271件中 81 - 90件表示
  • 福田隆

    福田隆から見た小澤征爾小澤征爾

    1986年第21回熊本県文化懇話会新人賞受賞。同年9月より1987年7月まで国際ロータリー財団奨学生としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団・カラヤンアカデミー留学。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の全てのリハーサル、コンサート、レコーディングに立ち会うことを許可され、ヘルベルト・フォン・カラヤン、ロリン・マゼール、ダニエル・バレンボイム、ベルナルト・ハイティンク、ジェフリー・テイト、セミヨン・ビシュコフ、クルト・マズア、ジェームズ・レヴァイン、リッカルド・ムーティ、ユーリ・テミルカーノフ、ガリー・ベルティーニ、小澤征爾等の指揮者のリハーサル、レコーディング及びコンサートに学ぶ。平行してベルリンフィルハーモニーオーケストラのティンパニ奏者、オズワルト・フォーグラーからレッスンを受ける。同オーケストラのトランペット奏者、ロベルト・プラットの主催する金管アンサンブル演奏会にティンパニ奏者として出演。福田隆 フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・ベルキン

    ボリス・ベルキンから見た小澤征爾小澤征爾

    このほかにこれまで共演してきた指揮者に、ズービン・メータやロリン・マゼール、リッカルド・ムーティ、小澤征爾、広上淳一、クルト・ザンデルリング、ユーリ・テミルカーノフ、ウラジミール・フェドセーエフ、ユーリ・アーロノヴィチ、クリストフ・フォン・ドホナーニ、シャルル・デュトワ、ギュンター・ヘルビヒ、クラウス・テンシュテット、サイモン・ラトル、パーヴォ・ベルグルンド、エドゥアルド・マータ、チャールズ・グローヴズ、エーリヒ・ラインスドルフ、ウィリアム・スタインバーグ、フランツ・ウェルザー=メスト、マイケル・スターンなど。ボリス・ベルキン フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア・オーケストラ

    アマチュア・オーケストラから見た小澤征爾小澤征爾

    早稲田大学交響楽団: 通称「ワセオケ」。1913年に創立され、早稲田大学の学生によって運営されている。年数回の主催公演や大学公式行事において演奏をするほか、テレビ出演や音楽雑誌に掲載されるなど、幅広い活動を行っている。活動範囲は国内にとどまらず、1978年の第5回国際青少年オーケストラ大会( 通称・カラヤンコンクール) での優勝以来、多くの海外公演を行っている。共演者も多岐に渡り、小澤征爾、ズデニェク・コシュラー、レナード・スラトキン、岩城宏之、大友直人、高関健、山下一史、児玉宏、曽我大介、寺岡清高ら世界的に有名な指揮者や、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やNHK交響楽団など世界一流のオーケストラのメンバーらと共に演奏することも多い。アマチュア・オーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • メイスルズ兄弟

    メイスルズ兄弟から見た小沢征爾小澤征爾

    Ozawa 1985年 共同監督スーザン・フロムケ、デボラ・ディクソン、主演小沢征爾メイスルズ兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 木村博江

    木村博江から見た小沢征爾小澤征爾

    コンサートは始まる 小沢征爾とボストン交響楽団 カール・A.ヴィーゲランド 音楽之友社 1990木村博江 フレッシュアイペディアより)

  • オリヴィエ・メシアン

    オリヴィエ・メシアンから見た小澤征爾小澤征爾

    1962年7月4日 トゥランガリラ交響曲(日本初演)小澤征爾指揮NHK交響楽団、イヴォンヌ・ロリオ(ピアノ)本荘玲子(オンド・マルトノ)、オリヴィエ・メシアン監修 東京文化会館大ホールオリヴィエ・メシアン フレッシュアイペディアより)

  • 江戸京子

    江戸京子から見た小澤征爾小澤征爾

    私生活では、1962年、桐朋女子高校で同期だった小澤征爾と井上靖の仲人で結婚。しかし、1966年に離婚。その原因について江戸京子は「ピアニストとして練習するにしても、自分が弾きたい時に弾けませんしね。主人が練習に疲れて家に帰って来て、もう音は聞きたくないという。その気持もわかりますしね。それで議論になると、結局は"オレが稼いでいるんだから、オレの意見を尊重しろ"ということで押し切られてしまう。いちばん単純な議論でやって来るんです。それなら、自分が経済力を持てば納得のいく生活が出来るんじゃないかと──」と語っている。このほか、コンクール優勝後にスターとなった小澤が銀座のバーのマダムやモデルの入江美樹と浮名を流したのも離婚の一因だったと伝えられた。その後、1979年には当時49歳のフランス人ビジネスマンとの同棲が報じられている。江戸京子 フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ交響楽団

    シカゴ交響楽団から見た小澤征爾小澤征爾

    1963年、第7代音楽監督としてジャン・マルティノンが就任する。フランス人であったマルティノンは自作を含むフランス音楽に力を入れ、また現代音楽にも明るく、多様な録音をRCAに残した。定期演奏会では現代作品を必ずプログラムに取り入れるなど新しい流れを作っていった。また、楽団の主要レパートリーであったブルックナーやマーラーを指揮しないと公言したなどといわれるが、CSO archivesにマーラー交響曲第3番や第10番の演奏を残している。また当時独裁的な運営形態が強かった楽団理事会に対して、楽団員も組合を組織して対抗する機運が全米的に湧き上がり、その抗争に巻き込まれることとなってしまった。一部の理事の息のかかったマスコミからネガティブな記事を書かれる・楽団員どうしが対立してしまうというような事情が生じ、音楽面・運営面でのマルティノンへの評価は賛否が分かれ、1968年に辞任する。なお、マルティノン時代の1964年から小澤征爾がラヴィニア音楽祭の音楽監督に就任し、多くの録音を残した。シカゴ交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 森麻季 (歌手)

    森麻季 (歌手)から見た小澤征爾小澤征爾

    小澤征爾、チョン・ミョンフン、ウラディーミル・アシュケナージ、ベルティーニ、ファビオ・ルイジ等の著名指揮者や、ウィーン・フィル、ミュンヘン・フィル、ゲヴァントハウス・オーケストラ等、海外のオーケストラと数多く共演。森麻季 (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • サイトウ・キネン・フェスティバル松本

    サイトウ・キネン・フェスティバル松本から見た小澤征爾小澤征爾

    指揮は主に小澤征爾が行う。これまで、ケント・ナガノ(1997年)、大野和士(2004年)、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(2005年)、アラン・ギルバート(2006年)、サイトウ・キネン・フェスティバル松本 フレッシュアイペディアより)

271件中 81 - 90件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード