127件中 41 - 50件表示
  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た長南グリーン

    長南グリーン株式会社★(本社:長生郡長南町叉富804)小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た千葉急行電鉄

    ほかに海士有木(あまありき)駅 - 千葉中央駅間の鉄道敷設免許も持っていたが、こちらは千葉急行電鉄に譲渡された。その一部が現在の京成千原線である(ちはら台駅 - 千葉中央駅間)。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たスバルカスタマイズ工房

    車体に関して、現在はシャーシメーカー純正の車体が架装されているが、1984年 - 1997年頃にかけては中型車などの一部を除き、シャーシにかかわらず富士重工業(伊勢崎製作所)製の車体を架装していたことが特筆される。富士重工業製の車体を架装した車両は2014年までに塩田営業所管内から引退し、現在は長南営業所管内および東金営業所にて活躍している。また、西日本車体工業製の車体を架装した車両も同社の解散およびUDトラックスのバス販売終了で2010年までに導入を終了し、それ以降の新車は残り3メーカーから購入している。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た九十九里鐵道

    乗合バスの営業所は、内房地域の路線を担当する塩田営業所(千葉市中央区)と、外房地域を担当する長南営業所(長南町)、東金営業所(東金市、九十九里鐵道に管理委託)の3か所がある。主な車庫として、塩田営業所の管轄下に姉崎・木更津の2車庫、長南営業所の管轄下に白子・茂原・大多喜・勝浦の4車庫を有する。一般乗合路線は、住宅輸送路線から工業地域の通勤路線、山間地域の生活路線、海岸沿いや渓谷を走る観光路線まで様々である。高速路線は東京湾アクアラインを経由して東京や神奈川に至るものが中心である。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た余市臨港軌道

    過去には蒸気機関車を保有していたが、1962年までに全廃された。客車もそのころまでに全廃され、「里山トロッコ」用の客車が2015年に製造されるまで保有客車はなくなっていた。戦中戦後の一時期には余市臨港軌道から譲り受けた蒸気動車を1両保有していた。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た市原市

    小湊鐵道株式会社(こみなとてつどう)は、千葉県市原市などに路線を有する鉄道会社・バス会社である。本社は千葉県市原市五井中央東1丁目1番地2に所在する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た東金市

    小湊鉄道では、鉄道事業のほか、乗合と貸切の両バス事業を計300両弱の車両によって営んでいる。バス事業は鉄道事業との区別もあり、「小湊バス(こみなとばす)」と呼ばれ親しまれている。乗合バスの営業エリアは房総半島中央部の内房線・外房線・小湊鉄道線沿線の広範囲、内房は千葉市から木更津市にかけて、外房は東金市から勝浦市までに及ぶ。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た千葉県

    小湊鐵道株式会社(こみなとてつどう)は、千葉県市原市などに路線を有する鉄道会社・バス会社である。本社は千葉県市原市五井中央東1丁目1番地2に所在する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た小湊鉄道線

    鉄道路線として、東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線と接続する千葉県市原市の五井駅より、いすみ鉄道いすみ線に接続する夷隅郡大多喜町の上総中野駅まで39.1kmの小湊鉄道線を有する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た房総半島

    鉄道事業のほかに路線バス・観光バス事業も展開しており、鉄道事業よりバス事業の方が高い収益を上げている。バス事業は太平洋戦争下で行われた陸運統制令に伴う戦時統合により、房総半島の木更津 - 勝浦以北のバス会社を袖ヶ浦自動車が統合し、さらに小湊が袖ヶ浦自動車を合併したことによる。かつてはタクシー事業も直営で行なっていたが、1986年に分社化された(「グループ会社」の節を参照)。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

127件中 41 - 50件表示

「小湊鉄道」のニューストピックワード