343件中 71 - 80件表示
  • サントリー音楽賞

    サントリー音楽賞から見た小澤征爾小澤征爾

    第34回(2002年度) 小澤征爾(指揮)、木村かをり(ピアノ)サントリー音楽賞 フレッシュアイペディアより)

  • 竹原美歌

    竹原美歌から見た小澤征爾小澤征爾

    以後、ソリストとしてクロウマータ、ストックホルム・ロイヤル・フィルハーモニー、エストニア・シンフォニー・オーケストラなどと共演し、シリアン音楽祭、インターナショナル打楽器フェスティバル、ノーソップ音楽祭、タリン・インターナショナル打楽器フェスティバルに参加。サイトウ・キネン・フェスティバル松本(小澤征爾総監督)にも参加し、日本、スカンジナビア、ヨーロッパを中心に活動する。竹原美歌 フレッシュアイペディアより)

  • 東京荒川少年少女合唱隊

    東京荒川少年少女合唱隊から見た小澤征爾小澤征爾

    1968年4月、オーケストラルスペース'68出演。 小澤征爾指揮 於 東京文化会館東京荒川少年少女合唱隊 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴海真希子

    鳴海真希子から見た小澤征爾小澤征爾

    2000年5月シンシナティ交響楽団のシンシナティ五月祭において、マーラーの交響曲第8番のアルト独唱をつとめる。また同年7月タングルウッド音楽祭では、アメリカの若手音楽家にとって最も重要な全米オーディションに見事合格、小澤征爾の指揮でヴェルディ『ファルスタッフ』のクイックリー夫人役に出演。ボストン・グローブ紙は「バリエーションに富んだ豊かな声」とその演奏を高く評価した。同年8月アスペン音楽祭でプッチーニ修道女アンジェリカ』のプリンチペッサ役に出演。さらに同年9月にはシュトゥットガルト歌劇場でモンテヴェルディ『ポッペアの戴冠』にアルナルタ役で出演した。2001年4月にはジュリアード・オペラ・センターでプーランク『カルメル会修道女の対話』のクロワシー役で出演した。鳴海真希子 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリア・ムローヴァ

    ヴィクトリア・ムローヴァから見た小澤征爾小澤征爾

    小澤征爾の指揮するボストン交響楽団と共演した最初の録音(チャイコフスキーとシベリウスの協奏曲)は、モントルーのディスク大賞を受賞。1995年には、アバド指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのブラームスの協奏曲の録音(サントリーホールでのライヴ録音)により、エコー・クラシック賞とドイツ・レコード批評家賞ならびにレコード・アカデミー大賞(音楽之友社)を、アンドレ・プレヴィンとハインリヒ・シフとの共演によるブラームスの《ピアノ三重奏曲 第1番》の録音によりディアパソン・ドール賞を、バッハの《無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ》の録音によりグラミー賞にノミネート。ヴィクトリア・ムローヴァ フレッシュアイペディアより)

  • イェルク・デームス

    イェルク・デームスから見た小澤征爾小澤征爾

    1953年ウィーンで本格的な活動を開始し、1956年のブゾーニ国際コンクールで優勝、世界的なピアニストとなる。カラヤンや小澤征爾などの指揮の下で演奏することを好んだが、ソロとしてもバッハ、モーツァルト、シューマンなどドイツ人作曲家の音楽を弾いて活躍した。また室内楽や歌手の伴奏者も務め、エリーザベト・シュヴァルツコップやディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、ヨーゼフ・スークらのパートナーとして知られた。ヨーロッパ、アメリカはもちろん、オーストラリア、アジアへも頻繁にツアーを行い、日本へも毎年来日している。イェルク・デームス フレッシュアイペディアより)

  • 別府アルゲリッチ音楽祭

    別府アルゲリッチ音楽祭から見た小澤征爾小澤征爾

    これが縁となり、アルゲリッチは同年10月に、別府市に完成したビーコンプラザ・フィルハーモニアホール名誉音楽監督に就任(なお、伊藤京子も当時同ホールを運営していた財団法人別府コンベンションビューローの音楽顧問に就任)。1995年には、「別府アルゲリッチ・コンサート’95」が開催され、アルゲリッチの10年ぶりとなるソロ・リサイタルも行われ、1996年には別府アルゲリッチ音楽祭実行委員会の設立に際してアルゲリッチが別府アルゲリッチ音楽祭総監督に就任した。以後、小澤征爾、ギドン・クレーメルといった著名な音楽家を招いた演奏会を音楽祭のプレコンサートとして毎年開催。別府アルゲリッチ音楽祭 フレッシュアイペディアより)

  • KAJIMOTO

    KAJIMOTOから見た小澤征爾小澤征爾

    小澤征爾指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を招聘。KAJIMOTO フレッシュアイペディアより)

  • アイザック・スターン

    アイザック・スターンから見た小澤征爾小澤征爾

    アイザック・スターンはウクライナ語名イサーク・ステルン(Исаак Стерн)としてウクライナのクレメネツに生まれるが、1歳2ヶ月のとき、家族に連れられサンフランシスコに移住する。母親から音楽の早期教育を受け、早くも1928年でサンフランシスコ音楽院に入学、ヴァイオリンをナフム・ブリンダーに学ぶ。1936年2月18日にサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番を、モントゥ指揮のサンフランシスコ交響楽団と共演して、デビューを果たす。初演後、初演者と作曲者の恋愛関係から演奏される事のなかったバルトークのヴァイオリン協奏曲第1番を初演者の依頼によって再演奏し、世界に知らせた。戦後間も無い時期から度々日本を訪れる。小澤征爾などの日本人演奏家と親交を持っていた。アイザック・スターン フレッシュアイペディアより)

  • タングルウッド音楽センター

    タングルウッド音楽センターから見た小澤征爾小澤征爾

    タングルウッド音楽祭が開催されてから3年後の1940年に、ボストン交響楽団の音楽監督セルゲイ・クーセヴィツキーによってバークシャー音楽センターが設立された。クーセヴィツキーはボストン交響楽団の音楽監督辞任の1年後の1950年まで所長を務め、その後はシャルル・ミュンシュ(1962年まで)、エーリヒ・ラインスドルフ(1969年まで)と歴代のボストン交響楽団の音楽監督が引き継いだ。1970年、ボストン交響楽団の音楽監督に就任する3年前の小澤征爾が所長に就任した。彼はガンサー・シュラーとともに精力的に取り組み、レナード・バーンスタインを総合アドバイザーとして招聘した。1975年よりイタリア人指揮者フランコ・フェラーラが引き継いだ。1985年に指揮者でピアニストのレオン・フライシャーが所長に就任したが、1997年に小澤と衝突して辞任した。翌年からエレン・ハイスタインが所長となり、現在に至っている。また2004年に小澤の後任としてボストン交響楽団の音楽監督に就任したジェームズ・レヴァインは、受講生のコンサートやオペラを指揮し、指揮者の指導にあたっている。タングルウッド音楽センター フレッシュアイペディアより)

343件中 71 - 80件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード