1041件中 71 - 80件表示
  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た小泉純一郎小泉純一郎

    続く優勝決定戦は誰もが武蔵丸の勝利を確信せざるを得なかったが、大方の予想を覆し、武蔵丸を豪快な上手投げで破った。勝利を決めた直後の鬼の形相と奇跡的な優勝に当時の小泉純一郎首相は表彰式で「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!!おめでとう!!!」と貴乃花を賞賛した。後世相撲史に語り継がれる大一番となった。貴乃花が怪我を押して出場した背景には「休場すれば本割、優勝決定戦と不戦勝で武蔵丸が優勝をさらう史上初の事態になった」という状況があり、この優勝の際のスポーツ新聞の記事で貴乃花は「横綱としてというより、1人の力士としてやろうと思った。ひざがダメになったらという不安?そうなったらそうなったときですから」と言っていた。表彰式での優勝インタビューでは怪我の痛みを聞かれ「特にないですよ」と答えると、大きな拍手と歓声が沸いた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 佐高信

    佐高信から見た小泉純一郎小泉純一郎

    「週刊現代」での作家の米原万里との対談の中で、小泉純一郎・元首相とアドルフ・ヒトラーがともに、リヒャルト・ワーグナーの熱狂的なファンであることから、小泉をヒットラーと同一視するかのような言説を展開。また、小泉についてはワンフレーズポリティクスを多用したことから「小泉単純一郎」とも。佐高信 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田孜

    羽田孜から見た小泉純一郎小泉純一郎

    第1次海部内閣が成立すると、羽田は自民党幹事長となった小沢一郎に、党選挙制度調査会長就任を求められ、これを受けた。自民党内に設置された政治改革推進本部の本部長となった伊東正義、本部長代理の後藤田正晴とともに政治改革推進派の中核となる。羽田は、政治と金の問題と、国際政治に日本が対応するために政治改革を必要と考え、選挙制度改革を中心にした政治改革を主張し、金丸から「熱病にうかされている」とまで言われる。また、党内議論の中で後に自民党幹事長となる石破茂などの改革派若手とひざ詰めで議論し、若手の信頼を得た。羽田は小選挙区比例代表並立制の導入を主張するが、加藤紘一、山崎拓、小泉純一郎(いわゆる「YKK」)らは、竹下派支配に反対し海部内閣倒閣を目論み、選挙制度改革を中心とする政治改革に反対して、1991年(平成3年)9月に政治改革関連法案は廃案となった。政治改革が頓挫する中で若手議員は敗北感を覚えるが、羽田はそんな中にあって若手を叱咤し、政治改革は伏流として残ることになる。羽田孜 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井静香

    亀井静香から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2001年自由民主党総裁選挙には中曽根康弘元首相や志帥会の全員一致推薦で立候補を表明していたが、総裁候補の一人であった小泉純一郎が総裁選の応援を要請。小泉と政策協定を結び、亀井は本選を辞退した。その後は小泉の応援にまわり、小泉総裁誕生に貢献。しかし、政策協定は小泉によって反故にされている。亀井静香 フレッシュアイペディアより)

  • 宮澤内閣 (改造)

    宮澤内閣 (改造)から見た小泉純一郎小泉純一郎

    従来より続く竹下派支配の政権であったが、この混乱に目をつけた宮澤が竹下派の牙城である郵政大臣には郵政民営化論者として知られる三塚派の小泉純一郎を起用、小泉は郵政の優遇是正を打ち出すが郵政省の猛反発に会い笹川尭政務次官が辞任するなど、行政機能は著しく低下した。宮澤内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • ポスト団塊ジュニア

    ポスト団塊ジュニアから見た小泉純一郎小泉純一郎

    少年期にソビエト連邦の崩壊(1991年大晦日)に遭遇した為、社会主義が唾棄され、アメリカ型の無規制資本主義(新自由主義)が称賛される中で就職時期を迎え、「失われた20年」と呼ばれる就職氷河期に遭遇した。この為、「就職氷河期世代」「ロストジェネレーション」とも呼ばれる結果になった。小渕恵三政権や小泉純一郎政権による雇用敵視(1999年の産業再生法と派遣業種原則自由化、2003年の製造業への派遣労働解禁)によって非正規雇用に落とされ、2008年の世界同時不況による「派遣切り」に遭遇した人々も、同じ2008年に秋葉原通り魔事件を起こした非正規工員も、就職活動そのものを断念したために失業者から外される「非労働力人口」が多い人々も、この世代である。ポスト団塊ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た小泉純一郎小泉純一郎

    1979年、渡邉恒雄の論説委員長就任以降、紙面の編集方針や論調は右派・保守主義となった。現在は基本的に自民党支持、改憲支持、日本経団連支持、新自由主義経済改革支持である。その一方、「大連立構想」以降の社説等で見られるように民主党やその支持母体である労働組合への論調は厳しいものが多いが、民主党「も」政権に参加する「大連立」には積極的であるという側面もある。そのためか、民主党については、方向が違うために批判する場合だけでなく、税制改革のように基本的な方向は現在の民主党主流派と一緒だが程度の違いがあるための批判という場合もある。その他に、主筆・渡邉恒雄が戦争経験者であるため、特に靖国神社(特に遊就館)における歴史認識には批判的で、小泉純一郎の靖国参拝には反対した。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 日朝関係史

    日朝関係史から見た小泉純一郎小泉純一郎

    サッカー・ワールドカップが2002年に日韓で共同開催することが決定すると、これを契機に日韓関係を改善する機運が高まった。日韓共同宣言が小渕恵三総理大臣と金大中大統領により発表され、日韓は過去の歴史を克服し、未来志向の日韓関係を発展させることに合意し、韓国での日本大衆文化の流入制限も段階的に解除していくことも表明された。2000年は「日韓国民交流年」に指定され、日韓の「査証(ビザ)なし相互訪問」を恒常化し、特に観光面での交流拡大が行われた。両国の都市には相手国の言語による案内標識などが整備されて、それまで日本側からの訪問人数が多かった観光も、日本の観光地に韓国人観光客の姿が増えるなどの変化が見られるようになった。歴史認識問題も小泉純一郎総理大臣が靖国神社参拝を断念し、日韓歴史共同研究を提唱するなど、韓国に対する歩み寄りを試みた。また、今上天皇が『続日本紀』に高野新笠が百済王族の遠縁と記されていることについて述べ、いわゆる「韓国とのゆかり」発言をおこなった。日朝関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た小泉純一郎小泉純一郎

    加藤 紘一(かとう こういち、1939年(昭和14年)6月17日 ‐ 2016年(平成28年)9月9日)は、日本の外務官僚、政治家。「宏池会のプリンス」と呼ばれ、山崎拓・小泉純一郎と結成したYKKの代表格。衆議院議員(13期)、防衛庁長官、内閣官房長官、自由民主党政務調査会長、幹事長、宏池会会長を歴任。「総理に一番近い男」とも呼ばれたが、加藤の乱や秘書の脱税疑惑で失脚した。正三位、旭日大綬章受勲。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 第44回衆議院議員総選挙

    第44回衆議院議員総選挙から見た小泉純一郎小泉純一郎

    今日では郵政選挙と言われている選挙で、与党の自由民主党・公明党が圧勝した。時の首相(自民党総裁)小泉純一郎は、郵政民営化法案が参議院で否決されれば、自分は衆議院を解散して国民の信を問うと明言していたが、その言葉通り、参議院での郵政民営化法案否決を受けて小泉は衆議院を解散した。第44回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

1041件中 71 - 80件表示

「小泉純一郎」のニューストピックワード