる人間」「竹下派支配に立ち向かう信念ある政治家」「21世紀初頭の総理候補」と激賞している。宮澤支持や小泉への好意と、金丸・小沢の闇支配批判の明確な姿勢は、当時の森田の著作(「政変」徳間書店 等)にも明白である。森田実 フレッシュアイペディアより)

  • 経済財政諮問会議

    経済財政諮問会議から見た小泉純一郎小泉純一郎

    経済財政諮問会議は、従来の大蔵省主計局を主とした予算編成過程を、官邸主導型に転換する働きをしてきた。特に小泉純一郎は、諮問会議を最も重要な政策会議と位置づけ、「骨太の方針」を打ち出すことによって与野党の”抵抗勢力”を退け官邸主導の予算編成に活用した。経済財政諮問会議 フレッシュアイペディアより)

  • 中西輝政

    中西輝政から見た小泉純一郎小泉純一郎

    時事評論では小泉純一郎政権を成立当初は評価していたものの、その政治手法が大衆迎合的であり、実施した政策(構造改革、北朝鮮政策など)もまた支持できないものであるとして、批判を強めていった。そして小泉に代わり、より保守的な政治を推進する「保守革命」「保守新党」の必要を訴え、その中で石原慎太郎、安倍晋三らを高く評価することとなる(「政治との関わり」の項も参照)。中西輝政 フレッシュアイペディアより)

  • 島村宜伸

    島村宜伸から見た小泉純一郎小泉純一郎

    農林水産大臣在任中の2005年8月、衆議院解散(郵政解散)に反対し辞表を提出するが、小泉純一郎首相に受理されず罷免された。閣僚罷免は1986年の藤尾正行文部大臣以来19年ぶり4例目。後任の農水相は小泉の一時兼務の後、8月11日に副大臣だった岩永峯一が任命された。そのため郵政造反組復党問題には復党賛成の立場で、復党を決定した安倍晋三首相を擁護した。島村は亀井静香ら郵政造反組に同情的で、国民新党のパーティーにも出席している。郵政解散の直後、同じように公認を外された小林興起を東京都連で擁護していたのは、島村ただ一人であった。一方で、その政治手法を批判しながらも小泉純一郎元首相に対しては「話せばわかる人。農水相時代に、ああしろこうしろと横槍は一切入れず自由にやらせてくれた。むしろ問題なのは刺客擁立を可能にする小選挙区制だ」との認識を示している。島村宜伸 フレッシュアイペディアより)

973件中 41 - 50件表示

「小泉純一郎」のニューストピックワード