127件中 11 - 20件表示
  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た蒸気機関車

    2015年11月15日から、上総牛久駅(最終的には里見駅) − 養老渓谷駅間にトロッコ列車「里山トロッコ」の運行が開始された。これに際して蒸気機関車を模したディーゼル機関車と小型のトロッコ客車が新製された。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た内房線

    鉄道路線として、東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線と接続する千葉県市原市の五井駅より、いすみ鉄道いすみ線に接続する夷隅郡大多喜町の上総中野駅まで39.1kmの小湊鉄道線を有する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た九十九里鉄道

    小湊鐵道はもともと安田財閥に所属し京成とは無関係であったが、戦時中の当局の勧奨により株式の大半が京成電鉄に買収され、京成電鉄の系列会社となったものである。しかし1970年代に京成電鉄が経営危機に陥り、資産整理のため持株が放出された結果、九十九里鉄道が小湊鉄道株を、また小湊鉄道が社長名義で九十九里鉄道株を持つ形態になり、京成電鉄の出資割合は大幅に下がっている。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た京成バス

    観光・高速バスのカラーリングがKaNaCカラーではなく、路線バスに準じた塗装となっている。なお、高速バスにおける他の京成系事業者(京成バス、ちばフラワーバス)との共同運行便は存在する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た青木栄一 (地理学者)

    青木栄一 小湊鉄道 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』1962年12月号(通巻139号)pp54-61。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た太平洋戦争

    鉄道事業のほかに路線バス・観光バス事業も展開しており、鉄道事業よりバス事業の方が高い収益を上げている。バス事業は太平洋戦争下で行われた陸運統制令に伴う戦時統合により、房総半島の木更津 - 勝浦以北のバス会社を袖ヶ浦自動車が統合し、さらに小湊が袖ヶ浦自動車を合併したことによる。かつてはタクシー事業も直営で行なっていたが、1986年に分社化された(「グループ会社」の節を参照)。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た外房線

    小湊鉄道では、鉄道事業のほか、乗合と貸切の両バス事業を計300両弱の車両によって営んでいる。バス事業は鉄道事業との区別もあり、「小湊バス(こみなとばす)」と呼ばれ親しまれている。乗合バスの営業エリアは房総半島中央部の内房線・外房線・小湊鉄道線沿線の広範囲、内房は千葉市から木更津市にかけて、外房は東金市から勝浦市までに及ぶ。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たさいたま市

    また、1997年12月以降は東京湾アクアライン経由路線をはじめとする特急・高速路線の動きが活発になっており、2014年8月現在で20路線が運行されている。特にアクアラインを経由する神奈川県発着(川崎・横浜)の路線の需要が根強く、羽田空港発着の各線も堅調に推移している。近年ではアクアラインを経由する路線以外も充実が図られ、千葉県内を横断する路線や埼玉県さいたま市発着の路線も開設されている。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た鉄道友の会

    鉄道友の会会誌『RAILFAN』2014年8月号pp32-34。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たドメイン名

    商号登記やWebドメインの登録組織名では「小湊鉄道」となっているが、対外的には旧字体を用いて「小湊鐵道」と表記している。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

127件中 11 - 20件表示

「小湊鉄道」のニューストピックワード