283件中 21 - 30件表示
  • 陸上交通事業調整法

    陸上交通事業調整法から見た小湊鐵道小湊鐵道

    京成関連では、同法施行までに該当地区(東京城東・千葉東葛)の事業者の殆どは京成系列に入っていた。従って、1942年(昭和17年)に東京地下鉄道系列の葛飾乗合自動車の路線の一部を京成電気軌道が買収した程度の調整しか行われなかった。なお、設立時に京成が大きく関わっていた総武鉄道は柏以南も分断されず全路線が東武鉄道に合併され、そのまま東武野田線となった。また、千葉県の調整地区外では別途陸運統制令に基づき、千葉地区の乗合自動車会社のほとんどを合併。下総地区も京成傘下の成田鉄道(現・千葉交通)が地区内の乗合自動車会社を統合し、上総地区では、京成が安田財閥系の小湊鐵道およびその子会社の袖ヶ浦自動車(同地区内における乗合自動車会社の統合主体。1947年(昭和22年)7月小湊鐵道に合併)を買収して系列におさめた。陸上交通事業調整法 フレッシュアイペディアより)

  • 大多喜町

    大多喜町から見た小湊鐵道小湊鐵道

    東京ルート(小湊鐵道・鴨川日東バス・京成バス)大多喜町 フレッシュアイペディアより)

  • 長浦駅 (千葉県)

    長浦駅 (千葉県)から見た小湊鐵道小湊鐵道

    2004年(平成4年)10月16日 - 駅前広場整備完成に伴い、小湊鐵道バスが乗り入れ開始。長浦駅 (千葉県) フレッシュアイペディアより)

  • 五井駅

    五井駅から見た小湊鐵道小湊鐵道

    五井駅(ごいえき)は、千葉県市原市五井中央西と五井中央東にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・小湊鐵道の駅である。五井駅 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急電鉄の鉄道車両

    小田急電鉄の鉄道車両から見た小湊鐵道小湊鐵道

    過大な初期投資に加えて昭和初期の不況、さらに乱脈経営が祟り、厳しい経営状態を余儀なくされた小田急にとって、救いとなったのは1929年11月14日から開始された砂利輸送であった。東京へ直結するという線形が注目され、1930年には砂利輸送用の無蓋貨車の大量増備を迫られるほどになった。1931年には砂利輸送専用の運行時刻が設定され、1936年には小湊鐵道と鹿島参宮鉄道から余剰の無蓋貨車を購入して賄うほどの盛況となった。小田急電鉄の鉄道車両 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉労災病院

    千葉労災病院から見た小湊鐵道小湊鐵道

    JR東日本内房線 八幡宿駅東口バス乗り場から小湊鐵道バス「千葉労災病院行」に乗車し、千葉労災病院下車千葉労災病院 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉中央バス

    千葉中央バスから見た小湊鉄道小湊鐵道

    ちはら台の造成後、小湊鉄道がちはら台団地 - 五井駅線を開通したため、永吉入口 - 向井間は2社の並行区間となった。なお、小湊にも潤井戸という停留所があるが、この線の終点とはやや離れている。千葉中央バス フレッシュアイペディアより)

  • 鉄子の旅

    鉄子の旅から見た小湊鉄道小湊鐵道

    第31旅 - 鉄子ツアー in 小湊鉄道 - 五井駅、上総中野駅、月崎駅、上総久保駅、養老渓谷駅鉄子の旅 フレッシュアイペディアより)

  • 袖ケ浦市

    袖ケ浦市から見た小湊鐵道小湊鐵道

    品川線(日東交通・小湊鐵道・京浜急行バス)袖ケ浦市 フレッシュアイペディアより)

  • 牛久

    牛久から見た小湊鉄道小湊鐵道

    千葉県市原市にある小湊鉄道の駅 - 上総牛久駅牛久 フレッシュアイペディアより)

283件中 21 - 30件表示

「小湊鉄道」のニューストピックワード