1041件中 41 - 50件表示
  • 菅内閣の政策

    菅内閣の政策から見た小泉純一郎小泉純一郎

    鳩山政権時、亀井静香は「15兆円や20兆円はすぐに出る」、原口一博は日本テレビ系の討論番組「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」で「80兆円出る」という発言をしていたが、実際にはそのような埋蔵金はなかった。政界を引退した小泉純一郎は歳出膨張について「1年ぐらいは自民党のせいにできるが、そろそろできなくなる」と指摘している。菅内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党副総裁

    自由民主党副総裁から見た小泉純一郎小泉純一郎

    大平正芳が総裁となって以降、副総裁の人選は総裁選の当落を左右する為に最大派閥(田中派→竹下派→小渕派)から選出される様になった。小泉純一郎が総裁となってからは派閥の弱体化もあり、再び中間派閥の領袖・幹部が起用される例が続いている。自由民主党副総裁 フレッシュアイペディアより)

  • 山藤章二

    山藤章二から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2002年の日米首脳会談で山藤の描いた「流鏑馬」のイラストが、小泉総理によって米ブッシュ大統領に手渡されている。山藤章二 フレッシュアイペディアより)

  • 日本医師会

    日本医師会から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2006年、前年の第44回衆議院議員総選挙で郵政民営化反対派を支援して当時の内閣総理大臣(自由民主党総裁)小泉純一郎らから「抵抗勢力」と見なされた会長植松治雄が、政府与党との関係修復を強調した東京都医師会長唐澤祥人に敗れ、一期のみで退陣した。日本医師会 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属の会

    無所属の会から見た小泉純一郎小泉純一郎

    日本新党→新進党。衆議院内では民主党と統一会派を組んだ(民主党・無所属クラブ)。しかし、2001年の首班指名選挙で自民党の小泉純一郎に投票したため、菅直人(当時民主党幹事長)により会派から除名される。2002年、横浜市長に転出。市長就任後も無所属の会解党まで同党所属を続けていた。無所属の会 フレッシュアイペディアより)

  • 女性のためのアジア平和国民基金

    女性のためのアジア平和国民基金から見た小泉純一郎小泉純一郎

    自社さ連立政権の村山内閣成立後の1995年7月に発足し、同年12月に総理府と外務省の共管法人として設立許可。『「慰安婦」問題調査報告・1999』や、慰安婦関係政府公文書を集積した資料集を出版。また、大韓民国・台湾・フィリピン等の元慰安婦だという女性に、日本国民から集めた「償い金」をこの時の総理小泉純一郎の手紙と共に届けた。事務局運営費が政府負担で、「償い金」を国民から集めるという方式をとらざるを得なかったのは、女性のためのアジア平和国民基金 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一宅放火事件

    加藤紘一宅放火事件から見た小泉純一郎小泉純一郎

    犯行の動機について「加藤が小泉純一郎首相の靖国神社参拝に批判的な発言をしていたことに抗議を示したかった」とされた。犯行日は、内閣総理大臣小泉純一郎が靖国神社を参拝した日であった(小泉は内閣総理大臣就任以前から、8月15日の靖国神社参拝を公言していた)。加藤紘一宅放火事件 フレッシュアイペディアより)

  • 塩川正十郎

    塩川正十郎から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2001年自由民主党総裁選挙で森派の後輩・小泉純一郎の選対本部長を務める。その後成立した第1次小泉内閣で財務大臣に就任した。財務大臣に80歳になろうとする人物が就いたことは、サプライズ人事の一つとされた。金融実務や党税調会長の経験を生かし、小泉構造改革の旗振り役を務めた。第1次小泉第1次改造内閣でも留任し第1次小泉第1次改造内閣発足時に退任し第43回衆議院議員総選挙不出馬で引退。塩川正十郎 フレッシュアイペディアより)

  • 寛仁親王

    寛仁親王から見た小泉純一郎小泉純一郎

    また、2006年(平成18年)1月3日付の毎日新聞、雑誌『文藝春秋』2006年(平成18年)2月号のインタビューでも同様の見解を表明している。殊に後者では、小泉純一郎首相や有識者会議が女系天皇容認の方針なのは今上天皇の内意を受けてのことではないのかという噂について、「ご本人に直接確認してはいないが、あの慎み深い天皇様が女系天皇や長子優先継承に賛成なさるはずはない。噂は事実無根の臆測だろう」と天皇の真意を忖度した。寛仁親王 フレッシュアイペディアより)

  • 南京事件論争史

    南京事件論争史から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2000年代の日中政府の動向としては、2001年4月28日、中華人民共和国国防教育法が成立。8月、小泉純一郎首相が靖国神社を参拝し、中国が反発。9月18日には九・一八博物館がリニューアルオープンし、この年には中国各地で抗日戦争催事が開催。10月8日、小泉純一郎首相は抗日戦争記念館を訪れ「改めて戦争の悲惨さを痛感しました。侵略によって犠牲になった中国の人々に対し心からのお詫びと哀悼の気持ちをもって」展示をみたと述べた。2005年の日中外相会談に際し、小泉政権の町村信孝外務大臣が日中歴史共同研究を提案し、2006年の日中首脳会談で歴史共同研究を行うことが決まり、共同研究が実施された。2010年1月に報告書が発表された。南京事件論争史 フレッシュアイペディアより)

1041件中 41 - 50件表示

「小泉純一郎」のニューストピックワード