79件中 21 - 30件表示
  • 小渕優子

    小渕優子から見た中曽根弘文

    2010年(平成22年)7月、第22回参議院議員通常選挙で群馬県選挙区から出馬する中曽根弘文元外務大臣の選挙対策本部長に就任。福田康夫元首相も選対トップの選挙対策事務長を務め、長年上州戦争で争ってきた福田赳夫、中曽根康弘、小渕恵三の実子3人が手を組んだ。福田、小渕の他、群馬選出の佐田玄一郎や山本一太、群馬県知事の大澤正明(大澤は全国で唯一の政党の公認を受けて当選した知事である)ら自民党群馬県連総出の組織型選挙を展開し、中曽根は民主党の富岡由紀夫をダブルスコアの大差で破り5選。自由民主党こどもHAPPYプロジェクト特別委員会委員長に就任。小渕優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕優子

    小渕優子から見た福田赳夫

    2010年(平成22年)7月、第22回参議院議員通常選挙で群馬県選挙区から出馬する中曽根弘文元外務大臣の選挙対策本部長に就任。福田康夫元首相も選対トップの選挙対策事務長を務め、長年上州戦争で争ってきた福田赳夫、中曽根康弘、小渕恵三の実子3人が手を組んだ。福田、小渕の他、群馬選出の佐田玄一郎や山本一太、群馬県知事の大澤正明(大澤は全国で唯一の政党の公認を受けて当選した知事である)ら自民党群馬県連総出の組織型選挙を展開し、中曽根は民主党の富岡由紀夫をダブルスコアの大差で破り5選。自由民主党こどもHAPPYプロジェクト特別委員会委員長に就任。小渕優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕優子

    小渕優子から見た小渕光平

    祖父・光平 - 衆議院議員・光山社創業者小渕優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕優子

    小渕優子から見た脳梗塞

    1998年(平成10年)、父・小渕恵三の首相就任後、TBSを退社し小渕の私設秘書を務める。2000年(平成12年)4月3日に、小渕は脳梗塞により緊急入院し、翌5月に死去した。6月の群馬県第5区補欠選挙に自民党公認で出馬し、16万票超を獲得して初当選を果たす。。当選後、かつて小渕恵三が会長を務めた小渕派の流れを汲む平成研究会に入会。2003年(平成15年)、将来有望な新人議員が務めるケースの多い衆議院議事進行係に任命された。小渕優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕優子

    小渕優子から見た政治家

    小渕 優子(おぶち ゆうこ、1973年(昭和48年)12月11日 ‐ )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(5期)。小渕優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕優子

    小渕優子から見たはなまるマーケット

    東京都文京区生まれ(本籍地は群馬県吾妻郡中之条町)。星美学園幼稚園、同小学校を経て成城学園中学校に進学し、成城学園高等学校、成城大学経済学部経営学科を卒業。大学卒業後、TBSに入社。TBSでは『はなまるマーケット』のアシスタントディレクター等を務めた。小渕優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕優子

    小渕優子から見た群馬県選挙区

    2010年(平成22年)7月、第22回参議院議員通常選挙で群馬県選挙区から出馬する中曽根弘文元外務大臣の選挙対策本部長に就任。福田康夫元首相も選対トップの選挙対策事務長を務め、長年上州戦争で争ってきた福田赳夫、中曽根康弘、小渕恵三の実子3人が手を組んだ。福田、小渕の他、群馬選出の佐田玄一郎や山本一太、群馬県知事の大澤正明(大澤は全国で唯一の政党の公認を受けて当選した知事である)ら自民党群馬県連総出の組織型選挙を展開し、中曽根は民主党の富岡由紀夫をダブルスコアの大差で破り5選。自由民主党こどもHAPPYプロジェクト特別委員会委員長に就任。小渕優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕優子

    小渕優子から見た早稲田大学

    衆議院議員を務める傍ら、2005年(平成17年)9月、早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程に入学した。少子化について学び、2006年(平成18年)9月に修了した。小渕優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕優子

    小渕優子から見た不在者投票

    2006年(平成18年)の安倍内閣では週刊新潮や日刊ゲンダイ、橋本五郎らが小渕の入閣を予測していたが、結局入閣はなく、文部科学大臣政務官に就任。福岡中2いじめ自殺事件では遺族や学校関係者から事件の聞き取り調査を行う。2007年(平成19年)4月、群馬県高崎市内で記者会見を開き、妊娠を報告。同年9月23日の2007年自由民主党総裁選挙では不在者投票を行った後、25日に河野洋平衆議院議長に産休届を提出。3,374gの男児を都内の病院で出産した。小渕優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕優子

    小渕優子から見た補欠選挙

    1998年(平成10年)、父・小渕恵三の首相就任後、TBSを退社し小渕の私設秘書を務める。2000年(平成12年)4月3日に、小渕は脳梗塞により緊急入院し、翌5月に死去した。6月の群馬県第5区補欠選挙に自民党公認で出馬し、16万票超を獲得して初当選を果たす。。当選後、かつて小渕恵三が会長を務めた小渕派の流れを汲む平成研究会に入会。2003年(平成15年)、将来有望な新人議員が務めるケースの多い衆議院議事進行係に任命された。小渕優子 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「小渕優子」のニューストピックワード