127件中 31 - 40件表示
  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た北陸重機工業

    車両は定期列車にはキハ200形気動車14両(キハ201 - キハ214)が使用されており、キハ209・210を除く12両が冷房車である。全車ロングシートであり、トイレはない。ワンマン運転は行なわれておらず、車掌が乗務する。なお、キハ209は休車中である。また、2015年11月から運行が開始された「里山トロッコ」には、北陸重機工業製でかつてのコッペル製蒸気機関車をイメージしたDB4形ディーゼル機関車と、客車ハフ101・ハテ101・ハテ102・クハ101が使用されている。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たオーレンシュタイン・ウント・コッペル

    車両は定期列車にはキハ200形気動車14両(キハ201 - キハ214)が使用されており、キハ209・210を除く12両が冷房車である。全車ロングシートであり、トイレはない。ワンマン運転は行なわれておらず、車掌が乗務する。なお、キハ209は休車中である。また、2015年11月から運行が開始された「里山トロッコ」には、北陸重機工業製でかつてのコッペル製蒸気機関車をイメージしたDB4形ディーゼル機関車と、客車ハフ101・ハテ101・ハテ102・クハ101が使用されている。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た京成グループ

    京成電鉄の持分法適用関連会社として京成グループに名を連ねているが、事実上独立し、小湊グループを形成している。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たちばフラワーバス

    観光・高速バスのカラーリングがKaNaCカラーではなく、路線バスに準じた塗装となっている。なお、高速バスにおける他の京成系事業者(京成バス、ちばフラワーバス)との共同運行便は存在する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た中鉄バス

    電化の計画もあったため客車については電車への改造を可能としたものが6両存在していたが、開業からわずか3年で中国鉄道へ売却してしまった。高滝ダムで発電した電気で電車を動かすつもりだったという。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たぽると出版

    和田由貴夫 「バス事業者訪問 No.173 小湊鐵道」『バスラマ・インターナショナル』 No.144、ぽると出版、2014年。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た日本国有鉄道

    「小湊鉄道」という社名になったのは、当初は誕生寺への参拝客輸送を目的に安房郡小湊町(現・鴨川市)を目指して着工されたことからで、資金不足と当時の土木建築技術の限界や、終着駅の上総中野駅に国鉄木原線(現・いすみ鉄道いすみ線)が接続したことから、小湊方面への建設は行われなかった。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た西日本車体工業

    車体に関して、現在はシャーシメーカー純正の車体が架装されているが、1984年 - 1997年頃にかけては中型車などの一部を除き、シャーシにかかわらず富士重工業(伊勢崎製作所)製の車体を架装していたことが特筆される。富士重工業製の車体を架装した車両は2014年までに塩田営業所管内から引退し、現在は長南営業所管内および東金営業所にて活躍している。また、西日本車体工業製の車体を架装した車両も同社の解散およびUDトラックスのバス販売終了で2010年までに導入を終了し、それ以降の新車は残り3メーカーから購入している。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た電気車研究会

    青木栄一 小湊鉄道 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』1962年12月号(通巻139号)pp54-61。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たボールドウィン・ロコモティブ・ワークス

    1号・2号 - ボールドウィン社製の蒸気機関車で、建設・開業用にアメリカから1924年に輸入。現在も五井機関区に保存されている。千葉県指定歴史資料。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

127件中 31 - 40件表示

「小湊鉄道」のニューストピックワード