127件中 71 - 80件表示
  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た小湊鐵道塩田営業所

    乗合バスの営業所は、内房地域の路線を担当する塩田営業所(千葉市中央区)と、外房地域を担当する長南営業所(長南町)、東金営業所(東金市、九十九里鐵道に管理委託)の3か所がある。主な車庫として、塩田営業所の管轄下に姉崎・木更津の2車庫、長南営業所の管轄下に白子・茂原・大多喜・勝浦の4車庫を有する。一般乗合路線は、住宅輸送路線から工業地域の通勤路線、山間地域の生活路線、海岸沿いや渓谷を走る観光路線まで様々である。高速路線は東京湾アクアラインを経由して東京や神奈川に至るものが中心である。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見たバス共通カード

    首都圏の広範囲で利用できる路線バスのカード式回数乗車券であるバス共通カードについては導入されなかったが、バス事業に限って交通系ICカードPASMOのサービスを2010年3月14日に塩田営業所担当路線(姉崎車庫は同年5月2日から、木更津車庫は2011年1月22日から)にて開始した。高速路線車と塩田営業所の一般路線車は交通系ICカード対応の運賃箱を設置し、一般路線車は中扉にICカードリーダーを設置している。長南営業所、東金営業所の一般路線は交通系ICカード非対応であり、塩田営業所から転属してきた一般路線車は交通系ICカード非対応の運賃箱への交換と中扉または後扉のICカードリーダーの撤去を行っている。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た里見駅

    2015年11月15日から、上総牛久駅(最終的には里見駅) − 養老渓谷駅間にトロッコ列車「里山トロッコ」の運行が開始された。これに際して蒸気機関車を模したディーゼル機関車と小型のトロッコ客車が新製された。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た上総牛久駅

    2015年11月15日から、上総牛久駅(最終的には里見駅) − 養老渓谷駅間にトロッコ列車「里山トロッコ」の運行が開始された。これに際して蒸気機関車を模したディーゼル機関車と小型のトロッコ客車が新製された。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た鉄道車両の座席

    車両は定期列車にはキハ200形気動車14両(キハ201 - キハ214)が使用されており、キハ209・210を除く12両が冷房車である。全車ロングシートであり、トイレはない。ワンマン運転は行なわれておらず、車掌が乗務する。なお、キハ209は休車中である。また、2015年11月から運行が開始された「里山トロッコ」には、北陸重機工業製でかつてのコッペル製蒸気機関車をイメージしたDB4形ディーゼル機関車と、客車ハフ101・ハテ101・ハテ102・クハ101が使用されている。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た国鉄キハ04形気動車

    キハ41000形 41001・41002-1975年廃車、41003・41004-1973年廃車小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た鉄道ピクトリアル

    青木栄一 小湊鉄道 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』1962年12月号(通巻139号)pp54-61。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た特殊列車

    このほか営業用車両ではないが、工臨用の貨車や、2011年にいすみ鉄道より譲渡されたモーターカーがある。また、車両の扱いではないもののオートバイを改造した軌道自転車があり、保線作業に使用されている。軌道自転車の運転操作方法はバイクと同じで、エンジンを使って走行する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た保線

    このほか営業用車両ではないが、工臨用の貨車や、2011年にいすみ鉄道より譲渡されたモーターカーがある。また、車両の扱いではないもののオートバイを改造した軌道自転車があり、保線作業に使用されている。軌道自転車の運転操作方法はバイクと同じで、エンジンを使って走行する。小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

  • 小湊鐵道

    小湊鐵道から見た白子町

    白子車庫 千葉県長生郡白子町古所4628小湊鐵道 フレッシュアイペディアより)

127件中 71 - 80件表示

「小湊鉄道」のニューストピックワード