51件中 31 - 40件表示
  • 吉田勝彦

    吉田勝彦から見た小牧太小牧太

    実況人生の中で出会った印象に残る騎手として岩崎良蔵、石川昇、田中道夫、小牧太、岩田康誠、木村健を挙げている。馬についてはタガミホマレ、レースについてはタガミホマレの現役最後のレースとなった1968年の兵庫大賞典を挙げている。吉田勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドエース

    ワールドエースから見た小牧太小牧太

    次走のきさらぎ賞では、鞍上が小牧太に変更になった。中団追走の展開から最後の直線で脚を伸ばし、後続の追い上げを振り切り重賞初制覇を達成した。この競走ではディープインパクト産駒が上位3頭を独占した。ワールドエース フレッシュアイペディアより)

  • クラレント

    クラレントから見た小牧太小牧太

    7月16日の京都の芝1400メートルの新馬戦で小牧太鞍上でデビューし、2番人気に支持され、直線抜け出して勝利した。続く重賞のデイリー杯2歳ステークスも4番人気だったが直線差しきって重賞初制覇を果たした。しかし続く東京スポーツ杯2歳ステークスは2番人気に推されるが、レース前に放馬し馬場を2周してしまう。馬体検査は異常がなく出走したが、この影響からか13着惨敗。GI朝日杯フューチュリティステークスも2番人気になるも7着に終わる。クラレント フレッシュアイペディアより)

  • 大山真吾

    大山真吾から見た小牧太小牧太

    デビューが10月だった2003年は9勝だったが、翌2004年の菊水賞ではラガーヒトリタビに騎乗し、小牧太、岩田康誠の激しい叩き合いを後方から差し切って重賞初制覇を成し遂げた。この年にJRAで初騎乗を果たす。バードクンで参戦した4月18日の第3回阪神8日第7競走、サラ3歳500万下で、16頭立ての12着だった。第37回日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞する。大山真吾 フレッシュアイペディアより)

  • ロサード

    ロサードから見た小牧太小牧太

    2001年、日経新春杯で1番人気に支持されるも9着になる。その後休養に入り、復帰してからは3着、5着。そして夏は前年と同様に小倉に遠征し、小牧太とのコンビで北九州記念を前年と同じ2着、小倉記念では久々の勝利と得意のコースで安定した強さを発揮した。ロサード フレッシュアイペディアより)

  • 木村健

    木村健から見た小牧太小牧太

    小牧・岩田時代にはベスト5入りが精一杯だったが、小牧がJRAへ移籍した2004年に131勝を挙げリーディング3位、岩田がJRAへ移籍した2006年には231勝と一気に勝鞍を伸ばし、悲願の兵庫県リーディングジョッキーとなり、地方競馬全体でも第3位となった。木村健 フレッシュアイペディアより)

  • 下原理

    下原理から見た小牧太小牧太

    天才肌と評されながらなかなか勝ち鞍を増やせなかったが、小牧太、赤木高太郎、岩田康誠が相次いで中央競馬(JRA)に移籍するに伴いリーディング上位に台頭する。小牧・岩田の寡占時代が終わって恩恵を受けた1人ではあるが、それに応えるだけの実力を有していたことは確か。2006年は自厩舎のチャンストウライで兵庫ダービー、菊水賞の2冠を制している。下原理 フレッシュアイペディアより)

  • 永島太郎

    永島太郎から見た小牧太小牧太

    一時は小牧太、岩田康誠に次ぐ3位を獲得し次代を担うことが期待されるほどであったが、その後一時期非常に大きなスランプに陥り伸びあぐねていた。永島太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ヒットザターゲット

    ヒットザターゲットから見た小牧太小牧太

    久しく勝利を挙げていなかったヒットザターゲットが9勝目を挙げたのは、41戦目となる2015年5月31日に行われた目黒記念であった。ヒットザターゲットは単勝25.3倍の18頭中11番人気に評されているなか、小牧太の手により勝利を挙げることができた。ヒットザターゲット フレッシュアイペディアより)

  • コーリンベリー

    コーリンベリーから見た小牧太小牧太

    8月3日、小倉競馬場2歳新馬に小牧太で出走したが、11着に敗れた。コーリンベリー フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「小牧太」のニューストピックワード