73件中 61 - 70件表示
  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見たアメリカ合衆国

    神奈川県横須賀市に生まれた。幼少期に父・小泉純一郎が離婚して、小泉家の親族に育てられる。1988年(昭和63年)に関東学院六浦小学校に入学して、大学まで関東学院で過ごす。中学校・高校ではスポーツ、特に野球に熱中した。2004年(平成16年)に関東学院大学経済学部を卒業して、アメリカ合衆国のコロンビア大学大学院に留学をした。コロンビア大ではジェラルド・カーティス教授に師事して、2006年(平成18年)に政治学修士号を取得したアイビー・リーガーである。その後、アメリカ合衆国の戦略国際問題研究所非常勤研究員を経て2007年(平成19年)に帰国して、それ以後は父である純一郎の私設秘書を務める。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た政治資金収支報告書

    2010年(平成22年)6月11日、小泉に関連する政治団体が提出した政治資金収支報告書の中の事務所費に関して、過大な金額を計上した疑いがあると報道された。同報道によれば、小泉が、父である元首相から後継指名された2008年(平成20年)の政治資金収支報告書では、元首相の実弟(小泉にとっては叔父)が代表を務める政治団体「小泉純一郎同志会」(2009年(平成21年)解散)、自由民主党の支部である「自由民主党衆議院神奈川第11選挙区支部」(支部長は小泉)、小泉の資金管理団体である「泉進会」、政治団体「小泉進次郎同志会」の4つの政治団体の事務所が、横須賀市内にあるテナントビルの一室に置かれており、「泉進会」を除く3団体が、別々に家賃などの事務所費を計上していた。その内訳は、「小泉純一郎同志会」が約379万円、「自民党支部」が約609万円、「小泉進次郎同志会」が32万円で、総額約1,020万円となっていた。この一室は「広さは約110平方メートルで、家賃は月約40万円。管理費や駐車場代を含めても年間600万円程度。」とされる。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た横須賀市

    神奈川県横須賀市に生まれた。幼少期に父・小泉純一郎が離婚して、小泉家の親族に育てられる。1988年(昭和63年)に関東学院六浦小学校に入学して、大学まで関東学院で過ごす。中学校・高校ではスポーツ、特に野球に熱中した。2004年(平成16年)に関東学院大学経済学部を卒業して、アメリカ合衆国のコロンビア大学大学院に留学をした。コロンビア大ではジェラルド・カーティス教授に師事して、2006年(平成18年)に政治学修士号を取得したアイビー・リーガーである。その後、アメリカ合衆国の戦略国際問題研究所非常勤研究員を経て2007年(平成19年)に帰国して、それ以後は父である純一郎の私設秘書を務める。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た陸山会事件

    2010年(平成22年)1月小沢一郎民主党幹事長の陸山会事件で現職国会議員1人を含む元秘書3人が逮捕されても民主党党内部から批判の声が出ないことに「自由があるのが自由民主党、自由がないのが民主党。まさに党名が表しているなと思いますよ」と批判した。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た2012年自由民主党総裁選挙

    2012年9月26日に投票が行われる自民党総裁選挙では青年局主催の候補者公開討論会を自民党青年局長として仕切る立場であり、当初は9月19日の公開討論会後に支持候補を表明すると明言していた。しかし、人気や知名度の高い小泉の支持表明は党員票や議員票として総裁選に影響を与えると目されるとして報道が過熱したことから、「衆議院1回生の私の1票が影響を与えるのは不本意。身の程をわきまえて行動する」と述べ、総裁選が終わるまで支持表明を行わない方針を示した。総裁選終了後に石破茂氏に投票したことを発表した。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た靖国神社

    終戦の日に靖国神社に参拝を行っている。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た第3次小泉内閣

    父は第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎、兄は俳優・タレントの小泉孝太郎。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た旧姓

    祖母・芳江(政治家小泉又次郎の娘、政治家小泉純也(旧姓鮫島)の妻)小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見たアイビー・リーグ

    神奈川県横須賀市に生まれた。幼少期に父・小泉純一郎が離婚して、小泉家の親族に育てられる。1988年(昭和63年)に関東学院六浦小学校に入学して、大学まで関東学院で過ごす。中学校・高校ではスポーツ、特に野球に熱中した。2004年(平成16年)に関東学院大学経済学部を卒業して、アメリカ合衆国のコロンビア大学大学院に留学をした。コロンビア大ではジェラルド・カーティス教授に師事して、2006年(平成18年)に政治学修士号を取得したアイビー・リーガーである。その後、アメリカ合衆国の戦略国際問題研究所非常勤研究員を経て2007年(平成19年)に帰国して、それ以後は父である純一郎の私設秘書を務める。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た過半数

    2008年(平成20年)に父・純一郎が政界引退を表明して、進次郎を後継候補に指名する。自由民主党の公認を受け、2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙に神奈川県第11区から出馬して、初当選を果たした。なお、神奈川11区の対立候補である民主党の横粂勝仁は27歳で、同学年である。選挙戦では重複立候補を辞退して、また当時の連立与党である公明党からの選挙協力も受けず、地元の一部有権者から世襲を批判されたものの父から受け継いだ強固な地盤である後援会をバックに終始優勢な戦いを維持し、投票総数の過半数である150,893票(得票率57.1%)を獲得して初当選を果たした。この総選挙で初当選した5人の自民党の1期生のうち、政治や行政の経験がない唯一の新人議員である。また小選挙区で当選を果たした新人議員は小泉、橘慶一郎、伊東良孝の3人のみ。小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

73件中 61 - 70件表示

「小泉進次郎」のニューストピックワード