38件中 11 - 20件表示
  • 橘慶一郎

    橘慶一郎から見た小泉進次郎小泉進次郎

    2009年(平成21年)4月、前年からの自民党県連幹部からの熱烈な出馬要請を受けて、第45回衆議院議員総選挙に富山3区から自民党公認で立候補することを表明し、同年6月に高岡市長を辞職した。総選挙では、当初優勢と伝えられた母校・高岡高校の先輩でもある野党統一無所属候補・相本芳彦(元北日本放送アナウンサー)を破り小選挙区当選。なお、自民党が大敗し下野することとなった同選挙で小選挙区初当選を果たした自民党候補は橘、伊東良孝、小泉進次郎の3人のみである。2012年(平成24年)12月の第46回衆議院議員総選挙で再選。橘慶一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

    政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会から見た小泉進次郎小泉進次郎

    小泉進次郎、坂井学、桜田義孝、土井亨、林田彪(自由民主党)政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 83会

    83会から見た小泉進次郎小泉進次郎

    小泉進次郎 - いわゆる小泉チルドレンではないが、2009年に初当選した小泉純一郎の次男83会 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ニュースペーパー

    ザ・ニュースペーパーから見た小泉進次郎小泉進次郎

    主な役は石原慎太郎、小泉進次郎、岡田克也、ペ・ヨンジュンなど。ザ・ニュースペーパー フレッシュアイペディアより)

  • 稲川会

    稲川会から見た小泉進次郎小泉進次郎

    小泉純一郎元首相の選挙対策本部長である竹内清(前神奈川県議会議長)は稲川会横須賀一家の系列組員であり、石井隆匡と非常に親しく、上下関係の厳しいヤクザの世界にあって葬儀で最初に焼香するなど、肩書きこそ堅気という事になってはいたが非常に密接な関係であった。また息子の小泉進次郎と共に写っている写真が掲載されるなど、小泉父子の選挙区であり、横須賀一家の本拠地でもある神奈川県横須賀市では、両者の結びつきはきわめて強い。稲川会 フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤健

    齋藤健から見た小泉進次郎小泉進次郎

    2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙に再び千葉7区から出馬。国替えした太田に代わり立候補した民主党公認の内山晃に約2万票差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、初当選を果たした。齋藤は自民党に逆風が吹いた同選挙で誕生した5人の新人議員の1人だが、伊東良孝、橘慶一郎はそれぞれ釧路市長、高岡市長を務めた経験があり、金田勝年は参議院からの鞍替えであるため、政治家の経験のない新人は齋藤、小泉進次郎の2人のみだった(ただし齋藤は通産官僚や埼玉県副知事を務めており、行政経験は豊富である)。齋藤健 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県第11区

    神奈川県第11区から見た小泉進次郎小泉進次郎

    その後、小泉純一郎が引退した第45回衆議院議員総選挙では、自民党に対する逆風や世襲への批判をかわし小泉純一郎の次男で世襲政治家の小泉進次郎が、民主党の横粂勝仁を破り当選。改めて地盤の強さを見せつける結果となった。神奈川県第11区 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉芳江

    小泉芳江から見た小泉進次郎小泉進次郎

    小泉 芳江(こいずみ よしえ、1907年(明治40年) - 2001年(平成13年)10月30日)は、日本の政治家小泉又次郎(元逓信大臣)の娘、小泉純也(旧姓鮫島、元防衛庁長官)の妻、小泉純一郎(元首相)の母、小泉進次郎(衆議院議員)・俳優、タレント小泉孝太郎の祖母。小泉芳江 フレッシュアイペディアより)

  • 泰道三八

    泰道三八から見た小泉進次郎小泉進次郎

    小泉進次郎(政治家、衆議院議員)泰道三八 フレッシュアイペディアより)

  • 泰道照山

    泰道照山から見た小泉進次郎小泉進次郎

    孫宮本佳代子は政治家小泉純一郎(元総理大臣)の元妻。俳優、タレント小泉孝太郎や政治家小泉進次郎は泰道の曾孫にあたる。泰道照山 フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「小泉進次郎」のニューストピックワード