81件中 31 - 40件表示
  • 小牧太

    小牧太から見たオークラ出版

    『泣き虫ジョッキー フトシっ!』(オークラ出版2004年)ISBN 4-7755-0465-7小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見た中央競馬ピーアール・センター

    この涙もろい性格が騒動を引き起こしたことがある。1993年、ワールドスーパージョッキーズシリーズでの勝利の翌月の中央競馬ピーアール・センター発行の月刊誌「優駿」誌上で、コラムライターのひとり(岩田康誠の友人である)が自身のコラムにおいてこの様子を「1500万下の競走に勝って泣くとは前代未聞」と茶化してしまい、読者、果ては地方競馬の調教師からもコラムライターに対して抗議の手紙が寄せられ、編集部が誌面にて謝罪するという事態に発展した。ジョーク中心のコラムに対しては過剰とも思える反応だが、当時は地方競馬所属の騎手が中央競馬のレースに乗ることのできる機会はめったになく、さらに世界の一流のジョッキーばかりが乗るレースで勝つとなるとそれこそ至難の業であったことを付記しておく(中央競馬と地方競馬の交流が現在の形になったのは1995年以降)。なお、岩田だけは、このライターを擁護する発言をしている。小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見たアイビスサマーダッシュ

    2008年4月13日、桜花賞をレジネッタで制し、JRA移籍5年目にして初のJpnI(GIを含む)勝利を達成した。同年のスプリングステークスをスマイルジャックで制するなど同年のクラシック世代で活躍していることから、桜花賞実況の馬場鉄志(関西テレビアナウンサー)をして「今年は小牧の年か!」と評するなどとこの年は注目されていた。なお、桜花賞以後もレジネッタを優駿牝馬で単勝5番人気3着、東京優駿ではスマイルジャックを12番人気で2着に好走させ、それぞれのレースで3連単44万馬券、20万馬券となるのに一役買うなど、2008年の3歳春クラシックを盛り上げたジョッキーのひとりである。また、夏にはカノヤザクラでアイビスサマーダッシュ、セントウルステークスを制してサマージョッキーズシリーズに優勝、JRA移籍後初となるワールドスーパージョッキーズシリーズへも参戦した。小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見た地方競馬

    初騎乗は1985年10月30日で初勝利は同年11月3日。厩舎の主戦に田中道夫がいたことや、厩舎の西脇から園田への移転で騎乗馬が回らず伸び悩む時期もあったが、1989年摂津盃での優勝を機に盛り返しを見せ、これ以降曾和厩舎の主戦騎手として、楠賞全日本アラブ優駿3勝など数々の重賞を制覇した。当時、兵庫県競馬に長く君臨していた田中道夫(現・調教師)に引導を渡したのも彼である。兵庫県でのリーディング獲得は9年連続を含む10回を数え、1994年、1996年には地方競馬の全国リーディングを獲得している。小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見た摂津盃

    初騎乗は1985年10月30日で初勝利は同年11月3日。厩舎の主戦に田中道夫がいたことや、厩舎の西脇から園田への移転で騎乗馬が回らず伸び悩む時期もあったが、1989年摂津盃での優勝を機に盛り返しを見せ、これ以降曾和厩舎の主戦騎手として、楠賞全日本アラブ優駿3勝など数々の重賞を制覇した。当時、兵庫県競馬に長く君臨していた田中道夫(現・調教師)に引導を渡したのも彼である。兵庫県でのリーディング獲得は9年連続を含む10回を数え、1994年、1996年には地方競馬の全国リーディングを獲得している。小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見たサラブレッド

    アラブ時代は縁がなかった三冠制覇はサラブレッド導入2年目にロードバクシンで達成している。小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見た園田金盃

    ニホンカイユーノス(1998年播磨賞、山陽杯、タマツバキ記念、摂津盃、白鷺賞、園田金盃小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見た名古屋グランプリ

    ワンダースピード(2008年アンタレスステークス、名古屋グランプリ、2009年平安ステークス、東海ステークス、2010年名古屋グランプリ小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見た菊水賞

    なおJRA所属となってからも兵庫への参戦は活発で、2004年に条件レベルの交流戦を中心に地方全体で10勝を挙げ、兵庫での重賞成績は4戦2勝2着2回。三冠の園田ダービー、菊水賞では兵庫所属のホクセツガーデンに騎乗している。その後もときどき兵庫で地元馬に騎乗することがあるものの、岩田康誠のように以前の勝負服を着用することはなかった(毅が勝負服を受け継ぐ前から)が、2011年11月17日に園田競馬場で赤木高太郎引退に伴う記念競走が行われた際、条件交流競走以外のレースで赤木高太郎とともに7年ぶりにかつての勝負服を着用した。この例外を除き、地元馬騎乗時は必ず緑色ベースの貸し服を着用する(画像参照)のでかつてのイメージは残されている。小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見た中央競馬

    中央競馬での初勝利は1993年のワールドスーパージョッキーズシリーズ参戦時。その後、兵庫県競馬にもサラブレッドが導入されたことから指定交流競走を通じて中央競馬での騎乗も増え、移籍前に重賞を2勝している。このころから橋口弘次郎厩舎の所属馬に騎乗する機会が増えた。小牧太 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「小牧太」のニューストピックワード