73件中 21 - 30件表示
  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た終戦の日

    終戦の日に靖国神社に参拝を行っている。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た国民の生活が第一

    2009年(平成21年)12月13日、自民党が小泉による海上自衛隊横須賀基地(神奈川県横須賀市)見学ツアーを実施した際、50人の定員に約5200人の応募が殺到するなど、「スター不在」とされる自民党内で際立った存在と見られている。2010年1月の時点で衆議院では内閣委員会、総務委員会、安全保障委員会に所属し、自民党では遊説局長代理、青年局次長、環境副部会長、財務金融副部会長、外交副部会長と6つの役職を兼務して、外交、環境、財政金融の3つの部会に所属している。2010年10月には自民党学生部長、新聞出版局次長に就任した。2011年10月には自民党青年局長、国会対策委員会委員に就任した。郵政改正法案に造反しても処分されなかった。2012年6月26日の消費税増税法案には賛成票を投じた。同年8月9日、国民の生活が第一など野党6党が提出した野田内閣不信任決議案の採決では、棄権方針の自民党執行部に造反し、中川秀直元幹事長などとともに賛成票を投じた。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た海軍カレー

    2009年(平成21年)12月13日に開催された横須賀基地見学ツアーにて、昼食の海軍カレーとともに出されたサラダのトマトを残した。進次郎は参加者の質問に対し「生のトマトは苦手です」と答えている。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た資金管理団体

    進次郎の資金管理団体「泉進会」の2008年(平成20年)の総収入の全額が父・純一郎元首相の資金管理団体からの寄付である。「泉進会」は2008年(平成20年)10月に設立され、元首相の資金管理団体「東泉会」から50万円の寄付を受けている。また、神奈川県が所管する進次郎の政治団体「小泉進次郎同志会」の収入のほぼ全額に相当する350万円も「東泉会」による寄付だった。「東泉会」は2009年(平成21年)1月に資金管理団体の指定を取り消している。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た事務所費

    2010年(平成22年)6月11日、小泉に関連する政治団体が提出した政治資金収支報告書の中の事務所費に関して、過大な金額を計上した疑いがあると報道された。同報道によれば、小泉が、父である元首相から後継指名された2008年(平成20年)の政治資金収支報告書では、元首相の実弟(小泉にとっては叔父)が代表を務める政治団体「小泉純一郎同志会」(2009年(平成21年)解散)、自由民主党の支部である「自由民主党衆議院神奈川第11選挙区支部」(支部長は小泉)、小泉の資金管理団体である「泉進会」、政治団体「小泉進次郎同志会」の4つの政治団体の事務所が、横須賀市内にあるテナントビルの一室に置かれており、「泉進会」を除く3団体が、別々に家賃などの事務所費を計上していた。その内訳は、「小泉純一郎同志会」が約379万円、「自民党支部」が約609万円、「小泉進次郎同志会」が32万円で、総額約1,020万円となっていた。この一室は「広さは約110平方メートルで、家賃は月約40万円。管理費や駐車場代を含めても年間600万円程度。」とされる。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件

    2010年11月10日の衆議院予算委員会の質問の中で、尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件に関し、「そもそも、(政府がビデオを)もっと早く公開していれば、流出事件も起きなかったんですよ」と発言した。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た公明党

    2008年(平成20年)に父・純一郎が政界引退を表明して、進次郎を後継候補に指名する。自由民主党の公認を受け、2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙に神奈川県第11区から出馬して、初当選を果たした。なお、神奈川11区の対立候補である民主党の横粂勝仁は27歳で、同学年である。選挙戦では重複立候補を辞退して、また当時の連立与党である公明党からの選挙協力も受けず、地元の一部有権者から世襲を批判されたものの父から受け継いだ強固な地盤である後援会をバックに終始優勢な戦いを維持し、投票総数の過半数である150,893票(得票率57.1%)を獲得して初当選を果たした。この総選挙で初当選した5人の自民党の1期生のうち、政治や行政の経験がない唯一の新人議員である。また小選挙区で当選を果たした新人議員は小泉、橘慶一郎、伊東良孝の3人のみ。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た2009年

    2008年(平成20年)に父・純一郎が政界引退を表明して、進次郎を後継候補に指名する。自由民主党の公認を受け、2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙に神奈川県第11区から出馬して、初当選を果たした。なお、神奈川11区の対立候補である民主党の横粂勝仁は27歳で、同学年である。選挙戦では重複立候補を辞退して、また当時の連立与党である公明党からの選挙協力も受けず、地元の一部有権者から世襲を批判されたものの父から受け継いだ強固な地盤である後援会をバックに終始優勢な戦いを維持し、投票総数の過半数である150,893票(得票率57.1%)を獲得して初当選を果たした。この総選挙で初当選した5人の自民党の1期生のうち、政治や行政の経験がない唯一の新人議員である。また小選挙区で当選を果たした新人議員は小泉、橘慶一郎、伊東良孝の3人のみ。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た野球

    神奈川県横須賀市に生まれた。幼少期に父・小泉純一郎が離婚して、小泉家の親族に育てられる。1988年(昭和63年)に関東学院六浦小学校に入学して、大学まで関東学院で過ごす。中学校・高校ではスポーツ、特に野球に熱中した。2004年(平成16年)に関東学院大学経済学部を卒業して、アメリカ合衆国のコロンビア大学大学院に留学をした。コロンビア大ではジェラルド・カーティス教授に師事して、2006年(平成18年)に政治学修士号を取得したアイビー・リーガーである。その後、アメリカ合衆国の戦略国際問題研究所非常勤研究員を経て2007年(平成19年)に帰国して、それ以後は父である純一郎の私設秘書を務める。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た神奈川県第11区

    2008年(平成20年)に父・純一郎が政界引退を表明して、進次郎を後継候補に指名する。自由民主党の公認を受け、2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙に神奈川県第11区から出馬して、初当選を果たした。なお、神奈川11区の対立候補である民主党の横粂勝仁は27歳で、同学年である。選挙戦では重複立候補を辞退して、また当時の連立与党である公明党からの選挙協力も受けず、地元の一部有権者から世襲を批判されたものの父から受け継いだ強固な地盤である後援会をバックに終始優勢な戦いを維持し、投票総数の過半数である150,893票(得票率57.1%)を獲得して初当選を果たした。この総選挙で初当選した5人の自民党の1期生のうち、政治や行政の経験がない唯一の新人議員である。また小選挙区で当選を果たした新人議員は小泉、橘慶一郎、伊東良孝の3人のみ。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「小泉進次郎」のニューストピックワード