83件中 11 - 20件表示
  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た内房線

    鉄道路線として、東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線と接続する千葉県市原市の五井駅より、いすみ鉄道いすみ線に接続する夷隅郡大多喜町の上総中野駅まで39.1kmの小湊鉄道線を有する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た千葉市

    小湊鉄道による合併後は、戦前からの路線をベースにした地域間の路線網強化を図るとともに、昭和30年代から急速に発展した東京湾岸の工業地域に向かう路線や、千葉市・市原市の住宅団地へ向けた路線を多数開設した。京成千葉駅(現在の千葉中央駅)を起点とする中・長距離路線も拡充され、一時は房総街道や産業道路、茂原街道、大多喜街道など千葉市と房総を結ぶ主要道路上を、特急・急行・快速など複数の種別を持つ小湊バスが行き交っていた。しかし、競合する内房線・外房線の本数増加や、マイカーの普及、渋滞の悪化、さらには沿線市町村の過疎化など複数の要因が重なって利用者が減少し、こうした路線は昭和の終わり頃までにはおおむね姿を消した。また、過疎化の進展はほかの路線にも影響を及ぼし、1980年代から1990年代に掛けて外房地域を中心に大幅な路線の整理が行われている。1990年代末には大多喜と茂原の2つの営業所が廃止され、この地域の営業所は同時に車庫から昇格した長南営業所に集約された。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た青木栄一

    青木栄一 小湊鉄道 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』1962年12月号(通巻139号)pp54-61小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た蒸気機関車

    過去には蒸気機関車や客車を保有していたが、いずれも1962年までに全廃された。戦中戦後の一時期には余市臨港軌道から譲り受けた蒸気動車を1両保有していた。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た太平洋戦争

    鉄道事業のほかに路線バス、観光バス事業も展開しており、鉄道事業よりバス事業の方が高い収益を上げている。バス事業は太平洋戦争下で行われた陸運統制令に伴う戦時統合により、房総半島の木更津 - 勝浦以北のバス会社を袖ヶ浦自動車が統合し、さらに小湊が同社を合併したことによる。かつてはタクシー事業も直営で行っていたが1986年に分社化された(「グループ会社」の節を参照)。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た外房線

    小湊鉄道では、鉄道事業のほか、乗合と貸切の両バス事業を計280両の車両によって営んでいる。乗合バスの営業エリアは房総半島中央部の内房線・外房線・小湊鉄道線沿線の広範囲に及ぶ。首都圏の広範囲で利用できる路線バスのカード式回数乗車券であるバス共通カードについては導入されなかったが、バス事業に限って交通系ICカードPASMOのサービスを2010年3月14日に塩田営業所担当路線(姉崎車庫は同年5月2日から、木更津車庫は2011年1月22日から)にて開始した。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た株式

    小湊鉄道は元々安田財閥に所属し、京成とは無関係であったが、戦時中の当局の勧奨により株式の大半が京成電鉄に買収され、京成電鉄の系列会社となったものである。しかし、1970年代に京成電鉄が経営危機に陥り、資産整理のため持株が放出された結果、九十九里鉄道が小湊鉄道株を、また小湊鉄道が同社社長名義で九十九里鉄道株を持つ形態になり、京成電鉄の出資割合は大幅に下がっている。2005年3月31日時点では、九十九里鉄道が49.90%、京成電鉄が30.00%の株式を保有していたが、2007年3月期に京成電鉄の株式11.00%を九十九里鉄道が取得するなどした結果、2008年3月31日時点では九十九里鉄道が63.95%の株式を保有するに至っている。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た東京湾アクアライン

    その一方で、同じ頃千葉市や市原市、大網白里町(現・大網白里市)などではニュータウンの造成が相次ぎ、短距離の住宅輸送路線が新設・強化されていった。また、1990年代末以降は東京湾アクアライン経由路線をはじめとする特急・高速路線の動きが活発になっており、長距離路線や夜行バスの運行はないものの、自社企画旅行ブランド「赤とんぼツアー」などにも支えられ、乗務員の一部契約社員化の効果もあり、他社と比較すると業績は良好と見られている。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たPASMO

    小湊鉄道では、鉄道事業のほか、乗合と貸切の両バス事業を計280両の車両によって営んでいる。乗合バスの営業エリアは房総半島中央部の内房線・外房線・小湊鉄道線沿線の広範囲に及ぶ。首都圏の広範囲で利用できる路線バスのカード式回数乗車券であるバス共通カードについては導入されなかったが、バス事業に限って交通系ICカードPASMOのサービスを2010年3月14日に塩田営業所担当路線(姉崎車庫は同年5月2日から、木更津車庫は2011年1月22日から)にて開始した。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た京成バス

    京成電鉄の持分法適用関連会社であり、京成グループに名を連ねているが、事実上独立し、小湊グループを形成している。そのため観光・高速バスのカラーリングも、KaNaCカラーではなく、小湊・九十九里系各社では京成グループの統一ロゴ「K’SEI GROUP」も使用していない。また、観光バスツアーも「Kanacツアー」ではなく、独自の「赤とんぼツアー」を展開している。ちなみに、以前はツアーに新京成電鉄が協力している場合が多かった。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

83件中 11 - 20件表示

「小湊鉄道」のニューストピックワード