343件中 121 - 130件表示
  • 前橋汀子

    前橋汀子から見た小澤征爾小澤征爾

    国際的に活躍。ストコフスキーの指揮によりカーネギー・ホールでアメリカ・デビューを果たしたほか、ズービン・メータ、クルト・マズア、小澤征爾、クリストフ・エッシェンバッハら著名指揮者のもと、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やロサンジェルス・フィルハーモニック、クリーヴランド管弦楽団などの一流オーケストラとも共演している。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団やチューリヒ・トーンハレ管弦楽団とは録音も行なってきた。前橋汀子 フレッシュアイペディアより)

  • NHK音楽祭

    NHK音楽祭から見た小澤征爾小澤征爾

    指揮:小澤征爾、ゲスト:マーカス・ロバーツ・トリオNHK音楽祭 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の文学

    2011年の文学から見た小澤征爾小澤征爾

    小澤征爾・村上春樹 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮社)2011年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 二山治雄

    二山治雄から見た小澤征爾小澤征爾

    二山の受賞は日本でも大きな話題となり、テレビニュースにもなっていたため本人がびっくりしたほどであった。3月20日には総理大臣安倍晋三を訪問し、その後文化関係者文部科学大臣表彰を受けた。その他にも、いろいろなイベントや舞台への出演機会が増えて生活が一変した。その中で二山自身が印象に残っているイベントは、2014年3月28日の読売巨人軍創設80周年記念セレモニーで、東京ドームの大観衆の目前で『ボレロ』を踊ったことと、同年9月に「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」で小澤征爾の指揮するオーケストラと共演したことであった。オーケストラの生演奏で踊るのは「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」が初めてだったが、小澤から「歌いながら踊りなさい」とアドバイスを受け、会場の雰囲気も温かかったため気持ちよく踊ることができたという。二山治雄 フレッシュアイペディアより)

  • サンフランシスコ交響楽団

    サンフランシスコ交響楽団から見た小澤征爾小澤征爾

    1911年に最初の演奏会を行なった。国内外で定期的に演奏旅行を行い、その演奏は、多くのラジオ局によって毎週のように放送されている。録音の歴史も長く、ピエール・モントゥー指揮のRCAへの録音、小澤征爾とエド・デ・ワールトのフィリップスへの録音、ヘルベルト・ブロムシュテットのデッカへの録音、マイケル・ティルソン=トーマスのBMGへの録音は著名である。また、自主レーベルSFS Mediaも設立された。附属のサンフランシスコ交響合唱団は1973年に設立され、1981年にはユース・オーケストラ(サンフランシスコ青年交響楽団)も併設された。サンフランシスコ交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 指揮 (音楽)

    指揮 (音楽)から見た小澤征爾小澤征爾

    小澤征爾等を育てた齋藤秀雄が唱えた斎藤メソッドでは、打点を示すために「叩き」といって何かを叩く動作をして明示的に示したり、「しゃくい」といって緩やかな曲線運動の中で加速度の変化を示したりする。このメソッドによると指揮法が誰にでも理解できる反面、速度変化による表情づけ(アゴーギク)を必要以上に単純化するという批判も少なくない。指揮 (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • 増井信貴

    増井信貴から見た小澤征爾小澤征爾

    岡部守弘、齋藤秀雄、小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、フランコ・フェラーラ、レナード・バーンスタインに師事。増井信貴 フレッシュアイペディアより)

  • ラン・ラン

    ラン・ランから見た小澤征爾小澤征爾

    これまで共演してきた指揮者は、ダニエル・バレンボイム、シャルル・デュトワ、クリストフ・エッシェンバッハ、ヴァレリー・ゲルギエフ、マリス・ヤンソンス、ジェームズ・レヴァイン、ロリン・マゼール、ズービン・メータ、サイモン・ラトル、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、ユーリ・テミルカーノフ、マイケル・ティルソン=トーマス、フランツ・ウェルザー=メスト、小澤征爾など。ラン・ラン フレッシュアイペディアより)

  • 吉永雅人

    吉永雅人から見た小澤征爾小澤征爾

    ソリストとして小澤征爾、井上道義、G.ボッセをはじめとする名匠らと協奏曲を共演する。東京ホルンクヮルテット、オイロス・アンサンブル、なぎさブラスゾリステン等のメンバーとしてCDをリリースするなど多方面で活躍している。現在、新日本フィルハーモニー交響楽団首席ホルン奏者、東京音楽大学、桐朋学園大学、桐朋学園芸術短期大学、各講師。吉永雅人 フレッシュアイペディアより)

  • ジェルジ・ジョーリヴァーニ=ラート

    ジェルジ・ジョーリヴァーニ=ラートから見た小澤征爾小澤征爾

    ブダペストの生まれ。幼少の頃よりトランペット、ピアノとチェロを学ぶも、リスト・フェレンツ音楽大学でエルヴィン・ルカーチやラースロー・ショモギーの薫陶を受けた。またヴァイマルでクルト・マズアの指導を受けたほか、キジアーナ音楽院でフランコ・フェラーラのマスター・クラスを受講し、タングルウッド音楽祭の講習会でレナード・バーンスタイン、小澤征爾、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー、グスタフ・メイエルの各氏に指揮法を教わった。1986年から1992年まで、トリノ・イタリア放送交響楽団、1989年から1992年まで、ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団、1990年から1996年までセビリア王立交響楽団のそれぞれで首席客演指揮者を務め、1993年から1995年までローマ室内管弦楽団及び合唱団の首席指揮者となった。2001年から翌年までブダペスト国立歌劇場の総監督に任命され、2002年から2004年までソウル・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者になった。2005年からはハンブルク州立歌劇場、2008年から2010年までハンガリー国立歌劇場の客演指揮者となり、2011年からハンガリー国立歌劇場の総監督に就任した。同年よりブダペスト・フィルハーモニー指揮者協会の議長を務める。ジェルジ・ジョーリヴァーニ=ラート フレッシュアイペディアより)

343件中 121 - 130件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード