前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示
  • 兵庫県競馬組合

    兵庫県競馬組合から見た小牧太小牧太

    競走体系としてかつては「アラブ(アングロアラブ)のメッカ」と呼ばれたその名が示すとおりアラブ専門だったが、アングロアラブの生産頭数が激減し、またJRA(日本中央競馬会)との交流を促進するため1999年にサラブレッドを導入し、JRAとの条件交流競走やダートグレード競走を盛んに実施するようになった。だが、皮肉にもそれが小牧太、赤木高太郎、岩田康誠各騎手の中央競馬への移籍につながり、またサラブレッド競走ではJRAや南関東などの並み居る強豪と同じ土俵で勝負しなければならず、それらに劣るレベルに甘んじることとなり、新規ファンの獲得が見込めないばかりか旧来のファンからもそっぽを向かれつつある。兵庫県競馬組合 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見た小牧太小牧太

    17日 - 【JRA】 第1回京都競馬第6日目第12競走(サラブレッド 4歳上1,000万下 ダート1,400m)で、7位入線のワールドワイドが向正面にて他馬の進路妨害を行ったことにより第9着に降着となった。そのため、同馬に騎乗した小牧太が1月23日より1月31日まで開催日4日間の騎乗停止処分となった。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田康誠

    岩田康誠から見た小牧太小牧太

    1990年代後半から小牧太のJRA移籍まで、園田の2本柱と呼ばれた(2011年現在の2本柱は田中学と木村健となっている。ただし川原正一が加わることがある)。岩田康誠 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見た小牧太小牧太

    【JRA】 第3回東京競馬5日目第10競走(湘南ステークス、サラ系4歳以上1600万下混合、芝1600m、17頭立て)において1番人気のランリョウオー(牡4歳、栗東:橋田満厩舎)が1着となり、騎乗した武豊(栗東:フリー)はJRA通算3400勝を達成した。また、第3回阪神競馬1日目第10競走(三木特別、サラ系4歳以上1000万下混合、芝2000m、8頭立て)では1番人気のアドマイヤベルナ(牡4歳、小牧太騎乗)が1着となり、管理調教師の友道康夫(栗東)は現役117人目となるJRA通算200勝を達成した。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬澄男

    有馬澄男から見た小牧太小牧太

    中津時代の1992年に優勝経験がある。現在は小牧太、岩田康誠と兵庫県生え抜きのゴールデンジョッキー(通算2,000勝達成騎手)がJRAに移籍する中で、兵庫県所属として川原正一と共にJRA、他地区所属の騎手を迎え撃つ立場である。有馬澄男 フレッシュアイペディアより)

  • 川原正一

    川原正一から見た小牧太小牧太

    兵庫県競馬組合の内規により、他競馬場から移籍した騎手は、一旦騎手免許を返上し1年間厩務に従事することが定められていたが、所属する曾和厩舎の尽力で約半年後の2月7日に再デビューを果たした。6月27日までは1日に騎乗できる回数を4鞍に限定されていたものの、2月9日に行われるゴールデンジョッキーカップに合わせての復帰だったこと、2004年にJRAに移籍した厩舎所属だった小牧太に続いて2006年3月からJRAに移籍した岩田康誠に代わる優秀な所属騎手を確保するためだったこともある。川原正一 フレッシュアイペディアより)

  • 主戦騎手

    主戦騎手から見た小牧太小牧太

    橋口弘次郎:上村洋行、小牧太、武豊(以前は大崎昭一)主戦騎手 フレッシュアイペディアより)

  • 曾和直榮

    曾和直榮から見た小牧太小牧太

    兵庫時代の小牧太騎手は曾和厩舎の所属であり、下手な乗り方をして敗れると馬の前で土下座をさせられたといわれるほど騎乗には厳しく、弟で同じく所属騎手であった小牧毅もなかなか厩舎の有力馬に乗る機会は少なかった。岩田康誠、川原正一と乗り替わったロードバクシンに顕著である。有力馬どころか厩舎所属馬にも騎乗する機会が減少し、半ば住吉朝男厩舎の主戦騎手となっていた毅は2006年4月1日付けで花村通春厩舎に移籍したが、現在は曾和厩舎に戻っている。厩舎解散間際に所属していた騎手は川原正一、永島太郎、松本幸祐。曾和直榮 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧毅

    小牧毅から見た小牧太小牧太

    兄である小牧太と共に曾和厩舎に所属していたが、有力馬はほとんど太に回されていた。騎乗技術は「小牧おもし」などと呼ばわりされるほどには低くなかったが、曾和の毅に対する評価は低く、曾和厩舎に出戻った当時も騎乗数の少なさは顕著であった。小牧毅 フレッシュアイペディアより)

  • 勝負服 (競馬)

    勝負服 (競馬)から見た小牧太小牧太

    中央競馬の騎手が地方競馬場に指定交流戦のために遠征し、その遠征馬の他に一般戦などで地元所属の馬に騎乗する場合については、基本的には枠順に合わせた色の勝負服がJRA所属騎手用とし用意される。ただし、兵庫県競馬(園田、姫路)では、元兵庫所属のJRA騎手である岩田康誠が地元所属馬に騎乗する場合、馬券を購入する地元の競馬ファンの混乱防止の観点から、地方競馬時代に使用していた服色の勝負服を着用している。また、岩田康誠以外の元地方所属だったJRA騎手が騎乗する場合、地方所属時代の勝負服をイメージできる色の貸し服を着用する(小牧太:緑・内田博幸:青など)。武豊はこれらに該当しないが、ゴールデンジョッキーカップに招待されることが多いということもあり、ピンク色の勝負服を着用する。同様に南関東地方競馬でも、2008年3月より騎手の取り扱いについて変更を行い、中央競馬に移籍した元南関東地区所属の騎手について、中央所属馬に騎乗する時以外は地方競馬当時の服色での騎乗が可能となった。これは大井競馬場のトップジョッキーであった内田博幸が中央競馬に移籍したことに伴って行われた変更である。また川崎競馬場では、2011年から「一定の基準」を満たしたJRA所属騎手については、各自がデザインした勝負服の着用を認めることとした。勝負服 (競馬) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示

「小牧太」のニューストピックワード