644件中 11 - 20件表示
  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た平沼赳夫

    2005年(平成17年)、小泉が「改革の本丸」に位置付ける郵政民営化関連法案は、党内から反対が続出して紛糾した。小泉は一歩も引かぬ姿勢を示し、党内調整は難航する。反対派は亀井静香、平沼赳夫が中心となり長老の綿貫民輔を旗頭に100人近い議員を集めた。法案を審理する党総務会は亀井ら反対派の反発で紛糾し、遂に小泉支持派は総務会での全会一致の慣例を破って多数決で強行突破した。反対派はこれに激しく反発し、事態は郵政民営化関連法案を巡る小泉と亀井・平沼ら反対派との政争と化した。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見たテリー伊藤

    「私は勘弁。アイ・アム・ソーリーだよ」(1996年12月、テリー伊藤との会談)小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た飯島勲

    1972年(昭和47年)12月、第33回衆議院議員総選挙で自民党公認として立候補し、12万2000票余りを獲得し初当選。清和会(福田派)に属し、後に首相秘書官となる飯島勲が秘書となった。また、同期の山崎拓・加藤紘一と懇意になり、YKKと呼ばれることとなる。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た小泉純也

    1942年(昭和17年)、神奈川県横須賀市に政治家小泉純也と芳江の長男として出生する。母方の祖父小泉又次郎は第2次若槻内閣で逓信大臣を務め、若い頃に全身に入れ墨を彫っていたことから、“いれずみ大臣”“いれずみの又さん”などの異名で知られる大衆政治家だった。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た小泉又次郎

    1942年(昭和17年)、神奈川県横須賀市に政治家小泉純也と芳江の長男として出生する。母方の祖父小泉又次郎は第2次若槻内閣で逓信大臣を務め、若い頃に全身に入れ墨を彫っていたことから、“いれずみ大臣”“いれずみの又さん”などの異名で知られる大衆政治家だった。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た貴乃花光司

    首相就任直後の2001年5月の夏場所では、たいていは内閣官房副長官(政務)が担当する総理大臣杯の授与を自ら行い、前日の負傷を押して出場し22回目の幕内優勝を勝ち取った横綱貴乃花光司に対して「痛みに耐えてよく頑張った! 感動したっっっ! おめでとう!」との賛辞を送った。「感動したっっっ!」は流行語ともなった。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た吉田茂

    衆議院議員、厚生大臣(第69・70・81代)、郵政大臣(第55代)、内閣総理大臣(第87・88・89代)などを歴任した。内閣総理大臣の在任期間は1,980日で、第二次世界大戦後の内閣総理大臣としては佐藤栄作、吉田茂に次ぐ第3位。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た田中眞紀子

    森の退陣を受けた2001年4月の自民党総裁選に、橋本龍太郎、麻生太郎、亀井静香と共に出馬。敗れれば政治生命にも関わるとも言われたが、清新なイメージで人気があった小泉への待望論もあり、今回は森派・加藤派・山崎派の支持を固めて出馬した。小泉は主婦層を中心に大衆に人気のあった田中眞紀子(田中角栄の長女)の協力を受けた。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た朝青龍明徳

    2005年11月の九州場所では、総理大臣杯の授与を、再び自ら行った。年6場所全制覇など3つの大記録を達成した横綱朝青龍明徳に対して、「新記録! 大記録! みごとだっ! おめでとう!」と賛辞を送った。貴乃花の時は東京両国国技館であったが、この時は福岡国際センターである。わざわざ福岡まで行った理由について、年6場所を全て制覇したら行くという約束を、その年の初めに朝青龍とかわしていたと記者団に語った。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た塩川正十郎

    福田赳夫の秘書を務め、後に総理となる福田から政治家としての薫陶を受けた。社会人生活の第一歩を浪人でスタートした小泉は、毎朝4時に起床した。横須賀駅5時半発の電車に乗って、2時間かけて世田谷区にある福田赳夫邸へと通った。福田のもとには初当選したばかりの塩川正十郎がいた。当時のことを塩川正十郎は『週刊文春』の阿川佐和子との対談でこう語っている「そうそう。彼は早起きで、福田さんの家の玄関で靴揃(そろ)えておったね。下足番だったの」「で代議士が帰るときモータープールで“何々先生お帰り?お車ぁ?”て運転手を呼んでたの(笑)。だから、僕は彼のホームページに“まさか総理大臣になるとは思わなかった”って書いたんです。大変な苦労をしてますよ。」、「そのとき、福田さんが“こいつは意地の強いやっちゃ。なかなかしっかりしとる。だから、大物になったら、とんでもない大物になるけど、はぐれたら処置ない奴ぜぇ”と言うたことがあるの」。福田邸で秘書の仕事は午前中で終わり、午後からは地元横須賀で自身の政治活動を行い捲土重来を期していた。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

644件中 11 - 20件表示

「小泉純一郎」のニューストピックワード