小渕優子 ニュース&Wiki etc.

小渕 優子(おぶち ゆうこ、1973年(昭和48年)12月11日 ‐ )は、日本の政治家。衆議院議員(7期)。学位は公共経営修士(専門職)(早稲田大学・2006年)。現在、自由民主党組織運動本部長代理、党群馬県第五選挙区支部支部長。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「小渕優子」のつながり調べ

  • 西川公也

    西川公也から見た小渕優子

    2012年の第46回衆議院議員総選挙では栃木2区で福田を破り、同年12月19日に当選が告示され、国政復帰を果たした(福田も比例復活)。同年、二階派の事務総長に就任した。2013年より自民党の環太平洋パートナーシップ対策委員会にて委員長を務める。2014年9月の第2次安倍改造内閣で農林水産大臣に就任。現職大臣として臨んだ12月の第47回衆議院議員総選挙は栃木2区で福田に199票差で敗れるも、比例復活で6選した。同年12月20日に当選が告示され、中央選挙管理会から当選証書が授与された。なお第2次安倍改造内閣の閣僚としては、辞任した小渕優子と松島みどりを含めて小選挙区で敗北した唯一の候補者である。同年12月24日に発足した第3次安倍内閣で再任されたが、政治献金問題が発覚し、責任を取る形で2015年2月23日に辞任した。この問題を追及した玉木雄一郎は自民党から圧力をかけられたという。(西川公也 フレッシュアイペディアより)

  • 八ッ場ダム

    八ッ場ダムから見た小渕優子

    上記政府答弁書で述べられている施工状態は2008年(平成20年)末の状態であるが、八ッ場ダムを選挙区に抱える自由民主党の前少子化対策担当大臣小渕優子は、2009年(平成21年)9月25日掲載の産経新聞「金曜討論」にて、「7割の工事が終わっているのに、ここで建設中止となると負担金の返還だけでなく、新たな治水整備費用、別の生活再建費用が必要になり、確実に中止した方が費用はかかる。」と述べた。一方、同討論において水源開発問題全国連絡会共同代表の嶋津暉之は、「これまで事業費の7割は使っているが、事業全体の進捗が遅い。3月末時点で、着手は6 - 8割だが、完成した国道、県道は数 %、鉄道は75 %。代替地の造成も1割だ。総合すると、ダム本体工事の約620億円以外に1,000億円規模の支出増が見込まれる。」と述べた。(八ッ場ダム フレッシュアイペディアより)

「小渕優子」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「小渕優子」のニューストピックワード