973件中 81 - 90件表示
  • 民主党 (日本 1998-)

    民主党 (日本 1998-)から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2005年8月、小泉純一郎首相が郵政民営化の是非を問うとして衆議院を解散(郵政解散)。自民党は民営化に反対したいわゆる造反議員との分裂選挙に突入した。選挙戦の序盤は「漁夫の利」などとして民主党に楽観的な論評も飛び交い、政権交代を確実視して伝える一部海外メディアもあった。民主党 (日本 1998-) フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見た小泉純一郎小泉純一郎

    2002年9月17日、内閣総理大臣小泉純一郎(当時)らが訪朝し、日朝首脳会談を行った際に、当時の北朝鮮の最高指導者(国防委員長であり、朝鮮労働党の総書記)である金正日は、北朝鮮の一部の特殊機関の者たちが、「現地請負業者」(土台人とみられる)と共謀して日本人を拉致した事実を認め、口頭で謝罪した。これにより、5人の拉致被害者が日本に一時帰国し、間もなく本人たちの意思で日本に残ることとなった。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た小泉純一郎小泉純一郎

    小泉純一郎内閣に対しは当初は好意的だったが、道路公団改革の失敗や第二次訪朝を機に反小泉内閣に転じた。対北朝鮮外交を「弱腰だ」と厳しく批判した。他方、靖国神社参拝断行、対中ODA廃止などの対中外交などは安倍内閣よりも高く評価した。また、道路公団改革の失敗に対しては終盤で道路族への迎合が目立った猪瀬直樹、石原伸晃に対しても激しく批判していた。後継の安倍政権でも批判の手を緩めず、憲法改正への積極的提言を行った。また、福田康夫については「親中派」とみなし、2007年(平成19年)の自由民主党総裁選挙で福田が選出されると、「日本の国益を損ねる媚中外交が開始される」として政権発足前から懸念を表明した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た小泉純一郎小泉純一郎

    「加藤の乱」後は宏池会分裂により一時厳しい立場に追い込まれたが、2001年(平成13年)に小泉純一郎が首相となると谷垣は重用され、2002年(平成14年)秋以降は常に閣僚の座にあった。とりわけ要職である財務大臣を3年にわたって無難に務めあげたことで表舞台での活躍が増し、広く認知されるきっかけとなった。党でも2005年(平成17年)、小里貞利の引退により、会長席が空いた小里派宏池会から最高顧問の加藤が離脱したのを機に、谷垣派を形成して派閥の領袖となる。こうして名実ともに総裁候補となり、ポスト小泉の一人と目されるようになっていき、2006年(平成18年)9月の総裁選初出馬へと至った。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た小泉純一郎小泉純一郎

    1979年、渡邉恒雄の論説委員長就任以降、紙面の編集方針や論調は右派・保守主義となった。現在は基本的に自民党支持、改憲支持、日本経団連支持、新自由主義経済改革支持である。その一方、「大連立構想」以降の社説等で見られるように民主党など中道左派・左派系の政治勢力や、左派系の考え方が強い労働組合、平和運動、反核・反原発運動などへの論調は厳しいものが多い。しかし、民主党「も」政権に参加する「大連立」には積極的であるという側面もある。そのためか、民主党については、方向が違うために批判する場合だけでなく、税制改革のように基本的な方向は現在の民主党主流派と一緒だが程度の違いがあるための批判という場合もある。その他に、主筆・渡邉恒雄が戦争経験者であるため、特に靖国神社(特に遊就館)における歴史認識には批判的で、小泉純一郎の靖国参拝には反対した。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • エルヴィス・プレスリー

    エルヴィス・プレスリーから見た小泉純一郎小泉純一郎

    意外と知られていないが日本神話なども知っているようなところもある親日家であり、日本の小泉純一郎元首相が大ファンであり、エルヴィスと誕生日が同じである。ブッシュ大統領と共にグレイスランドを訪ねた。このとき小泉は、ブッシュらの前で遺族から借りたサングラスをはめてエア・ギターをしながら、「グローリー グローリー ハレルーヤー」と唄った。これは、小泉がエルヴィスのファンであることを示そうと、リパブリック讃歌を曲の一節に取り入れたエルヴィスの代表曲「An American Trilogy(邦題:アメリカの祈り)」を自らの判断で披露したものであるが、小泉の予期せぬ行動はブッシュらから失笑を買ってしまう。その様子は、当日の日米両国のニュースで「小泉の奇行」として紹介された。エルヴィス・プレスリー フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国

