前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • 小渕恵三

    小渕恵三から見た小渕優子小渕優子

    2か月後の衆議院選挙には次女の小渕優子が後継として群馬5区から出馬した。この選挙は小渕前首相の弔い合戦であるかのような様相を呈し、小渕優子は次点の山口鶴男(元日本社会党書記長・元総務庁長官)に13万票以上の大差をつけて当選した(以後、小渕優子は連続当選し、4期目の現職である)。小渕恵三 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た小渕優子小渕優子

    本内閣の特徴としては、閣僚の平均年齢は58.2歳と前内閣から4歳近く若返ったことがあげられる。これは、内閣府特命担当大臣で初入閣した小渕優子が任命時34歳と9か月と戦後最年少での閣僚就任となったことを含めて50代以下が10人を占めたことによる。しかし、前内閣からの再任者が5名おり、初入閣も5人と安倍内閣の11人の半分以下で、平均当選回数(衆院議員のみ)は6.5回で安倍内閣と同じで小泉内閣の5.8回を上回り、必ずしも「若返り」を意図した結果ではない。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 岡沢憲芙

    岡沢憲芙から見た小渕優子小渕優子

    2009年、北欧の政治・社会問題研究の第一人者として、ノルウェー王国より「ノルウェー王国功労勲章」を授与される (叙勲式には、早稲田大学公共経営研究科での教え子でもある小渕優子少子化・男女共同参画担当大臣(当時)が駆けつけた)。岡沢憲芙 フレッシュアイペディアより)

  • 公共経営研究科

    公共経営研究科から見た小渕優子小渕優子

    学生は、新卒の学生のほか、議員やジャーナリスト、研究職、NGOなどの分野の現役社会人が集まる。公共経営研究科をめぐる報道では、 自由民主党の衆議院議員小渕優子が合格したことが有名である。公共経営研究科 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た小渕優子小渕優子

    2001年7月に、群馬県で参議院選挙に立候補した吉川真由美を応援するための演説をするはずであったが、田中が応援演説の予定の午後4時よりも1時間以上前に群馬県庁前に到着し、応援すべき候補者が来るのを待たずに勝手に演説を始めた。このため吉川は別の場所で演説していたが、これを中断して群馬県庁前へ急行、田中と一緒に演説を始めた。田中は「これから新潟に行って外務省の用事があるもんですから、あと4分だけで終わりにしますが、候補者、どの人か知りません。駅についてチラシをもらうまで男か女かも知りませんでした。名誉のため、市議や県議をやったから国会に行ってみようとか、政治家の娘だから国会に行ってみようというのは税金の無駄遣いなんです。」と駅前で演説した(吉川は元群馬県議会議員であり、元衆議院議員熊川次男の娘。「政治家の娘」云々は群馬県を選挙区とする小渕優子のことかと思われるが、もちろん田中自身も政治家の娘である)。吉川が田中の批判的な発言をなだめるために、にこやかに「そんなぁ」と言いながら、田中の肩へ手を回したが、田中は「この候補者、なんておっしゃるんですか。知らないから触らないでください。知らない人に触られたくありません。では地元に用事がありますし、外務省に用事がありますのでこの辺で失礼します」と駅前の大衆に向かって演説した後、すぐに帰った。報道によれば外務省での公用などなく、地元の用事とは、新潟でのクラシックコンサートを見ることだったとされている。田中眞紀子の事務所には、事前に吉川についての資料が送られていた。結局吉川は落選した。田中は党紀委員会にかけられたが、小泉首相側はこれを擁護した。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 半田正

    半田正から見た小渕優子小渕優子

    2000年の衆議院議員選挙に日本共産党から立候補。しかし、立候補した群馬5区では、急死した小渕恵三前内閣総理大臣の次女・小渕優子が立候補しており半田は15倍近い得票差をつけられ、記録的な惨敗を喫した(小渕優子は163,991票、半田は11,674票)。半田正 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤懐智

    佐藤懐智から見た小渕優子小渕優子

    *上記2作品に学生時代の自民党議員(前少子化担当大臣)小渕優子が出演、週刊誌フライデーなどで取り上げられる。佐藤懐智 フレッシュアイペディアより)

  • 田島國彦

    田島國彦から見た小渕優子小渕優子

    2005年(平成17年) 第44回衆議院議員総選挙に初立候補。群馬県第5区で小渕優子に挑むも落選。その後、2007年(平成19年) 県政一新を掲げ群馬県議会議員選挙に太田市区より挑戦するが落選。田島國彦 フレッシュアイペディアより)

  • 公共経営修士 (専門職)

    公共経営修士 (専門職)から見た小渕優子小渕優子

    小渕優子(前内閣府特命担当大臣(少子化対策担当・男女共同参画担当)、衆議院議員)公共経営修士 (専門職) フレッシュアイペディアより)

  • 三浦展

    三浦展から見た小渕優子小渕優子

    経済評論家・公認会計士の勝間和代は、三浦を「私のあこがれの人の1人」とする。2009年2月10日に内閣府で開かれた、勝間もメンバー務めていた小渕優子内閣府特命担当大臣(少子化対策担当・男女共同参画担当)主催の「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム(PT)」の第1回会合(テーマ「恋愛・結婚」)に有識者として出席し、ヒアリングを受けた。三浦展 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「小渕優子」のニューストピックワード