前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 岩田康誠

    岩田康誠から見た小牧太小牧太

    1990年代後半から小牧太のJRA移籍まで、「園田の2本柱」と呼ばれていた。2000年には前年まで8年連続でリーディングジョッキーとなっていた小牧を上回り、初めて兵庫リーディングジョッキーとなった。以後2002年、2004年、2005年に兵庫のリーディングを獲得している。岩田康誠 フレッシュアイペディアより)

  • アイアンルック

    アイアンルックから見た小牧太小牧太

    2009年2月15日、小牧太を鞍上に小倉競馬場でデビュー。1番人気に応え、7馬身差で完勝する。アイアンルック フレッシュアイペディアより)

  • ブライトトゥモロー

    ブライトトゥモローから見た小牧太小牧太

    2008年大阪杯で差のない5着後、連覇を狙い出走した新潟大賞典では1番人気に推される。小牧太の新潟初重賞タイトルの期待もかけられたが見せ場なく大敗。さらにエプソムカップでは2秒近く離され敗戦。リフレッシュ放牧を経て4年ぶりのマイル戦出走も大差の殿負けと苦しい成績が続いたが、2009年1月17日付でJRA競走馬登録を抹消され、現役を引退した。ブライトトゥモロー フレッシュアイペディアより)

  • 曾和直榮

    曾和直榮から見た小牧太小牧太

    兵庫時代の小牧太騎手は曾和厩舎の所属であり、下手な乗り方をして敗れると馬の前で土下座をさせられたといわれるほど騎乗には厳しく、弟で同じく所属騎手であった小牧毅もなかなか厩舎の有力馬に乗る機会は少なかった。岩田康誠、川原正一と乗り替わったロードバクシンに顕著である。有力馬どころか厩舎所属馬にも騎乗する機会が減少し、半ば住吉朝男厩舎の主戦騎手となっていた毅は2006年4月1日付けで花村通春厩舎に移籍したが、のちに曾和厩舎へ戻っている。厩舎解散間際に所属していた騎手は川原正一、永島太郎、松本幸祐。曾和直榮 フレッシュアイペディアより)

  • 赤木高太郎

    赤木高太郎から見た小牧太小牧太

    1987年に園田・齊藤裕厩舎所属で騎手デビュー。1998年秋から約8か月間、単身オーストラリアに遠征。本人いわく、技術面よりもメンタル面を鍛えるための修行であったという。帰国後2000年度から2003年度まで、小牧太・岩田康誠に次ぐ兵庫リーディング3位のポジションをキープ。赤木圭一郎と同姓であったことから「園田第3の男」というニックネームも生まれた。赤木高太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 板野央

    板野央から見た小牧太小牧太

    なかなか頭角を現せずにいたが、小牧太、赤木高太郎、岩田康誠が相次いでJRAに移籍し、平松徳彦や若手騎手数人が引退して戦国時代となった2006年に65勝を挙げ、一気にリーディング5位に浮上。以後安定してリーディング上位に食い込む活躍を見せている。板野央 フレッシュアイペディアより)

  • オディール

    オディールから見た小牧太小牧太

    2009年初戦は京都牝馬ステークス。小牧太とのコンビで挑んだが、5着に終わった。続く阪神牝馬ステークスでは3着と好走した。続く福島牝馬ステークスでは前走の内容から3番人気に推されたが、不良馬場が影響して14着と大敗した。その後、条件馬に降格となり、7月4日の三宮特別に出走。人気通りの2着だった。その後、8月9日の西海賞では中団追走から最後の直線で先頭に立ち、逃げ粘るアグネスサクラに3馬身差をつけて快勝、2歳時のファンタジーステークス以来となる勝利を挙げた。オディール フレッシュアイペディアより)

  • リディル

    リディルから見た小牧太小牧太

    2009年8月23日に小倉競馬場の新馬戦(芝1800メートル)でデビュー。2番人気の支持を受けたが、パドックで馬っ気を出すなどし、7着に終わる。鞍上に小牧太を迎えての未勝利戦では、やや評価を落とした2番人気ながらも好位から抜け出し初勝利を挙げる。リディル フレッシュアイペディアより)

  • カノヤザクラ

    カノヤザクラから見た小牧太小牧太

    2008年、4歳になり、淀短距離ステークス、テレビ愛知オープン、そして重賞のCBC賞を走ったが、成績は振るわなかった。7月20日、新潟競馬場の直線1,000m重賞のアイビスサマーダッシュに初めて小牧太の騎乗で出走すると、54秒2の好タイムで重賞初制覇を果たした。9月14日、前年2着だったセントウルステークスに再び小牧の騎乗で出走すると、好位キープから直線で抜け出し、2着のシンボリグランに1馬身4分の1の差をつけて勝利。この勝利によりサマースプリントシリーズの王者にも輝いた。その後、 10月5日のスプリンターズステークスに出走したが同厩舎のスリープレスナイトの前に7着に敗れると、次走のスワンステークスでも9着に敗れた。カノヤザクラ フレッシュアイペディアより)

  • 沖芳夫

    沖芳夫から見た小牧太小牧太

    渡辺薫彦は1994年のデビュー以来、一貫して所属しており、渡辺を主戦騎手として多くの管理馬に騎乗させていた。ナリタトップロードで1999年の菊花賞を含む重賞6勝を挙げている。2012年12月20日に騎手を引退したあとも調教助手として引き続き所属している。渡辺以外の騎手では幸英明や小牧太などの起用が多い。沖芳夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「小牧太」のニューストピックワード