56件中 11 - 20件表示
  • 土屋富久

    土屋富久から見た小渕優子小渕優子

    その後、2009年の第45回衆議院議員総選挙では群馬5区から出馬した。得票率は10%を上回り、供託金は没収されなかったものの、現職の小渕優子に大差をつけられ落選した。土屋富久 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た小渕優子小渕優子

    逢沢一郎(岡山1)、赤澤亮正(鳥取2)、秋葉賢也((比)東北)、麻生太郎(福岡8)、安倍晋三(山口4)、あべ俊子((比)中国)、甘利明((比)南関東)、石田真敏((比)近畿)、石破茂(鳥取1)、石原伸晃(東京8)、伊東良孝(北海道7)、稲田朋美(福井1)、井上信治(東京25)、伊吹文明((比)近畿)、今津寛((比)北海道)、今村雅弘((比)九州)、岩屋毅((比)九州)、江渡聡徳(青森2)、江藤拓(宮崎2)、遠藤利明((比)東北)、大島理森(青森3)、大野功統(香川3)、小里泰弘(鹿児島4)、小野寺五典(宮城6)、小渕優子(群馬5)、梶山弘志(茨城4)、加藤勝信(岡山5)、加藤紘一(山形3)、金子一義(岐阜4)、金子恭之(熊本5)、金田勝年((比)東北)、鴨下一郎((比)東京都)、河井克行((比)中国)、川崎二郎((比)東海)、河村建夫(山口3)、城内実(静岡7)、岸田文雄(広島1)、北村茂男((比)北陸信越)、北村誠吾((比)九州)、木村太郎(青森4)、小池百合子((比)東京都)、小泉進次郎(神奈川11)、小泉龍司(埼玉11)、河野太郎(神奈川15)、高村正彦(山口1)、古賀誠(福岡7)、後藤田正純(徳島3)、近藤三津枝((比)近畿)、齋藤健((比)南関東)、坂本哲志(熊本3)、佐田玄一郎((比)北関東)、佐藤勉((比)北関東)、塩崎恭久(愛媛1)、塩谷立((比)東海)、柴山昌彦((比)北関東)、下村博文(東京11)、新藤義孝((比)北関東)、菅義偉(神奈川2)、菅原一秀((比)東京都)、平将明((比)東京都)、高市早苗((比)近畿)、高木毅(福井3)、竹下亘(島根2)、武田良太(福岡11)、武部勤((比)北海道)、竹本直一((比)近畿)、橘慶一郎(富山3)、田中和徳((比)南関東)、棚橋泰文(岐阜2)、谷公一((比)近畿)、谷垣禎一(京都5)、谷川弥一((比)九州)、谷畑孝((比)近畿)、田野瀬良太郎(奈良4)、田村憲久((比)東海)、徳田毅(鹿児島2)、永岡桂子((比)北関東)、長島忠美((比)北陸信越)、長勢甚遠((比)北陸信越)、中谷元(高知2)、中村喜四郎(茨城7)、二階俊博(和歌山3)、西野あきら(大阪13)、西村康稔(兵庫9)、丹羽秀樹(愛知6)、額賀福志郎((比)北関東)、野田聖子((比)東海)、野田毅((比)九州)、馳浩((比)北陸信越)、浜田靖一(千葉12)、林幹雄((比)南関東)、平井たくや((比)四国)、平沢勝栄(東京17)、福井照(高知1)、福田康夫(群馬4)、古川禎久(宮崎3)、古屋圭司((比)東海)、細田博之(島根1)、保利耕輔(佐賀3)、町村信孝(北海道5)、松浪健太((比)近畿)、松野博一((比)南関東)、松本純((比)南関東)、三ッ矢憲生(三重5)、宮腰光寛(富山2)、村上誠一郎(愛媛2)、村田吉隆((比)中国)、望月義夫((比)東海)、茂木敏充(栃木5)、森英介(千葉11)、森喜朗(石川2)、森山裕(鹿児島5)、柳本卓治((比)近畿)、山口俊一((比)四国)、山本公一(愛媛4)、山本幸三((比)九州)、山本拓(福井2)、山本有二(高知3)、吉野正芳((比)東北)2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た小渕優子小渕優子

