1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
78件中 71 - 78件表示
  • 中曽根弘文

    中曽根弘文から見た小渕優子小渕優子

    中曽根陣営は、選挙対策本部の最高責任者である選挙対策事務長に元首相の福田康夫、選挙対策本部長に小渕優子を据え、他にも群馬県選出の佐田玄一郎や山本一太、自民党公認群馬県知事の大澤正明ら、自民党群馬県連総出の組織型選挙を展開した。福田や小渕が加わったこの選挙対策本部の布陣は、福田赳夫、中曽根康弘、小渕恵三が長年熾烈な争いを繰り広げてきた上州戦争の雪解けの象徴として注目された。中曽根弘文 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た小渕優子小渕優子

    麻生太郎新首相による新内閣組閣で、小渕優子が、戦後最年少の34歳で内閣府特命担当大臣(少子化担当相)で初入閣。第1次岸信介改造内閣で郵政相に就任した田中角榮の39歳を大幅に更新。閣僚名簿を官房長官ではなく首相自ら発表。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た小渕優子小渕優子

    趣味は読書、映画鑑賞、カラオケ、パソコン。日本酒党で「日本酒を愛する女性議員の会」(幹事長:小渕優子)で会長を、また日本酒造協会では顧問を務めている。野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 星美学園小学校

    星美学園小学校から見た小渕優子小渕優子

    小渕優子(星美幼稚園→星美小学校)星美学園小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 木村郁美

    木村郁美から見た小渕優子小渕優子

    1996年4月、TBSにアナウンサー31期生として入社。同期入社にはアナウンサーの小笠原亘・広重玲子(現在:ペイテレビ事業部)・志賀大士(現:制作局バラエティー制作部のプロデューサー)の他、別の部署に属していた小渕優子(現在:政治家)がいる。1998年から1999年にかけて最大9本のレギュラー番組を抱えていた。最も忙しい時期だったのが『エクスプレス』のMCを務めていた2000年頃で、当時担当していた番組に加えてシドニーオリンピック中継の進行役など、さまざまなジャンルの番組を担当していた。木村郁美 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原亘

    小笠原亘から見た小渕優子小渕優子

    学生時代に吉田照美のラジオ番組(『てるてるワイド』ほか)を聴いてアナウンサーを志す。1996年4月にアナウンサー31期生としてTBSに入社。同期には木村郁美・広重玲子(現・広報部職員)・志賀大士(現・制作三部ディレクター)がいる。部署は異なるが小渕優子も同期入社だった。小笠原亘 フレッシュアイペディアより)

  • 東京放送ホールディングス

    東京放送ホールディングスから見た小渕優子小渕優子

    小渕優子 - アシスタントディレクター。現自民党衆議院議員(5期)、麻生内閣にて特命担当大臣(男女共同参画・少子化対策)、第2次安倍改造内閣で経済産業大臣。東京放送ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 第2次安倍内閣 (改造)

    第2次安倍内閣 (改造)から見た小渕優子小渕優子

    安倍首相はこの内閣改造で「元気で豊かな地方の創生」を掲げるとともに、成長戦略の柱に据える「女性の活躍を推進」するための政策も打ち出してゆくことを明言している。これを象徴するように安倍は女性を閣僚に積極的に起用、その数は5名となり、それまで最多だった第1次小泉内閣に並んだ。ところが約1か月後に松島法相と小渕経産相が同時に辞任し、その補填は前者には女性を、後者には男性を充てたため、女性閣僚の数は1減の4名となった(→ 詳細は「女性閣僚2名の同日辞任」節を参照)。第2次安倍内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
78件中 71 - 78件表示