50件中 11 - 20件表示
  • 羽月友彦

    羽月友彦から見た小牧太小牧太

    小牧太(厩舎の主戦格騎手)羽月友彦 フレッシュアイペディアより)

  • 田中学

    田中学から見た小牧太小牧太

    デビュー当初はなかなか勝ち星を重ねることができず、リーディングにおいても毎年6-10位あたりであったが、少しずつ勝つペースを上げ、小牧太、赤木高太郎がJRAに移籍することになった2004年に完全に脱皮、2003年までは年間99勝が最高だったところを、2004年は年間200勝と一気に伸ばして同年リーディングは岩田康誠に次ぐ2位に躍進する。岩田が2006年に中央競馬への移籍で兵庫県競馬から抜け、その後は田中と木村健がリーディングジョッキーの座を争っている。田中学 フレッシュアイペディアより)

  • アイアンルック

    アイアンルックから見た小牧太小牧太

    2009年2月15日、小牧太を鞍上に小倉競馬場でデビュー。1番人気に応え、7馬身差で完勝する。アイアンルック フレッシュアイペディアより)

  • 吉田勝彦

    吉田勝彦から見た小牧太小牧太

    実況人生の中で出会った印象に残る騎手として岩崎良蔵、石川昇、田中道夫、小牧太、岩田康誠、木村健を挙げている。馬についてはタガミホマレ、レースについてはタガミホマレの現役最後のレースとなった1968年の兵庫大賞典を挙げている。吉田勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 柴山雄一

    柴山雄一から見た小牧太小牧太

    地方競馬騎手に対しては、中央競馬にて5年間で年間20勝以上を2回クリアすると一次試験の筆記試験が免除され二次試験から受験可能である特例が設けられていたが、柴山はこれに該当せず(柴山のそれまでの中央競馬での成績はわずか2勝であったため)、一次試験からの受験となった。それでも猛勉強の末に見事試験に一発合格。笠松競馬からは安藤勝己に続く2人目の、地方競馬出身者としては前年の小牧太、赤木高太郎に続く4人目の移籍騎手となった。地方通算成績3240戦393勝(JRA72戦2勝)。柴山雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 大山真吾

    大山真吾から見た小牧太小牧太

    デビューが10月だった2003年は9勝だったが、翌2004年の菊水賞ではラガーヒトリタビに騎乗し、小牧太、岩田康誠の激しい叩き合いを後方から差し切って重賞初制覇を成し遂げた。この年にJRAで初騎乗を果たす。バードクンで参戦した4月18日の第3回阪神8日第7競走、サラ3歳500万下で、16頭立ての12着だった。第37回日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞する。大山真吾 フレッシュアイペディアより)

  • サマーチャンピオン

    サマーチャンピオンから見た小牧太小牧太

    2005年 - 小牧太が騎手として初の連覇。サマーチャンピオン フレッシュアイペディアより)

  • 下原理

    下原理から見た小牧太小牧太

    天才肌と評されながらなかなか勝ち鞍を増やせなかったが、小牧太、赤木高太郎、岩田康誠が相次いで中央競馬(JRA)に移籍するに伴いリーディング上位に台頭する。小牧・岩田の寡占時代が終わって恩恵を受けた1人ではあるが、それに応えるだけの実力を有していたことは確か。2006年は自厩舎のチャンストウライで兵庫ダービー、菊水賞の2冠を制している。下原理 フレッシュアイペディアより)

  • 橋口弘次郎

    橋口弘次郎から見た小牧太小牧太

    2005年頃から現在まで、上村洋行・小牧太を主戦騎手にしているが、ここ一番のレースでは安藤勝己や武豊を起用することも多かった。しかし2008年、上村騎乗のスリープレスナイトがスプリンターズステークスを、2009年には小牧騎乗のローズキングダムが朝日杯フューチュリティステークスを優勝し、1番人気でのGIという大一番を制している。橋口弘次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 木村健

    木村健から見た小牧太小牧太

    小牧・岩田時代にはベスト5入りが精いっぱいだったが、小牧が中央競馬に移籍した2004年に131勝を挙げリーディング3位。岩田が中央競馬に移籍した2006年には田中学の騎乗停止にも助けられたが231勝と一気に勝鞍を伸ばして初の兵庫県リーディングとなり、地方競馬全体でも第3位となった。木村健 フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示