    朝鮮民主主義人民共和国から見た小泉純一郎小泉純一郎

    日本でも、韓国を朝鮮半島の正統国家として承認していることから北朝鮮(きたちょうせん)と呼ぶことが多い。これに対し、人民共和国政府や在日本公民団体の在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)は、自らを朝鮮の正統国家と主張する立場から、「」または「北朝鮮」と呼ばれることを嫌って、「朝鮮」と表記してほしいと主張。マスコミに対して抗議やデモを繰り返した。しかし日本のマスコミには受け入れられなかったため、次に「共和国」と呼んでほしいと提案した。これも日本側には受け入れられず、最終的に、記事の最初に正式国名を一度だけ併称することを条件に、「北朝鮮」と呼ばれることを受け入れるという妥協が成立した。冒頭での呼称は、テレビ・ラジオなどアナウンスの場合は「北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国」という形式であり、新聞など文の場合は「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)」という形式であった。また新聞等では、この地域の在留者について「朝鮮人」と記述される。一方、「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」(拉致被害者支援法)制定以後は、単に「北朝鮮」と呼ぶのが一般的になっている。背景には、2002年(平成14年)9月17日に行われた小泉純一郎首相(当時)の北朝鮮訪問およびそれを契機とする拉致問題に関する世論の高まりがある。現在では「北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国」などの呼称を採用しているマスメディアは、ほとんどなくなっている。さらに略して「北」と表現する場合もある(「北」は、冷戦下にソビエト連邦を指した呼称でもある)。日本サッカー協会は「北朝鮮」の表現も使っているが主に使っているのは「朝鮮民主主義人民共和国」の方である。朝鮮民主主義人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 冬のソナタ

    冬のソナタから見た小泉純一郎小泉純一郎

    ※第8話「疑惑」は、2004年5月22日に放送予定だったが小泉総理北朝鮮訪問関連特番で1週延期された。この件でNHK に約3000件の問い合わせが殺到。これをうけNHK 側は当初のアテネ五輪期間中は当番組を放送しないという予定を変更、視聴者の意見に考慮し8月14日分(第19話「父と子」)を放送する。この第19話はアテネ五輪放送の関係で通常の土曜23:10 - ではなく、翌15日の午前2:00から放送されたため、またも多くのファンから要望がなされ、結局、翌々日の16日13:05 - に再放送された。冬のソナタ フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見た小泉純一郎小泉純一郎

    1991年(平成3年)に総裁候補の最有力と目されていた父・晋太郎が急死。1993年(平成5年)に父の地盤を受け継ぎ、第40回衆議院議員総選挙に山口1区から出馬し初当選した(安倍後援会は新生党古賀敬章や日本新党江島潔含め三分裂、江島は1995年下関市長となり手打ち)。当選後はかつて父・晋太郎が会長を務めた清和政策研究会に所属する(当時の会長は三塚博)。1995年(平成7年)の自民党総裁選では荒井広幸や石原伸晃と共に小泉純一郎選対の中核になった。1997年(平成9年)自民党青年局長に就任。1998年(平成10年)に政策集団NAISの会を結成。厚生族として社会保障などに通じた議員と見られていた。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属の会

    無所属の会から見た小泉純一郎小泉純一郎

    日本新党→新進党。衆議院内では民主党と統一会派を組んだ(民主党・無所属クラブ)。しかし、2001年の首班指名選挙で自民党の小泉純一郎に投票したため、菅直人民主党幹事長の逆鱗に触れて会派から除名される。しかし無所属の会には何ら変わりなく留まっていた。2002年横浜市長に転出。市長就任後も無所属の会が解党するときまで同党所属を続けていた。無所属の会 フレッシュアイペディアより)

973件中 81 - 90件表示

「小泉純一郎」のニューストピックワード

  • ISKAインターコンチネンタルライトミドル級王者

  • テーマパーク運営会社アーデント・レジャー・グループ

  • フィリピンフィリピン自動車工業会