    逢沢一郎(岡山1)、赤澤亮正(鳥取2)、秋葉賢也((比)東北)、麻生太郎(福岡8)、安倍晋三(山口4)、あべ俊子((比)中国)、甘利明((比)南関東)、石田真敏((比)近畿)、石破茂(鳥取1)、石原伸晃(東京8)、伊東良孝(北海道7)、稲田朋美(福井1)、井上信治(東京25)、伊吹文明((比)近畿)、今津寛((比)北海道)、今村雅弘((比)九州)、岩屋毅((比)九州)、江渡聡徳(青森2)、江藤拓(宮崎2)、遠藤利明((比)東北)、大島理森(青森3)、大野功統(香川3)、小里泰弘(鹿児島4)、小野寺五典(宮城6)、小渕優子(群馬5)、梶山弘志(茨城4)、加藤勝信(岡山5)、加藤紘一(山形3)、金子一義(岐阜4)、金子恭之(熊本5)、金田勝年((比)東北)、鴨下一郎((比)東京都)、河井克行((比)中国)、川崎二郎((比)東海)、河村建夫(山口3)、城内実(静岡7)、岸田文雄(広島1)、北村茂男((比)北陸信越)、北村誠吾((比)九州)、木村太郎(青森4)、小池百合子((比)東京都)、小泉進次郎(神奈川11)、小泉龍司(埼玉11)、河野太郎(神奈川15)、高村正彦(山口1)、古賀誠(福岡7)、後藤田正純(徳島3)、近藤三津枝((比)近畿)、齋藤健((比)南関東)、坂本哲志(熊本3)、佐田玄一郎((比)北関東)、佐藤勉((比)北関東)、塩崎恭久(愛媛1)、塩谷立((比)東海)、柴山昌彦((比)北関東)、下村博文(東京11)、新藤義孝((比)北関東)、菅義偉(神奈川2)、菅原一秀((比)東京都)、平将明((比)東京都)、高市早苗((比)近畿)、高木毅(福井3)、竹下亘(島根2)、武田良太(福岡11)、武部勤((比)北海道)、竹本直一((比)近畿)、橘慶一郎(富山3)、田中和徳((比)南関東)、棚橋泰文(岐阜2)、谷公一((比)近畿)、谷垣禎一(京都5)、谷川弥一((比)九州)、谷畑孝((比)近畿)、田野瀬良太郎(奈良4)、田村憲久((比)東海)、徳田毅(鹿児島2)、永岡桂子((比)北関東)、長島忠美((比)北陸信越)、長勢甚遠((比)北陸信越)、中谷元(高知2)、中村喜四郎(茨城7)、二階俊博(和歌山3)、西野あきら(大阪13)、西村康稔(兵庫9)、丹羽秀樹(愛知6)、額賀福志郎((比)北関東)、野田聖子((比)東海)、野田毅((比)九州)、馳浩((比)北陸信越)、浜田靖一(千葉12)、林幹雄((比)南関東)、平井たくや((比)四国)、平沢勝栄(東京17)、福井照(高知1)、福田康夫(群馬4)、古川禎久(宮崎3)、古屋圭司((比)東海)、細田博之(島根1)、保利耕輔(佐賀3)、町村信孝(北海道5)、松浪健太((比)近畿)、松野博一((比)南関東)、松本純((比)南関東)、三ツ矢憲生(三重5)、宮腰光寛(富山2)、村上誠一郎(愛媛2)、村田吉隆((比)中国)、望月義夫((比)東海)、茂木敏充(栃木5)、森英介(千葉11)、森喜朗(石川2)、森山裕(鹿児島5)、柳本卓治((比)近畿)、山口俊一((比)四国)、山本公一(愛媛4)、山本幸三((比)九州)、山本拓(福井2)、山本有二(高知3)、吉野正芳((比)東北)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 日森文尋

    日森文尋から見た小渕優子小渕優子

    2000年の衆議院議員選挙の際、惜敗率で群馬5区の山口鶴男と争って議席を得たのだが、日森は選挙区で5人中3位、山口は16万票取った小渕優子についで2位だった。はたから見ると山口の方が当選すべきような気がするが、結局小渕の16万票が効いた格好になった。日森文尋 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕暁子

    小渕暁子から見た小渕優子小渕優子

    なお、暁子は小渕恵三の長子であるが、政治家にはならなかった。2000年(平成12年)5月に父の恵三が死去すると、5歳年下の妹で既に父の事務所に所属していた小渕優子が後継者となり、同年6月の第42回衆議院議員総選挙で群馬5区から当選した。その後、暁子は父への追憶を記した著書を出版した(下記)。小渕暁子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕千鶴子

    小渕千鶴子から見た小渕優子小渕優子

    1973年(昭和48年) 次女優子(後に衆議院議員)を出産小渕千鶴子 フレッシュアイペディアより)

  • 解禁!(秘)ストーリー 〜知られざる真実〜

    解禁!(秘)ストーリー 〜知られざる真実〜から見た小渕優子小渕優子

    インタビュー:井上公造、IKKO、逸見愛、逸見太郎、小渕優子、秋元康ほか解禁!(秘)ストーリー 〜知られざる真実〜 フレッシュアイペディアより)

  • 上州戦争

    上州戦争から見た小渕優子小渕優子

    2010年(平成22年)の参院選で中曽根弘文が立候補をする際に、福田康夫が選対事務長に小渕優子が選対本部長にそれぞれ就任した。自民党群馬県連の派閥争いの雪解けの象徴として注目されながら、中曽根は当選を果たした。上州戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 木村郁美

    木村郁美から見た小渕優子小渕優子

    1996年にアナウンサーとしてTBSに入社。同期には広重玲子(現:他部署に異動)・小笠原亘・志賀大士(現:制作三部ディレクター)がいる(部署は違うが小渕優子も同期入社)。1998年から1999年にかけて最大9本のレギュラー番組を抱えていた。最も忙しい時期だったのが『エクスプレス』のMCを務めていたころで、当時担当していた番組に加えてシドニーオリンピック中継の進行役もこなすなど、さまざまなジャンルの番組で活躍した。木村郁美 フレッシュアイペディアより)

  • 八ッ場ダム

    八ッ場ダムから見た小渕優子小渕優子

    上記政府答弁書で述べられている施工状態は2008年(平成20年)末の状態であるが、八ッ場ダムを選挙区に抱える自由民主党の小渕優子前少子化対策担当大臣は、2009年9月25日掲載の産経新聞「金曜討論」にて、「7割の工事が終わっているのに、ここで建設中止となると負担金の返還だけでなく、新たな治水整備費用、別の生活再建費用が必要になり、確実に中止した方が費用はかかる。」と述べた。八ッ場ダム フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「小渕優子」のニューストピックワード