343件中 11 - 20件表示
  • 吉田秀和

    吉田秀和から見た小澤征爾小澤征爾

    1948年、斎藤秀雄、井口基成、伊藤武雄と「子供のための音楽教室」を開設し、初代室長。一期生には小澤征爾(指揮者)、中村紘子(ピアニスト)、堤剛(チェリスト、現:桐朋学園大学学長)らがいる。「子供のための音楽教室」は、後の桐朋学園音楽部門の母体となった。一般には公にされていないがこのころ諏訪根自子さんにあったという吉田秀和 フレッシュアイペディアより)

  • 小菅優

    小菅優から見た小澤征爾小澤征爾

    2008年にロジャー・ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団の日本ツアーのソリスト、同年にNHK交響楽団定期演奏会にてタン・ドゥン作曲・指揮によるピアノ協奏曲「ファイア」の日本初演、2009年に小澤征爾指揮水戸室内管弦楽団、同年に大植英次指揮ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニーの日本ツアーのソリスト、2010年に山田和樹指揮サイトウ・キネン・オーケストラとの共演などを果たしている。小菅優 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥は星形の庭に降りる

    鳥は星形の庭に降りるから見た小澤征爾小澤征爾

    演奏時間は13?14分の小品ながら、半ば過ぎあたりの鉄琴やチェレスタなどの神秘的に響く部分などにしっかりと武満の刻印が記されており、彼を代表する作品の一つとなっている。小澤征爾指揮、ボストン交響楽団により初演され、主にアメリカ、イギリスなど日本国外で人気を博した。鳥は星形の庭に降りる フレッシュアイペディアより)

  • 萩元晴彦

    萩元晴彦から見た小澤征爾小澤征爾

    同年9月、脳梗塞で死去。葬儀は、萩元とゆかりの深い(後述)カザルスホールで行われた。音楽葬の形をとり、今井信子・堀米ゆず子らの弦楽演奏、小澤征爾・井上道義指揮による新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏を織り交ぜながら進行した。萩元晴彦 フレッシュアイペディアより)

  • ボストン交響楽団

    ボストン交響楽団から見た小澤征爾小澤征爾

    1973年より音楽監督に就任した小澤征爾は、その情緒的な表現様式によってたちどころにボストン市民を魅了、市中で最も愛される音楽家となった。2002年まで在任し、歴代のボストン響の指揮者の中で最も任期の長い指揮者となった。その在任中、1978年3月、1981年秋、1986年、1989年にはボストン響を率いて日本を訪れ、来日公演を行っている。 なお小澤の在任期間中には日本から若杉弘も客演した事がある。ボストン交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • ファウストの劫罰

    ファウストの劫罰から見た小澤征爾小澤征爾

    1999年9月、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、長野県松本文化会館、サイトウ・キネン・オーケストラおよび東京オペラシンガーズ&SFK松本児童合唱団、演出:ロベール・ルパージュ、指揮:小澤征爾、歌手:ジョルダーノ・サバティーニ(ファウスト)、ジョゼ・ヴァン・ダム(メフィスト)、スーザン。グラハム(マルガリータ)、クレイトン・ブレイナード(ブランデル)、パリ・オペラ座との共同制作。4日は松本城(野外コンサート)での上演。ファウストの劫罰 フレッシュアイペディアより)

  • 小澤開作

    小澤開作から見た小澤征爾小澤征爾

    満州事変の立役者であった板垣征四郎と石原完爾とは同志であり、第三子には両者の名を取って征爾と名付けた。満州での立場は満州国を日本の植民地や傀儡国家としてではなく、五族協和の王道楽土として実現させようとする熱烈な理想主義者であった。宣撫官の最高責任者であった八木沼丈夫とは、中国人を同胞として尊重しようという部分では一致していたものの、細部において理念が異なったため、関係は険悪であった。また息子の俊夫によると「日本から満州に来た官僚の中で一番悪いのは岸信介だ。地上げをし、現地人は苦しめ、賄賂を取って私財を増やした。だから、岸が自民党総裁になったときにこんなヤツを総裁にするなんて、日本の未来はない」と語っていたと述べている。1940年に雑誌『華北評論』を創刊、日中戦争の非を唱える。小澤開作 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年長野オリンピック

    1998年長野オリンピックから見た小澤征爾小澤征爾

    長野オリンピックの開会式は、今上天皇・皇后臨席の下、2月7日午前11時から長野オリンピックスタジアムで行われた。当初は夜間の開催だったが、アメリカの放映権を持つCBSの要請により昼間に変更。同時に開催時間を2時間以内に設定していた。総合演出(総合プロデューサー)は劇団四季の浅利慶太が担当(シニアプロデューサーが萩元晴彦、音楽アドバイザーが小澤征爾、イメージ監督が新井満、映像監督が今野勉)。善光寺の鐘の音を合図にスタートした。御柱の建御柱、大相撲幕内力士の土俵入り、横綱の曙の土俵入りが行われ、歌手の森山良子と子供達によりテーマソング「明日こそ、子供たちが…When Children Rule the World」が披露された。1998年長野オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 宮田大

    宮田大から見た小澤征爾小澤征爾

    これまでに国内の主要オーケストラはもとより、パリ管弦楽団、フランクフルトシンフォニエッタ、S.K.ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団などと共演している。 02年、桐朋学園音楽部門創立50周年記念演奏会において小澤征爾指揮でチェロ協奏曲を演奏し、12年に小澤征爾が指揮する水戸室内管弦楽団とチェロ協奏曲を共演した。小澤征爾、E.インバル、L.スワロフスキー、C.ポッペン、ダン・エッティンガーなどの指揮者や、L.ハレル、ギドン・クレーメル、ユーリー・バシュメット、マキシム・ヴェンゲーロフ、オーギュスタン・デュメイなどの著名な演奏家、日本を代表する多くの演奏家・指揮者と共演し、国内外の音楽祭やソロ活動を活発に行っている。2016年にサントリーホールで無伴奏チェロリサイタルを開催した。宮田大 フレッシュアイペディアより)

  • エルノ・ローザ

    エルノ・ローザから見た小澤征爾小澤征爾

    イェフディ・メニューインやゲオルク・ショルティ、小澤征爾、ルッジェーロ・リッチ、エルネスト・ローザ、ティボール・ヴァルガ、ローサ・ファイン、 ミンチョ・ミンチェフ、ジェルジ・パウク等の推薦・指導を受け、彼らのもとで数々のソロ演奏を行うなど多数活躍する。ドイツのラジオ放送への出演、レコーディングも多くこなしながら、ヨーロッパ各地でのコンサートを展開する。エルノ・ローザ フレッシュアイペディアより)

343件中 11 - 20件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード