271件中 91 - 100件表示
  • 菊池寛賞

    菊池寛賞から見た小沢征爾小澤征爾

    小沢征爾と サイトウ・キネン・フェスティバル松本実行委員会菊池寛賞 フレッシュアイペディアより)

  • 城之内 ミサ

    城之内ミサから見た小澤征爾小澤征爾

    また、オリジナルアルバム『Theatre MJ』では、国立パリ・オペラ座管弦楽団による演奏で自作のシンフォニーを指揮した。同楽団を指揮したのは、日本人では小澤征爾に次いで2人目、女性では世界初であった。城之内ミサ フレッシュアイペディアより)

  • 梅田俊明

    梅田俊明から見た小澤征爾小澤征爾

    梅田 俊明(うめだ としあき)は、東京都出身の指揮者である。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、コントラバスを小野崎充、ピアノと室内楽を三善晃に師事する。桐朋学園在学中にはN響で鍵盤楽器を担当していろいろな指揮に親しむ。その後1986年にウィーン国立音楽大学の聴講生としてオットマール・スイトナークラスに出席し、同時にウィーン楽友協会の練習に通い指揮の研鑽を積む。1988年に帰国し仙台の外山雄三の下で更に実地の研鑽を積む。梅田俊明 フレッシュアイペディアより)

  • 入江美樹

    入江美樹から見た小澤征爾小澤征爾

    1968年9月、指揮者の小澤征爾と結婚。小澤ヴェラとなる。結婚後はファッションデザイナーとして活動。レディスブランド「ザ・ギンザ・バイ・ミズ・ヴェラ」などを手がける。入江美樹 フレッシュアイペディアより)

  • 立体音楽堂

    立体音楽堂から見た小沢征爾小澤征爾

    N響立体コンサート(NHK交響楽団による演奏会。指揮者はヴィルヘルム・ロイブナー、ヴィルヘルム・シュヒター、ヴィットリオ・グイ、ジョセフ・ローゼンストック、岩城宏之、外山雄三、小沢征爾、ジャン・マルティノンなど多数。中には大作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーの1959年の来日時の自作自演もある。放送された音源の一部については、日本ビクター、キングレコードなどからLP、CD、DVD化された。)立体音楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • レナード・ペナリオ

    レナード・ペナリオから見た小澤征爾小澤征爾

    エーリヒ・ラインスドルフやウラジミール・ゴルシュマン、小澤征爾、アンドレ・プレヴィンらとの共演で協奏曲の録音を残してきた。また室内楽では、一転して協調性を発揮し、他の独演者より控えめに振舞う傾向から、ハイフェッツやピアティゴルスキーらに共演相手として好まれて、いくつかの録音を残している。そのうちの一つは1962年にグラミー賞を獲得した。レナード・ペナリオ フレッシュアイペディアより)

  • 桐朋学園大学

    桐朋学園大学から見た小澤征爾小澤征爾

    伝統的にピアノ専攻、弦楽器専攻、指揮専攻、作曲専攻が有名で、小澤征爾をはじめとして優秀な演奏家を多数輩出している。少数精鋭の密度の高い教育を実践しており、子供のための音楽教室から大学・大学院まで一貫した体系を持つ。中でも、ソルフェージュ教育や室内楽、オーケストラなどは高いを評価を得ている。桐朋学園大学 フレッシュアイペディアより)

  • ニューイヤー・コンサート2002

    ニューイヤー・コンサート2002から見た小澤征爾小澤征爾

    『ニューイヤー・コンサート2002』は、小澤征爾&ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のライブ・アルバム。2002年1月19日に初回限定盤がリリース。同年3月27日には完全収録盤もリリースされた。ニューイヤー・コンサート2002 フレッシュアイペディアより)

  • 海野義雄

    海野義雄から見た小澤征爾小澤征爾

    ヴァイオリニストの父(海野次郎)とピアニストの母にヴァイオリンの英才教育を受け、青山学院高等部を経て、1954年、東京芸術大学に入学、鷲見三郎、兎束龍夫、ヴォルフガング・シュタフォンハーゲンに師事し、1958年、同大学を首席卒業した。同年12月、ヴィルヘルム・ロイブナー指揮のNHK交響楽団とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を共演し、1959年、23歳の若さでNHK交響楽団のコンサートマスターに抜擢され、また、NHK弦楽四重奏団を主宰し演奏活動をしていた。1962年、N響による小澤征爾ボイコット事件に際しては「あいつは耳がわるい」と小澤を批判し、小澤排斥の急先鋒に立っている。海野義雄 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤洋子

    安藤洋子から見た小澤征爾小澤征爾

    1989年木佐貫邦子ダンスアンサンブルにおいてコンテンポラリー・ダンスのキャリアを開始、中心メンバーとしての活動の他、山崎広太、笠井叡等多くのダンス公演に参加。1997年より自作自演のソロダンス活動を始める。その傍ら、野田秀樹作・演出:NODA.MAP「ローリング・ストーン」公演、小澤征爾指揮によるロベルト・ルパージュ演出のオペラ「ファウストの劫罰」、坂本龍一のオペラ「LIFE」など幅広く舞台で活躍。2001年からはウィリアム・フォーサイスが芸術監督を務めるフランクフルト・バレエ団(ドイツフランクフルト)に所属し、2004年の同団解散後もフォーサイスの新カンパニー(ザ・フォーサイス・カンパニー)の中心メンバーとして数多くの作品に出演、国際舞台での活躍が続いている。日本においてもダンス公演「モアレ」(2006年スパイラルホール)、イデビアン・クルー「排気口」(2008年世田谷パブリックシアター・井手茂太と共演)、ソロ公演「TANSU」(2009年川崎アートセンター)、「Largo」(2010年象の鼻テラス)、山口情報芸術センター委嘱によるインスタレーション作品(2011年YCAMホワイエ)等、自らの企画プロジェクトや外部カンパニーへのゲスト出演、振付けなど精力的に活動している。安藤洋子 フレッシュアイペディアより)

271件中 91 - 100件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード