343件中 131 - 140件表示
  • 矢崎彦太郎

    矢崎彦太郎から見た小澤征爾小澤征爾

    矢崎 彦太郎(やざき ひこたろう、1947年2月7日 - )は日本の指揮者。東京都出身。栄光学園中学校・高等学校から上智大学理工学部数学科に入学するも音楽への情熱を捨てきれず中退、東京藝術大学音楽学部指揮科卒業。金子登、渡邊暁雄、山田一雄、ハンス・スワロフスキー、セルジュ・チェリビダッケらに師事。日本フィルハーモニー交響楽団で小澤征爾のアシスタントを務めた後、東京交響楽団指揮者、ノルウェー国立放送管弦楽団首席客演指揮者、ドイツ・ホーフ交響楽団の首席客演指揮者、同楽団音楽監督・首席指揮者、バンコク交響楽団音楽監督・名誉指揮者などを歴任した。2002年、エリクソンモービル音楽賞(奨励賞)受賞。矢崎彦太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ミハウ・ドヴォジンスキ

    ミハウ・ドヴォジンスキから見た小澤征爾小澤征爾

    ブィドゴシュチュに生まれる。ワルシャワ音楽院でアントニ・ヴィトのクラスに在籍する傍らで、カーク・トレヴァーや葉聡の指揮法ワークショップに参加し、ハンス・アイスラー大学でクリスティアン・エーヴァルトの薫陶を受けた。15歳で指揮者として初舞台を踏み、1995年から1999年まで地元のサロン・オーケストラを指揮した。2000年から2002年までポーランド国立放送交響楽団の補助指揮者となり、小澤征爾、ダニエル・バレンボイム、イェジー・マクシミウク、カジミエシュ・コルトらの指導を受けた。2003年のマタチッチ国際指揮者コンクール優勝、2005年のスウォン国際指揮者コンクール第2位。2006年のドナテラ・フリック指揮コンクールでの優勝など、世界的な指揮者コンクールで優等な成績を収め、2006年から2008年までロンドン交響楽団の副指揮者を務めた。2007年にダニエル・ハーディングの代役としてロンドン交響楽団を指揮したのをきっかけに、世界各地のオーケストラに客演するようになった。2012年から翌年までシュチェチン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務め、2013年からクラクフ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任した。ミハウ・ドヴォジンスキ フレッシュアイペディアより)

  • 田島高宏

    田島高宏から見た小澤征爾小澤征爾

    中学2年の時に小澤征爾の著書『僕の音楽武者修行』を読んだことがきっかけで本格的に音楽の道を志し、和波孝禧に師事。田島高宏 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国国立交響楽団

    朝鮮民主主義人民共和国国立交響楽団から見た小沢征爾小澤征爾

    2007年1月、『小沢征爾氏に常任指揮者就任を打診したが断られた』という発表がなされたが、小沢征爾サイドはこの事実そのものを否定している。朝鮮民主主義人民共和国国立交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸室内管弦楽団

    水戸室内管弦楽団から見た小澤征爾小澤征爾

    音楽顧問・指揮者は小澤征爾であり、ほぼ毎年出演している。以前は若杉弘が頻繁に指揮した。小澤と師弟関係にある準・メルクルは2004年にデビューし、絶賛を博した。その後2006年、2008年、2009年と指揮台にのぼり、近年唯一の常連となっている(2010年も登場が決まっている)。他にジャン=フランソワ・パイヤール、ルドルフ・バルシャイ、トン・コープマン、トレヴァー・ピノック等、室内楽の達人が登壇している。基本的に指揮者なしでも演奏が可能であり、年間の半分は指揮者なしで公演を行う。2008年は小澤征爾が率いてヨーロッパツアーを行う予定であったが、小澤が急病のためリタイアする。その後小澤はメータ、バレンボイム、ムーティ、ブーレーズ、エッシェンバッハ等に代役を依頼したものの都合つかず、やむなく小澤は指揮者なしでツアーを強行させるよう指示し、成功に導いたという逸話がある(ただし細川俊夫の曲はラデク・バボラークが指揮を買って出た)。水戸室内管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 生江義男

    生江義男から見た小沢征爾小澤征爾

    宮城県石巻市生まれ。石巻中学校(現宮城県石巻高等学校)、東京高等師範学校卒、1941年病のため東京文理科大学史学科を中退(のち53年卒業)。1941年石巻中学校教諭、43年応召して中国に渡る。1948年桐朋学園に勤務し、桐朋女子部教務・事務主任、1960年桐朋幼稚園・桐朋小学校・桐朋女子中学校・高等学校の専任校長となり、通信簿廃止・入学時の筆記試験廃止など個性重視の教育を実践した。1951年音楽科を併設して、小沢征爾らの人材を輩出させた。1962年桐朋学園大学教授兼任、桐朋学園短期大学学長、86年理事長。日本私学研究所所長。生江義男 フレッシュアイペディアより)

  • 和洋九段女子中学校・高等学校

    和洋九段女子中学校・高等学校から見た小澤征爾小澤征爾

    1980年代の芸術鑑賞会では、パリ木の十字架少年合唱団を本校講堂に招いたり、当時の音楽教諭の尽力で小澤征爾指揮による音楽鑑賞会を昭和女子大学人見記念講堂で行ったりなど、芸術方面にも力を入れていた事がうかがえる。和洋九段女子中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ラビットスクーター

    ラビットスクーターから見た小澤征爾小澤征爾

    小澤征爾 - 若い頃に富士重工から借用し単身渡仏。ラビットスクーター フレッシュアイペディアより)

  • 安藤洋子

    安藤洋子から見た小澤征爾小澤征爾

    1989年木佐貫邦子ダンスアンサンブルにおいてコンテンポラリー・ダンスのキャリアを開始、中心メンバーとしての活動の他、山崎広太、笠井叡等多くのダンス公演に参加。1997年より自作自演のソロダンス活動を始める。その傍ら、野田秀樹作・演出:NODA.MAP「ローリング・ストーン」公演、小澤征爾指揮によるロベルト・ルパージュ演出のオペラ「ファウストの劫罰」、坂本龍一のオペラ「LIFE」など幅広く舞台で活躍。2001年からはウィリアム・フォーサイスが芸術監督を務めるフランクフルト・バレエ団(ドイツ、フランクフルト)に所属し、2004年の同団解散後もフォーサイスの新カンパニー(ザ・フォーサイス・カンパニー)の中心メンバーとして数多くの作品に出演、国際舞台での活躍が続いている。日本においてもダンス公演「モアレ」(2006年スパイラルホール)、イデビアン・クルー「排気口」(2008年世田谷パブリックシアター・井手茂太と共演)、ソロ公演「TANSU」(2009年川崎アートセンター)、「Largo」(2010年象の鼻テラス)、山口情報芸術センター委嘱によるインスタレーション作品(2011年YCAMホワイエ)等、自らの企画プロジェクトや外部カンパニーへのゲスト出演、振付けなど精力的に活動している。安藤洋子 フレッシュアイペディアより)

  • ミレッラ・フレーニ

    ミレッラ・フレーニから見た小澤征爾小澤征爾

    ミレッラ・フレーニ(Mirella Freni, 1935年2月27日 - )は、イタリアのオペラ歌手(ソプラノ)で、若々しい声質と優れた演技力で評価が高い。彼女のレパートリーは約40ほどの役柄からなり、主にヴェルディとプッチーニを中心にしているが、チャイコフスキーの『エフゲニー・オネーギン』のタチヤーナも含む。小澤征爾は若い頃、ウィーンでオペラの練習のピアノ弾きをしており、ミレッラ・フレーニとブルガリアのバス歌手ニコライ・ギャウロフの練習の伴奏も担当していた。その後フレーニはニコライと結婚し、二人はしばしば舞台およびレコード録音で共演している。ミレッラ・フレーニ フレッシュアイペディアより)

343件中 131 - 140件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード