前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示
  • 公共経営研究科

    公共経営研究科から見た小渕優子小渕優子

    学生は、新卒の学生のほか、議員やジャーナリスト、研究職、NGOなどの分野の現役社会人が集まっていた。修了生としては自由民主党の衆議院議員小渕優子などが有名である。公共経営研究科 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸口克陽

    瀬戸口克陽から見た小渕優子小渕優子

    瀬戸口 克陽(せとぐち かつあき、戸籍名・小渕克陽、1973年(昭和48年)9月9日 - 、歳)は、TBSテレビ編成局編成部部次長。テレビドラマプロデューサー、小渕優子の夫である。瀬戸口克陽 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の政治

    2015年の政治から見た小渕優子小渕優子

    28日 - 小渕優子衆議院議員の関連政治団体の2009年から2013年分の政治資金収支報告書について、実際には資金移動のない架空の寄付金を団体間で計上したり、観劇会の収入を少なく申告したりしたとして、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で東京地検特捜部に小渕議員の元秘書2人が在宅起訴された。2015年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕恵三

    小渕恵三から見た小渕優子小渕優子

    2か月後の第42回衆議院議員総選挙には、次女の小渕優子が後継として、群馬県第5区から出馬した。この選挙は小渕前首相の弔い合戦であるかのような様相を呈し、優子は次点の山口鶴男(元日本社会党書記長・元総務庁長官)に13万票以上の大差をつけて当選した(以後優子は連続当選し、2018年現在、7期目の現職である)。また、この年には師匠の竹下登、総裁選で対決した梶山静六も相次いで死去した。小渕恵三 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た小渕優子小渕優子

    本内閣の特徴としては、閣僚の平均年齢は58.2歳と前内閣から4歳近く若返ったことがあげられる。これは、内閣府特命担当大臣で初入閣した小渕優子が任命時34歳と9か月と戦後最年少での閣僚就任となったことを含めて50代以下が10人を占めたことによる。しかし、前内閣からの再任者が5名おり、初入閣も5人と安倍内閣の11人の半分以下で、平均当選回数(衆院議員のみ)は6.5回で安倍内閣と同じで小泉内閣の5.8回を上回り、必ずしも「若返り」を意図した結果ではない。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た小渕優子小渕優子

    2001年7月に、群馬県で参議院選挙に立候補した吉川真由美を応援するための演説をするはずであったが、田中が応援演説の予定の午後4時よりも1時間以上前に群馬県庁前に到着し、応援すべき候補者が来るのを待たずに勝手に演説を始めた。このため吉川は別の場所で演説していたが、これを中断して群馬県庁前へ急行、田中と一緒に演説を始めた。田中は「これから新潟に行って外務省の用事があるもんですから、あと4分だけで終わりにしますが、候補者、どの人か知りません。駅についてチラシをもらうまで男か女かも知りませんでした。名誉のため、市議や県議をやったから国会に行ってみようとか、政治家の娘だから国会に行ってみようというのは税金の無駄遣いなんです。」と駅前で演説した(吉川は元群馬県議会議員であり、元衆議院議員熊川次男の娘。「政治家の娘」云々は群馬県を選挙区とする小渕優子のことかと思われるが、もちろん田中自身も政治家の娘である)。吉川が田中の批判的な発言をなだめるために、にこやかに「そんなぁ」と言いながら、田中の肩へ手を回したが、田中は「この候補者、なんておっしゃるんですか。知らないから触らないでください。知らない人に触られたくありません。では地元に用事がありますし、外務省に用事がありますのでこの辺で失礼します」と駅前の大衆に向かって演説した後、すぐに帰った。報道によれば外務省での公用などなく、地元の用事とは、新潟でのクラシックコンサートを見ることだったとされている。田中眞紀子の事務所には、事前に吉川についての資料が送られていた。結局吉川は落選した。田中は党紀委員会にかけられたが、小泉首相側はこれを擁護した。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡沢憲芙

    岡沢憲芙から見た小渕優子小渕優子

    2009年、北欧の政治・社会問題研究の第一人者として、ノルウェー王国より「ノルウェー王国功労勲章」を授与される (叙勲式には、早稲田大学公共経営研究科での教え子でもある小渕優子少子化・男女共同参画担当大臣(当時)が駆けつけた)。岡沢憲芙 フレッシュアイペディアより)

  • 半田正

    半田正から見た小渕優子小渕優子

    2000年の衆議院議員選挙に日本共産党から立候補。しかし、立候補した群馬5区では、急死した小渕恵三前内閣総理大臣の次女・小渕優子が立候補しており半田は15倍近い得票差をつけられ、記録的な惨敗を喫した(小渕優子は163,991票、半田は11,674票)。半田正 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た小渕優子小渕優子

    逢沢一郎(岡山1)、赤澤亮正(鳥取2)、秋葉賢也((比)東北)、麻生太郎(福岡8)、安倍晋三(山口4)、あべ俊子((比)中国)、甘利明((比)南関東)、石田真敏((比)近畿)、石破茂(鳥取1)、石原伸晃(東京8)、伊東良孝(北海道7)、稲田朋美(福井1)、井上信治(東京25)、伊吹文明((比)近畿)、今津寛((比)北海道)、今村雅弘((比)九州)、岩屋毅((比)九州)、江渡聡徳(青森2)、江藤拓(宮崎2)、遠藤利明((比)東北)、大島理森(青森3)、大野功統(香川3)、小里泰弘(鹿児島4)、小野寺五典(宮城6)、小渕優子(群馬5)、梶山弘志(茨城4)、加藤勝信(岡山5)、加藤紘一(山形3)、金子一義(岐阜4)、金子恭之(熊本5)、金田勝年((比)東北)、鴨下一郎((比)東京都)、河井克行((比)中国)、川崎二郎((比)東海)、河村建夫(山口3)、城内実(静岡7)、岸田文雄(広島1)、北村茂男((比)北陸信越)、北村誠吾((比)九州)、木村太郎(青森4)、小池百合子((比)東京都)、小泉進次郎(神奈川11)、小泉龍司(埼玉11)、河野太郎(神奈川15)、高村正彦(山口1)、古賀誠(福岡7)、後藤田正純(徳島3)、近藤三津枝((比)近畿)、齋藤健((比)南関東)、坂本哲志(熊本3)、佐田玄一郎((比)北関東)、佐藤勉((比)北関東)、塩崎恭久(愛媛1)、塩谷立((比)東海)、柴山昌彦((比)北関東)、下村博文(東京11)、新藤義孝((比)北関東)、菅義偉(神奈川2)、菅原一秀((比)東京都)、平将明((比)東京都)、高市早苗((比)近畿)、高木毅(福井3)、竹下亘(島根2)、武田良太(福岡11)、武部勤((比)北海道)、竹本直一((比)近畿)、橘慶一郎(富山3)、田中和徳((比)南関東)、棚橋泰文(岐阜2)、谷公一((比)近畿)、谷垣禎一(京都5)、谷川弥一((比)九州)、谷畑孝((比)近畿)、田野瀬良太郎(奈良4)、田村憲久((比)東海)、徳田毅(鹿児島2)、永岡桂子((比)北関東)、長島忠美((比)北陸信越)、長勢甚遠((比)北陸信越)、中谷元(高知2)、中村喜四郎(茨城7)、二階俊博(和歌山3)、西野あきら(大阪13)、西村康稔(兵庫9)、丹羽秀樹(愛知6)、額賀福志郎((比)北関東)、野田聖子((比)東海)、野田毅((比)九州)、馳浩((比)北陸信越)、浜田靖一(千葉12)、林幹雄((比)南関東)、平井たくや((比)四国)、平沢勝栄(東京17)、福井照(高知1)、福田康夫(群馬4)、古川禎久(宮崎3)、古屋圭司((比)東海)、細田博之(島根1)、保利耕輔(佐賀3)、町村信孝(北海道5)、松浪健太((比)近畿)、松野博一((比)南関東)、松本純((比)南関東)、三ッ矢憲生(三重5)、宮腰光寛(富山2)、村上誠一郎(愛媛2)、村田吉隆((比)中国)、望月義夫((比)東海)、茂木敏充(栃木5)、森英介(千葉11)、森喜朗(石川2)、森山裕(鹿児島5)、柳本卓治((比)近畿)、山口俊一((比)四国)、山本公一(愛媛4)、山本幸三((比)九州)、山本拓(福井2)、山本有二(高知3)、吉野正芳((比)東北)2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た小渕優子小渕優子

