271件中 61 - 70件表示
  • ピエール・アモイヤル

    ピエール・アモイヤルから見た小澤征爾小澤征爾

    22歳の時に、彼はゲオルク・ショルティ指揮パリ管弦楽団のソリストとしてのオーディションに合格、ヨーロッパデビューを飾り、以後、ヨーロッパ、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、南アメリカ、極東の主要都市でコンサートを行った。特に、シェーンベルク、ベルク、デュティユーの協奏曲の演奏で名を高めた。これまでに共演した指揮者は、ヘルベルト・フォン・カラヤン、小澤征爾、ピエール・ブーレーズ、ロリン・マゼール、サー・ゲオルク・ショルティ、ジョルジュ・プレートル、クルト・ザンデルリンク、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー、サイモン・ラトル、チョン・ミョンフン、それにシャルル・デュトワら多数に上る。また室内楽では、パスカル・ロジェ、ミシェル・ベロフ、アレクシス・ワイセンベルク、マルタ・アルゲリッチらと共演している。ピエール・アモイヤル フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ベロフ

    ミシェル・ベロフから見た小澤征爾小澤征爾

    世界各地で演奏活動を行うとともに、クラウディオ・アバドやダニエル・バレンボイム、レナード・バーンスタイン、ピエール・ブーレーズ、アンタル・ドラティ、クリストフ・エッシェンバッハ、シャルル・デュトワ、クルト・マズア、小澤征爾、アンドレ・プレヴィン、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ジュゼッペ・シノーポリ、ゲオルク・ショルティ、クラウス・テンシュテットら国際的なマエストロと共演。室内楽奏者としては、ピエール・アモイヤルやジャン=フィリップ・コラール、オーギュスタン・デュメイ、リン・ハレルらと活動を共にする。また、バーバラ・ヘンドリックスの伴奏者も務めた。ミシェル・ベロフ フレッシュアイペディアより)

  • ガンサー・シュラー

    ガンサー・シュラーから見た小澤征爾小澤征爾

    やがて作曲家を志し、ほとんど独学で作曲を学ぶ。芸術音楽とポピュラー音楽の垣根を取り外した『The Third Stream(第三の流れ)』を提唱し、現代音楽の中に積極的にジャズの要素を取り込もうとした。さまざまな大学で作曲を教え、オリヴァー・ナッセンやマーク=アンソニー・タネジ、エドゥアルド・マータは門下生である。1967年から1977年にかけてはニューイングランド音楽院の院長を務めている。また指揮者の小澤征爾と協力してタングルウッド音楽祭を主催した。1994年には『Of Reminiscences and Reflections』でピューリッツァー賞音楽部門を受賞するなど、アメリカで最も重要な作曲家の一人として活躍している。ガンサー・シュラー フレッシュアイペディアより)

  • パスカル・ヴェロ

    パスカル・ヴェロから見た小澤征爾小澤征爾

    1985年には民音指揮コンクールで第3位に入賞し、齋藤秀雄特別賞を受賞し、指揮者デビューをする。翌年からは小澤征爾の招請によってボストン交響楽団で活動を始める。パスカル・ヴェロ フレッシュアイペディアより)

  • ウィーン国立歌劇場管弦楽団

    ウィーン国立歌劇場管弦楽団から見た小澤征爾小澤征爾

    歴代の音楽総監督としては、グスタフ・マーラーやリヒャルト・シュトラウス、フルトヴェングラー、カール・ベーム 、ヘルベルト・フォン・カラヤン、マゼール、アバドなどがおり、2002年9月から2010年8月までは小澤征爾が務めた。2010年9月に開幕したシーズンからはフランツ・ウェルザー=メストが就任した。ウィーン国立歌劇場管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 別府アルゲリッチ音楽祭

    別府アルゲリッチ音楽祭から見た小澤征爾小澤征爾

    これが縁となり、アルゲリッチは同年10月に、別府市に完成したビーコンプラザ・フィルハーモニアホール名誉音楽監督に就任(なお、伊藤京子も当時同ホールを運営していた財団法人別府コンベンションビューローの音楽顧問に就任)。1995年には、「別府アルゲリッチ・コンサート’95」が開催され、アルゲリッチの10年ぶりとなるソロ・リサイタルも行われ、1996年には別府アルゲリッチ音楽祭実行委員会の設立に際してアルゲリッチが別府アルゲリッチ音楽祭総監督に就任した。以後、小澤征爾、ギドン・クレーメルといった著名な音楽家を招いた演奏会を音楽祭のプレコンサートとして毎年開催。別府アルゲリッチ音楽祭 フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・ガロワ

    パトリック・ガロワから見た小澤征爾小澤征爾

    1984年にこのポストを辞してからは、ソリストとして各地のオーケストラと共演し、マゼール、バーンスタイン、小澤征爾、ブーレーズ、ベーム、ヨッフム、チェリビダッケらと共演を重ねた。また室内楽にも取り組んでいる。パトリック・ガロワ フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木正利

    佐々木正利から見た小沢征爾小澤征爾

    1973年にバッハ「クリスマス・オラトリオ」の福音史家で楽壇デビューして以来、バッハをはじめとする宗教音楽の専門家として活躍している。1979年シュトゥットガルトに渡りL・フィッシャー教授に師事。1980年第6回ライプツィヒヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクール声楽部門第5位入賞。同年より1982年までデトモルト北西ドイツ音楽大学に学び、H・クレッチマール教授に師事。在独中は欧州各国の演奏会に招かれ、特に1980年ウィーン楽友協会ホールでのマタイ受難曲では『若き日のペーター・シュライアー』と新聞各紙で絶賛される。帰国後もライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ベルリン交響楽団、国立ブカレスト交響楽団、NHK交響楽団等、世界・日本の著名オーケストラのソリストとして度々起用され、クルト・マズア、H. シュタイン、H. ブロムシュテット、小沢征爾等、世界を代表する数々の指揮者と共演。またヘルムート・リリング、ハンス・ヨアヒム・ロッチュ、ミシェル・コルボ、R.ヤーコプス等率いる、シュトゥットガルト・バッハ合奏団、ゲヒンゲン聖歌隊、聖トーマス教会聖歌隊、RIAS室内合唱団等の演奏会に度々出演している。特にヘルムート・ヴィンシャーマン率いるドイツ・バッハ・ゾリステンの演奏会では度々共演している。佐々木正利 フレッシュアイペディアより)

  • ア・ストリング・アラウンド・オータム

    ア・ストリング・アラウンド・オータムから見た小澤征爾小澤征爾

    今井信子(ヴィオラ)、小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラ(フィリップス)ア・ストリング・アラウンド・オータム フレッシュアイペディアより)

  • チック・タック・ポルカ

    チック・タック・ポルカから見た小澤征爾小澤征爾

    初演は1874年9月9日にヒーツィングのノイエ・ヴェルトで行なわれた。ニューイヤーコンサートで演奏されることは多くないが、2002年に小澤征爾の指揮で行なわれた。チック・タック・ポルカ フレッシュアイペディアより)

271件中 61 - 70件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード