271件中 11 - 20件表示
  • ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ

    ムスティスラフ・ロストロポーヴィチから見た小澤征爾小澤征爾

    1995年 阪神淡路大震災の追悼で小澤征爾共に追想演奏を行った。ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • 萩元晴彦

    萩元晴彦から見た小澤征爾小澤征爾

    同年9月、脳梗塞で死去。葬儀は、萩元とゆかりの深い(後述)カザルスホールで行われた。音楽葬の形をとり、今井信子・堀米ゆず子らの弦楽演奏、小澤征爾・井上道義指揮による新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏を織り交ぜながら進行した。萩元晴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 1959年

    1959年から見た小澤征爾小澤征爾

    2月1日 - 小澤征爾、音楽武者修行の旅を神戸港より出発。1959年 フレッシュアイペディアより)

  • 山本直純

    山本直純から見た小澤征爾小澤征爾

    東京五反田の至誠病院に生まれ、中野区や大田区や豊島区などを転々として育つ。幼児期から父山本直忠の作曲弟子、作曲家渡辺浦人によって徹底した早期音楽英才教育を施されたほか、自由学園で羽仁協子や久山恵子、林光、三善晃などと共に早期音楽教育を受ける。自由学園時代の学友の一人に渡辺岳夫がいる。指揮は高校時代から自由学園を借りて毎週日曜に開かれていた齋藤秀雄指揮教室で齋藤秀雄に師事。同時期の同門に、小澤征爾、久山恵子、秋山和慶、飯守泰次郎、尾高忠明らがいる。小澤征爾は後に、「自分は日本に留まって音楽の底辺を広げる。お前は世界を目指せ」と山本から告げられたことがあった、と語っている。山本直純 フレッシュアイペディアより)

  • 武満徹

    武満徹から見た小澤征爾小澤征爾

    1958年に行われた「20世紀音楽研究所」(吉田秀和所長、柴田南雄、入野義朗、諸井誠らのグループ)の作曲コンクールにおいて8つの弦楽器のための『ソン・カリグラフィI』(1958年)が入賞したことがきっかけとなり、1959年に同研究所に参加。2本のフルートのための『マスク』(1959年)、オーケストラのための『リング』(1961年)などを発表する。大阪御堂会館で行われた『リング』の初演で指揮を務めた小澤征爾とは、以後生涯にわたって親しく付き合うことになる。この時期の作品では、ほかに日本フィルハーモニー交響楽団からの委嘱作品『樹の曲』(1961年、「日フィルシリーズ」第6回委嘱作品)、NHK交響楽団からの委嘱作品『テクスチュアズ』(1964年、東京オリンピック芸術展示公演)などがある。武満徹 フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第9番 (ベートーヴェン)

    交響曲第9番 (ベートーヴェン)から見た小澤征爾小澤征爾

    1998年2月7日、長野オリンピックの開会式において世界の5大陸・6ヶ国・7か所で連携しての演奏が試みられ、その映像が世界中に中継された。歌われた場所は小澤征爾がタクトを振った長野県県民文化会館、中国・北京の紫禁城、オーストラリア・シドニーのオペラハウス前、ドイツ・ベルリンのブランデンブルク門、黒人と白人の混成合唱団で歌われた南アフリカ共和国・ケープタウンの喜望峰、アメリカ・ニューヨークの国連本部、開会式が行われた長野オリンピックスタジアムである。午前11時に始まった開会式では、聖火が聖火台に点火されたあと、セレモニーのフィナーレとして歓喜の歌が歌われた。曇り空の長野、気温が氷点下の北京、真夏で晴天のシドニー、真夜中のベルリン、夜明けのケープタウンと、時刻や季節、さらには服装まで、全く異なる演奏風景が交互に映し出された。(厳密には通信による遅れを調整しており、伴奏となる文化会館の演奏をスタジアム以外の各地に届けて合唱し、その映像が最終的にスタジアムで同期するよう再送された。従って最も演奏が早い文化会館と最も遅いスタジアムで幾秒かのタイムラグがあり、このために指揮者は離れた場所にいる必要があった。)また喜望峰では日の出と重なり、歌が進むにつれて一帯が明るくなっていく様子が映し出された。交響曲第9番 (ベートーヴェン) フレッシュアイペディアより)

  • レナード・バーンスタイン

    レナード・バーンスタインから見た小澤征爾小澤征爾

    1969年にニューヨーク・フィルの音楽監督を辞任した後は常任指揮者等の特定のポストには就かず、ウィーン・フィル、イスラエル・フィル、バイエルン放送交響楽団、ロンドン交響楽団、フランス国立管弦楽団などに客演た。ことに同じユダヤ系であるグスタフ・マーラーの演奏は自ら“自分で書いたような気がしてくる”と言うほどで、数々の演奏を残した。音楽解説者・教育者としても大きな業績を残し、テレビ放送でクラシック音楽やジャズについての啓蒙的な解説を演奏を交えて行った。マイケル・ティルソン・トーマス、小澤征爾、大植英次、佐渡裕など多くの弟子を世に送り出したことでも有名である。レナード・バーンスタイン フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・フィルハーモニック

    ニューヨーク・フィルハーモニックから見た小澤征爾小澤征爾

    その長い歴史の中で必ずしも常に最高の演奏水準を保ってきたわけではないが、伝統的に特に管楽器に名手を多く擁し、幅広いレパートリーに対応できる柔軟性を誇っている。ニューヨーク・フィルの自主制作CD“The Historical Broadcasts 1923 to 1987”のブックレットには、ニューヨーク・フィルの特徴を「どの指揮者にも合わせることのできる『カメレオンのような』柔軟性」と記されている(p.23)。他のアメリカの主要オーケストラ(たとえば、オーマンディやストコフスキーとフィラデルフィア、セルとクリーヴランド、ショルティとシカゴ、クーセヴィツキー、小澤征爾やミュンシュとボストン)に比べると、特定の指揮者との長期間の結び付きは、ニューヨーク・フィルにはない。ニューヨーク・フィルハーモニック フレッシュアイペディアより)

  • ザルツブルク音楽祭

    ザルツブルク音楽祭から見た小澤征爾小澤征爾

    1956年、カラヤンが音楽祭芸術監督に就任した(1960年まで)。カラヤンは音楽祭の諸改革や新機軸を次々と打ち出し、1957年からはウィーン・フィル以外のオーケストラも呼ぶことになり、その手始めとして彼の手兵のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が音楽祭に初出演した。また、祝祭大劇場の建築を主導し1960年に完成、カラヤン指揮の「ばらの騎士」で杮落としが行われた。従来の祝祭劇場は1963年に改装された。カラヤン以外にも、戦前から出演していたベームを初めヨーゼフ・カイルベルト、イシュトヴァン・ケルテス、ズービン・メータ、ロリン・マゼール、クラウディオ・アバド、ジェームズ・レヴァイン、小澤征爾ら時代を代表する顔ぶれでその地位を揺るぎないものとした。この時期には一部のチケットはプレミアにより高額で取引されていた。カラヤンは指揮以外にも自ら歌劇の演出を行い、1965年の「ボリス・ゴドゥノフ」初めて成功を得た。ザルツブルク音楽祭 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡裕

    佐渡裕から見た小澤征爾小澤征爾

    京都市立芸術大学在学中に指揮活動を開始。1980年頃に京都光華中学校・高等学校のブラスバンドをはじめアマチュアオーケストラ、関西二期会副指揮者などを経てタングルウッド音楽祭オーディションへの参加許可を得る。同音楽祭で小澤征爾、レナード・バーンスタインに師事。二人のスポンサーの協力を得てウィーンに渡り、バーンスタインのアシスタントを務め、1989年にブザンソン国際指揮者コンクールで優勝し指揮者としてプロデビューする。その後数多くのオーケストラ、吹奏楽団を指揮。佐渡裕 フレッシュアイペディアより)

271件中 11 - 20件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード