343件中 21 - 30件表示
  • 1959年

    1959年から見た小澤征爾小澤征爾

    2月1日 - 小澤征爾、音楽武者修行の旅に神戸港より出発。1959年 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡裕

    佐渡裕から見た小澤征爾小澤征爾

    京都市立芸術大学在学中に指揮活動を開始。1980年頃に京都光華中学校・高等学校のブラスバンドをはじめアマチュアオーケストラ、関西二期会副指揮者などを経てタングルウッド音楽祭オーディションへの参加許可を得る。同音楽祭で小澤征爾、レナード・バーンスタインに師事。二人のスポンサーの協力を得てウィーンに渡り、バーンスタインのアシスタントを務め、1989年にブザンソン国際指揮者コンクールで優勝し指揮者としてプロデビューする。その後、数多くのオーケストラ、吹奏楽団を指揮。佐渡裕 フレッシュアイペディアより)

  • 高関健

    高関健から見た小澤征爾小澤征爾

    東京都出身。幼少期にピアノとヴァイオリンを学ぶ。桐朋女子高等学校音楽科を卒業。桐朋学園大学在学中には、齋藤秀雄、秋山和慶、小澤征爾、森正、山本七雄らに師事し、指揮法を学び、1977年、カラヤン指揮者コンクール・ジャパンで優勝した。高関健 フレッシュアイペディアより)

  • 金洪才

    金洪才から見た小澤征爾小澤征爾

    桐朋学園大学音楽学部卒業。指揮を堤俊作、秋山和慶、小澤征爾らに師事。1978年、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団特別演奏会でデビュー。1979年、東京国際音楽コンクール〈指揮〉部門で第2位と、初めての特別賞(齋藤秀雄賞)を受賞。1980年、テレビ番組『オーケストラがやって来た』の専属指揮者に、また1981年にはNTV系『私の音楽会』の専属指揮者に選ばれる。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、広島交響楽団の指揮者を歴任の傍ら、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ全国の主要オーケストラに客演。内外の著名ソリストとも数多く共演。1988年7月、中国国立放送管弦楽団を指揮。1989年よりベルリンにおいて作曲家、尹伊桑(ユン・イサン)の下で研鑽を積む。1991年、帰国後にユン・イサンの作品、交響曲第2番、第3番を始め数多くの管弦楽作品を日本初演(新日本フィル、東響、京響、他)。 1992年9月には、ニューヨーク・コーリアン交響楽団を指揮し、カーネギーホールでアメリカデビュー。また、1998年に長野で開催されたパラリンピック開幕式典演奏の指揮をつとめた。同年、渡邉暁雄音楽賞受賞。金洪才 フレッシュアイペディアより)

  • オリヴィエ・メシアン

    オリヴィエ・メシアンから見た小澤征爾小澤征爾

    晩年も精力的に創作活動を続け、また1960年代には影を潜めていた調性的志向も復活した。アメリカ合衆国ユタ州の大自然に印象を得た90分の大作『峡谷から星たちへ…』、フランスの国家プロジェクトとして小澤征爾の指揮で初演された上演に6時間を要するオペラ『アッシジの聖フランチェスコ』、最後に完成した作品でやはり80分の大作『彼方の閃光』がある。最晩年には『四重協奏曲』の作曲を試みたが、こちらは未完に終わり、イヴォンヌ・ロリオがジョージ・ベンジャミンの協力の下で補筆完成させた。オリヴィエ・メシアン フレッシュアイペディアより)

  • 東京少年少女合唱隊

    東京少年少女合唱隊から見た小澤征爾小澤征爾

    2007年 - 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトにてビゼー作曲「カルメン」に出演東京少年少女合唱隊 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・フィルハーモニック

    ニューヨーク・フィルハーモニックから見た小澤征爾小澤征爾

    その長い歴史の中で必ずしも常に最高の演奏水準を保ってきたわけではないが、伝統的に特に管楽器に名手を多く擁し、幅広いレパートリーに対応できる柔軟性を誇っている。ニューヨーク・フィルの自主制作CD“The Historical Broadcasts 1923 to 1987”のブックレットには、ニューヨーク・フィルの特徴を「どの指揮者にも合わせることのできる『カメレオンのような』柔軟性」と記されている(p.23)。逆に、他のアメリカの主要オーケストラ(たとえば、オーマンディやストコフスキーとフィラデルフィア、セルとクリーヴランド、ショルティとシカゴ、クーセヴィツキーや小澤征爾あるいはミュンシュとボストン)に比べると、特定の指揮者との長期間の結び付きは、ニューヨーク・フィルにはない。ニューヨーク・フィルハーモニック フレッシュアイペディアより)

  • 武満徹

    武満徹から見た小澤征爾小澤征爾

    1958年に行われた「20世紀音楽研究所」(吉田秀和所長、柴田南雄、入野義朗、諸井誠らのグループ)の作曲コンクールにおいて8つの弦楽器のための『ソン・カリグラフィI』(1958年)が入賞したことがきっかけとなり、1959年に同研究所に参加。2本のフルートのための『マスク』(1959年)、オーケストラのための『リング』(1961年)などを発表する。大阪御堂会館で行われた『リング』の初演で指揮を務めた小澤征爾とは、以後生涯にわたって親しく付き合うことになる。この時期の作品では、ほかに日本フィルハーモニー交響楽団からの委嘱作品『樹の曲』(1961年、「日フィルシリーズ」第6回委嘱作品)、NHK交響楽団からの委嘱作品『テクスチュアズ』(1964年、東京オリンピック芸術展示公演)などがある。このテクスチュアズで日本人作曲家として初めてユネスコ国際作曲家会議でグランプリを受賞。武満の名声は一気に跳ね上がった。武満徹 フレッシュアイペディアより)

  • 酒田市民会館「希望ホール」

    酒田市民会館「希望ホール」から見た小澤征爾小澤征爾

    2004年には小澤征爾が指揮する新日本フィルハーモニー交響楽団によるコンサートが開催された。現在、希望ホールは酒田フィルハーモニー管弦楽団活動拠点ホール及び、山形交響楽団による庄内公演の拠点地となっている。酒田市民会館「希望ホール」 フレッシュアイペディアより)

  • 松藤夢路

    松藤夢路から見た小澤征爾小澤征爾

    大学院在学中に小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト『蝶々夫人』にて、アンダースタディとして参加。同年、サイトウ・キネン・フェスティバル松本20周年スペシャルコンサートにてベートーヴェン作曲『合唱幻想曲』のアルトソリストを務める(指揮:Ludovic Morlot、ピアノ:Peter Serkin)。2016年3月、イタリアのTeatro Verdi Trieste歌劇場オペラ?ルイザ・ミラー?ラウラ役にてイタリアデビュー(指揮:Myron Michailidis)。松藤夢路 フレッシュアイペディアより)

343件中 21 - 30件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード