83件中 41 - 50件表示
  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た客車

    過去には蒸気機関車や客車を保有していたが、いずれも1962年までに全廃された。戦中戦後の一時期には余市臨港軌道から譲り受けた蒸気動車を1両保有していた。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た免許

    ほかに海士有木(あまありき)駅 - 千葉中央駅間の鉄道敷設免許も持っていたが、こちらは千葉急行電鉄に譲渡された。その一部が現在の京成千原線である。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た五井機関区

    1号・2号 - 建設・開業用にアメリカから1924年に輸入。現在も五井機関区に保存されている。千葉県指定歴史資料。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た安房郡

    「小湊鉄道」という社名になったのは、当初は誕生寺への参拝客輸送を目的に安房郡小湊町(現・鴨川市)を目指して着工されたことからで、資金不足と当時の土木建築技術の限界や、終着駅の上総中野駅に国鉄木原線(現・いすみ鉄道いすみ線)が接続したことから、同駅より先の建設は行われなかった。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たサイクルトレイン

    2010年4月3日から自転車をそのまま鉄道車両に持ち込めるサイクルトレインサービスを始めた。詳細はサイクルトレインの項ならびに同項からリンクされている小湊鐵道の当該ページを参照のこと。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た蒸気動車

    過去には蒸気機関車や客車を保有していたが、いずれも1962年までに全廃された。戦中戦後の一時期には余市臨港軌道から譲り受けた蒸気動車を1両保有していた。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た小湊鐵道塩田営業所

    乗合バスの営業所は、内房地域の路線を担当する塩田営業所(千葉市中央区)と、外房地域を担当する長南営業所(長南町)の2か所がある。主な車庫として、塩田営業所の管轄下に姉崎・木更津の2車庫、長南営業所の管轄下に白子・茂原・大多喜・勝浦の4車庫を有する。一般乗合路線は、住宅輸送路線から工業地域の通勤路線、山間地域の生活路線、海岸沿いや渓谷を走る観光路線まで様々である。高速路線は東京湾アクアラインを経由して東京や神奈川に至るものが中心である。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たバス共通カード

    小湊鉄道では、鉄道事業のほか、乗合と貸切の両バス事業を計280両の車両によって営んでいる。乗合バスの営業エリアは房総半島中央部の内房線・外房線・小湊鉄道線沿線の広範囲に及ぶ。首都圏の広範囲で利用できる路線バスのカード式回数乗車券であるバス共通カードについては導入されなかったが、バス事業に限って交通系ICカードPASMOのサービスを2010年3月14日に塩田営業所担当路線(姉崎車庫は同年5月2日から、木更津車庫は2011年1月22日から)にて開始した。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た夷隅郡

    鉄道路線として、東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線と接続する千葉県市原市の五井駅より、いすみ鉄道いすみ線に接続する夷隅郡大多喜町の上総中野駅まで39.1kmの小湊鉄道線を有する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たモーターカー

    このほか、営業用車両ではないが、工臨用の貨車や、2011年にいすみ鉄道より譲渡されたモーターカーがある。また、車両の扱いではないもののオートバイを改造した軌道自転車があり、保線作業に使用されている。軌道自転車の運転操作方法はバイクと同じで、エンジンを使って走行する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示

「小湊鉄道」のニューストピックワード