78件中 61 - 70件表示
  • 平成

    平成から見た小渕優子小渕優子

    海部内閣で森山真弓が女性初の官房長官となり、小渕内閣で野田聖子が女性初の郵政大臣、小泉内閣で田中真紀子が女性初の外務大臣、第1次安倍内閣で小池百合子が女性初の防衛大臣、第2次安倍改造内閣で、高市早苗と小渕優子が、それぞれ女性初の総務大臣、経済産業大臣となった。女性大臣は昭和時代の男性のみ女性無しから、第1次小泉内閣、第2次安倍改造内閣女性大臣5人を最多に女性が平均1人から2人の割合で入閣するのが当たり前となった。1993年(平成5年)8月6日に日本社会党出身の土井たか子が女性初の衆議院議長(第68代)となり、2004年(平成16年)7月30日に自由民主党出身の扇千景が女性初の参議院議長(第26代)となる。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 山口鶴男

    山口鶴男から見た小渕優子小渕優子

    1996年1月、日本社会党の党名変更による社会民主党結党に参加。同年4月、勲一等旭日大綬章に叙された。同年9月、第41回衆議院議員総選挙に出馬せず、政界を引退する意向を表明した。しかし2000年に中選挙区で長くしのぎを削った小渕恵三が死去したため、群馬県第5区での立候補を土井たか子社民党党首から要請され、引退を撤回して群馬5区から社民党公認で出馬したが、小渕の次女・小渕優子に10万票以上の大差をつけられ敗北。比例北関東ブロックにも重複立候補していたが、惜敗率でわずかに日森文尋に及ばず、落選した。その後は社民党前議員会会長、がんばれ社民党OBGの会会長を務める。山口鶴男 フレッシュアイペディアより)

  • 第187回国会

    第187回国会から見た小渕優子小渕優子

    10月20日 - 小渕優子経済産業大臣、松島みどり法務大臣が辞任。第187回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次安倍内閣

    第1次安倍内閣から見た小渕優子小渕優子

    文部科学大臣政務官 - 小渕優子、水落敏栄第1次安倍内閣 フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・フセイン・シャリーフ

    モハメド・フセイン・シャリーフから見た小渕優子小渕優子

    2017年5月16日、小渕優子衆議院議員と会談。モハメド・フセイン・シャリーフ フレッシュアイペディアより)

  • 橋本岳

    橋本岳から見た小渕優子小渕優子

    小渕優子(父・龍太郎と1963年衆院選当選同期だった小渕恵三元首相の次女。優子の祖父・小渕光平と岳の祖父・橋本龍伍は1949年衆院選当選同期でもある)橋本岳 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ・フォレンジクス

    コンピュータ・フォレンジクスから見た小渕優子小渕優子

    日本では大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件を機に2010年、東京・大阪・名古屋各地検の特捜部に導入された。オリンパス事件、徳洲会事件、小渕優子関連団体の政治資金規正法違反事件などで応用された。2017年4月には東京地検内に全国の検察事務官などを集めて、人材育成や解析支援を担当する「DFセンター」が開設された。コンピュータ・フォレンジクス フレッシュアイペディアより)

  • 後藤田正純

    後藤田正純から見た小渕優子小渕優子

    2000年、第42回衆議院議員選挙に徳島3区から自由民主党公認で立候補し、初当選(当選同期に小渕優子・竹下亘・梶山弘志・左藤章・馳浩・松島みどりなど)。2003年11月9日、第43回衆議院議員総選挙で再選。後藤田正純 フレッシュアイペディアより)

  • はなまるマーケット

    はなまるマーケットから見た小渕優子小渕優子

    小渕優子(現:衆議院議員)はTBS社員時代、本番組のアシスタントディレクターを務めていた(小渕は1998年にTBSを退社)。はなまるマーケット フレッシュアイペディアより)

  • 松島みどり

    松島みどりから見た小渕優子小渕優子

    2012年の第46回衆議院議員総選挙では、東京14区で日本未来の党に鞍替えした木村剛司、民主党の元参議院議員である犬塚直史らを大差で破り、3年ぶりに国政に復帰する。選挙後、衆議院青少年問題に関する特別委員長に就任。2013年9月、第2次安倍内閣において、同じ東京都選出の衆議院議員である菅原一秀に代わり、経済産業副大臣に任命される。2014年9月、第2次安倍改造内閣で法務大臣に任命され初入閣したが、うちわ配布疑惑が報道され10月20日に辞表を提出し受理された(在任期間48日)。同日には第18代経済産業大臣小渕優子も辞任した。2014年の第47回衆議院議員総選挙で、5選。松島みどり フレッシュアイペディアより)

78件中 61 - 70件表示