    逢沢一郎(岡山1)、赤澤亮正(鳥取2)、秋葉賢也((比)東北)、麻生太郎(福岡8)、安倍晋三(山口4)、あべ俊子((比)中国)、甘利明((比)南関東)、石田真敏((比)近畿)、石破茂(鳥取1)、石原伸晃(東京8)、伊東良孝(北海道7)、稲田朋美(福井1)、井上信治(東京25)、伊吹文明((比)近畿)、今津寛((比)北海道)、今村雅弘((比)九州)、岩屋毅((比)九州)、江渡聡徳(青森2)、江藤拓(宮崎2)、遠藤利明((比)東北)、大島理森(青森3)、大野功統(香川3)、小里泰弘(鹿児島4)、小野寺五典(宮城6)、小渕優子(群馬5)、梶山弘志(茨城4)、加藤勝信(岡山5)、加藤紘一(山形3)、金子一義(岐阜4)、金子恭之(熊本5)、金田勝年((比)東北)、鴨下一郎((比)東京都)、河井克行((比)中国)、川崎二郎((比)東海)、河村建夫(山口3)、城内実(静岡7)、岸田文雄(広島1)、北村茂男((比)北陸信越)、北村誠吾((比)九州)、木村太郎(青森4)、小池百合子((比)東京都)、小泉進次郎(神奈川11)、小泉龍司(埼玉11)、河野太郎(神奈川15)、高村正彦(山口1)、古賀誠(福岡7)、後藤田正純(徳島3)、近藤三津枝((比)近畿)、齋藤健((比)南関東)、坂本哲志(熊本3)、佐田玄一郎((比)北関東)、佐藤勉((比)北関東)、塩崎恭久(愛媛1)、塩谷立((比)東海)、柴山昌彦((比)北関東)、下村博文(東京11)、新藤義孝((比)北関東)、菅義偉(神奈川2)、菅原一秀((比)東京都)、平将明((比)東京都)、高市早苗((比)近畿)、高木毅(福井3)、竹下亘(島根2)、武田良太(福岡11)、武部勤((比)北海道)、竹本直一((比)近畿)、橘慶一郎(富山3)、田中和徳((比)南関東)、棚橋泰文(岐阜2)、谷公一((比)近畿)、谷垣禎一(京都5)、谷川弥一((比)九州)、谷畑孝((比)近畿)、田野瀬良太郎(奈良4)、田村憲久((比)東海)、徳田毅(鹿児島2)、永岡桂子((比)北関東)、長島忠美((比)北陸信越)、長勢甚遠((比)北陸信越)、中谷元(高知2)、中村喜四郎(茨城7)、二階俊博(和歌山3)、西野あきら(大阪13)、西村康稔(兵庫9)、丹羽秀樹(愛知6)、額賀福志郎((比)北関東)、野田聖子((比)東海)、野田毅((比)九州)、馳浩((比)北陸信越)、浜田靖一(千葉12)、林幹雄((比)南関東)、平井たくや((比)四国)、平沢勝栄(東京17)、福井照(高知1)、福田康夫(群馬4)、古川禎久(宮崎3)、古屋圭司((比)東海)、細田博之(島根1)、保利耕輔(佐賀3)、町村信孝(北海道5)、松浪健太((比)近畿)、松野博一((比)南関東)、松本純((比)南関東)、三ツ矢憲生(三重5)、宮腰光寛(富山2)、村上誠一郎(愛媛2)、村田吉隆((比)中国)、望月義夫((比)東海)、茂木敏充(栃木5)、森英介(千葉11)、森喜朗(石川2)、森山裕(鹿児島5)、柳本卓治((比)近畿)、山口俊一((比)四国)、山本公一(愛媛4)、山本幸三((比)九州)、山本拓(福井2)、山本有二(高知3)、吉野正芳((比)東北)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示